役に立っていますか?How Would You Help Others?

役に立つ。

古代エジプトの助け合って働く人々

自分の幸せを追いかけるばかりで
人のことを考えない人になっていないか?

人様の役に立つことばかりを考えて
自分の幸せを棚上げしていないか?

どっちも良くない。

自分の幸せと、
人の役に立つことと、

両立するのが一番いい。

そうすれば、
自分の幸せを追いかけることが
エゴではなくなるし、

人のためにばかり生きて
自分を犠牲にすることもない。

ライブインタラクションでは、
まず自分が自分の幸せを認められるか、
がとても大事なので、

これまで「自分の夢」をメインに
考えてきましたが、ここらで、
人の役に立つことをしているかどうか、
にちょっと 着目してみましょう。

【今週のライブインタラクション】

人の役に立っていますか?

邪魔するものは何ですか? The Obstacles

まずは、台風19号・15号の被害に遭われている方々にお見舞い申し上げます。本当に大変な困難ばかりに見舞われて、各自が自らの生きる力を試されているようです。
手を差し出しあい、励まし合っていきましょう!
My condolences to all who suffer from natural disasters we have been through.

さて、先週の【今週のライブインタラクション】は
「それをする目的は何ですか?」
でしたね。

1週間、それを考えながら過ごしてみていかがでしたか?
Last week, the theme of Live Interaction was to think of the objectives of whatever you do. How was it?

夢を考え、
夢をなぜ叶えたいのか、
それを叶える目的を考えてみましたね。
We listed up our dreams,
Think of the objectives of why we want to make the dreams come true.

ところが、夢というのはなかなか叶わない。
But dreams are rarely fulfilled.

そこには、あなたに夢を叶えさせるまいと立ちはだかる

障害

があるからです。
There are obstacles in front of us!!

あなた「俳優になりたいな」
周り「やめなさい、無理なんだから」
周り「稼げないよ」
周り「そんなのあんたには無理だよ」
周り「えー、その顔で?」

You: I wanna be an actor.
Others: No, you can’t be.

あなた「医者になりたいな」
周り「いや無理でしょ」
周り「へー、真面目なんだね草」
周り「おーい、こいつ医者になりたいんだってよ」
周り「無理無理」

You: I want to be a doctor.
Others: No, you can’t be.

あなた「ケーキ屋さんになりたいな」
周り「やめてよ、子供みたいに」
周り「ケーキ屋?いや、ちゃんと就職してよ」
周り「客くんの?」

You: I love to become a cake baker.
Others: O, do find a decent job.

とまあ、とにかくとにかく、どんな夢を言っても、周りはとにかく反対の嵐を送り込んできます。

The voices to stop you from you reaching your dream is unstoppable.

もしも、ご家族に、なにも反対されたことがない・応援しかされたことがない、というかたがいらしたら、それはもう、奇跡のように理想的な教育をなさっているご家庭です。素晴らしい!

If your family supports you rather than stopping you, it’s wonderful!! It’s so rare!!

では、あなたの夢の障害になっているものはなんですか?
What is your obstacles?

周りの「無理」という声のほかに、
御自身の「わたしには無理」という声はありませんか?

Have you, by any chance, ever telling yourself that you can’t?

なぜいまこんなことを考えるのかというと・・・

The reason why you need to think of this is…

いま目の前にいる相手と、
より良い関係を作るためには、
あなた自身を強くしていく必要があります。

If you want to make better communication with people around you, especially who are now in front of you, you need to strengthen yourself.

あなたの夢を潰しにかかる力を周りに見つけると共に
あなた自身の中にある、可能性を潰す声
にも気が付いてみましょう。

You need to realise dream-killers around you, and also if your own voice of stopping you to reach your dream, your possibility, your power, And your ability.

【今週のライブインタラクション Live Interaction of the Week】 

夢を邪魔するものは何ですか?
つまり、
目的達成の前に立ちはだかる障害は何ですか?

What are your dream-killers?
What are the obstacles against your objectives?

それをやる目的はなんですか?Your Objective?

いま目の前にいる相手と
より良い関係を築くライブインタラクション。

ライブインタラクションを身につけるときは、

  1. 自分
  2. 相手
  3. 方法

の三つを順番に考えます。

巷に出回っている、
「こうすればうまくいく」系は、
3番の「方法」ですね。

(人目を引くための記事を書くときは、わたしでさえ、そのような文言で書きますが・・・)

方法だけ知っても、
やはりうまくいかないのは、
1番と2番が欠けているからだとわたしは思います。

なによりも、1番の
「自分」の部分への視点が欠けていると、
いろいろなことがうまくいきません。

そこで、
ライブインタラクション®️では、
何よりもまず「自分」に目を向けます。

これから年末へ向かう10月は、
新年の自分を整えるには絶好の時期。

10月の和名は「神無月」で、
神様たちが集まって
来年のことを話し合う時期でもあります。

なんか就職やオーディションみたいですね。

あいつはがんばってるから幸せにしてやろう。
あいつはいいことやってんだけど、短気だよな。

なんて、神様たちは話し合っているのでしょうか?

さて、神様に認めてもらう自分になるために、今週は、

「なんのために、それをするのか。
それをする目的はなんですか?」

を考えてみましょう。

たとえば・・・
いま、働いている会社にいるのはなんのためか?
会社にいる目的は何か?

お金を稼ぐため。

お金を稼ぐのはなんのためか。
お金を稼ぐ目的は何か?

家族を養うため。
などなど。

はい、ちょっと質問を繰り返して、
発見を深めていきましょう。
きっと、面白い答えが見つかります。

もしかしたら、
心の中に秘めた
自分でも知らなかった、
自分の本当の目的が
見えてくるかもしれませんよ。

【今週のライブインタラクション】

それをやる目的はなんですか?

追伸:
次回三輪えり花作品についてのお問い合わせを早くもいただいております。ありがとうございます。
まずは12月1日の歌会。
続いて、6月のシェイクスピア遊び語り。
もしかしたら3月ごろ、おもしろいことをやるかもしれません。
Stay tuned!

Friends of Arabia

2019年が終わるまでに書き上げたい遊び心旅行記。
エジプト記の5を書きました。
アラブ国際演劇祭で出会った数々のすばらしい人たちをご紹介します。

興味のある方は、下記のリンクからご覧ください。

入エジプト記5

入エジプト記5 アラブの友達 Ex-Exodus 5

アラブ国際演劇祭の1週間でお友達になった方々を記録しておきます。

左 チュニジアの文化担当官ムニールさん中 通訳のハイサムさん

パレスチナから演劇祭の視察にやってきた面々が、劇場の向かいのボックスに陣取っていたのをハイサムさんが発見。わたしはまだ知らない人たち状態でしたが、彼らはハイサムさんに手を振っています。

終演後のロビーで、ハイサムさんの紹介で。日本にも、国際演劇協会の「紛争地域の演劇」シリーズかなにかで来日し、ハイサムさんは通訳をしたことがあるそうです。イハーブさんと、えっと・・・。

スェーデンのストックホルムで、ユネスコ関連の事務所CIDにいるバレエの振付家アニッサさん。

いちばん仲良くなった、ドイツ国ハノーヴァーで演劇研究者・演出家をやっているフェタさん。

重鎮のおひとり、スーダンのアリさんが先生と仰ぐ、ユーシフさん。あまり英語が得意ではないようで、いちど食卓がいっしょになったけれど、ほとんど話せず、彼はわたしのために山のようにデザートを取ってきてくれました。デザートをたべないわたしとしては、非常に困った・・・とにかく、アラブ演劇祭の重要人物の一人です。メイン審査員でもあり、演劇研究者として表彰もされていました。

スーダンの友人(であり、国連大使に登り詰めた)アリさんの同僚、シャムス・エルディンさんです。スーダンの演劇について、たいへん深く教えてくれました。西欧の、アフリカ植民地政策の一環としての演劇が非常に重視されたことなど、それが今でも深く影響していることなど、日本の伝統芸能と現代劇との関係のようだと思いました。

フェタさんと、仲の良い、ドイツ国ベルリンで活動中の演出家で演劇研究者のラミースさん。力強いおばあちゃんで、わたしを非常に可愛がってくれました。わたしが10代に見えたらしい。いつも手を繋いで、一番前に連れて行ってくれました。

背中で食事をするおかた。頻繁に見かけましたが、英語が全くダメなようで、笑顔で挨拶を交わすのみであった。

この3名は、日本にたいへん興味を示している、子供と若者と演劇教育のフェスティバルを運営しているパレスチナのひとたち。女性の名はマラーさん。パンフレットをくれて、連絡を取り合うことになっています。英語が堪能で、パンフレットも英語とアラビア語の二ヶ国語表記でした。

お名前は失念しましたが、音楽と演劇というシンポジウムの発表者の一人で、日本語の歌を歌い、同じメロディが様々な言語で歌われることから、音楽は言葉と国境を越えるという論を展開していた(と、推測します。シンポジウムはアラビア語だったので。。。)。閉会式で、私の背後にいて、日本語で話しかけてきました。通訳のハイサムさんは日本語学校の校長をしているので、エジプトの日本大使館や国際交流基金とも繋がりがあるので、これから繋がりが生まれそうです。

ご存知、アリさん。

ガンナム・ガンナムさん。国際演劇協会の「紛争地域の演劇」シリーズで理事の林さんと仲良くなり、今回のわたしの視察も、彼の尽力で成り立ちました。ありがとうございます。

エジプト、カイロのヘルワン大学で日本の演劇を研究しているハディアさん。ロビーで私を発見して、日本語で話しかけてきました。明治期以来の日本演劇について全く資料がないとのことで、国際演劇協会から英語の資料をたくさん送って差し上げました。

彼らはエチオピアの演劇人たちです。スマホに入っている、舞台写真をたくさん見せてくれましたが、たいへん面白そうです。いつか機会があれば行ってみたい。が、フェイスブックで、マイガールフレンドと呼んでハートマークと花束をどっさり送ってくるのでちょっと単独行動は危なそうです。

ホテルの到着から、最後の空港へエジプト文化庁の担当官をつけてくれて送り出すところまで面倒を見てくれたかた。お名前失念、うわー。ちなみに、最後の最後まで行動を見届けるのは、亡命防止などの目的もあるのだそうです・・・裏話。
ほんとうにたくさんのかたにお世話になりました!
次の記事では、演劇祭が終わって、1日だけお休みをいただきましたので、1日だけ観光しました、というお話をいたします。Enjoy!

敬老の日に秋分の日に向けてPrepare for Autumn

きょうは敬老の日ですね。

わたしの父は86歳ですが、めちゃめちゃ元気で、老いを感じさせません。

彼の元気さの秘訣は
散歩と体操です。

犬のRomeoと共に毎夕、2時間近く散歩してきます。
近くの山に登り、山のてっぺんで、体操をして帰ってきます。
体操をしているあいだ、Romeoは山の向こうを通る電車に、ワンワン吠えているそうです。

微笑ましいね。この幸せよ、永遠に、と思います。

さて、今日が終わると、1週間後には秋分の日がやってきます。

ここから一気に冬へむかうわけですが、そのまえに、穫り入れを考えてみましょう。

この一年、それぞれが何かを得ようと思って頑張ってきたことでしょう。

どんなものが手に入りましたか?

秋分の日を前にして、ちょっとこの一年で得られたものの棚卸しをしてみましょう。

「なんにも得られていない・・・」

そんな人はいません。

新しい友達、古い友達との仲直り、あるいは、要らないご縁切りでできた、新しいさっぱり感。

体重。(おっと!)

子供の成長。

伴侶との会話、新しい発見、旅行。

このライブインタラクション・メールからも得られたことがあれば嬉しいです。

どんな些細なことでもいいので、いえ、むしろ些細なことの方に価値があるくらいですから、日記帳に書き連ねてみましょう。
手書きがおススメです。

きっと、この先の冬に向かってどんな備えをすればいいかが見えてくると思います。

【今週のライブインタラクション】

手に入ったものを書き出してみよう。どんな発見がありますか?

Happy Chance

こんにちは、三輪えり花です。

先日も某大学に特別ワークショップに行き、学生たちから、こんな声をいただきました。

・えり花さんの授業、楽しかった!
・えり花さんに教わると、それまで難しいと思ってたことが、うわ面白い!って思える!
・えり花さんが一緒にいてくれると、全然違う視点を発見できて、なんか自分もできるじゃん、って元気になる!
・教わるんじゃなくて、発見してね、とえり花さんが勇気付けてくれるのがすごく良かった!

嬉しいです。ありがたいことです。

わたしが使ったのは、
新世代型コミュニケーションなんです。

目の前の相手に応じて、
その人個人の良さを認め、
自分で良さを引き出していけるように導くだけ。

多くの成果を上げてきた
三輪えり花のコーチングは
新世代型コミュニケーションそのものです。

来年こそ!を実現する

そのエッセンスを凝縮した
新世代型コミュニケーション・コーチングの
ミニセミナーをやります。

併せて
新世代型コミュニケーションを
周りの人にも教えることのできる
資格取得講座の説明会も行います。

来年に向けて、
より理想的な自分のくらしかたを
追求したいかた、
目の前にいる人の能力を
ストレスなく伸ばしていきたいと
切に願っているかた、
来てみませんか?

当日の説明会でお話しする
【新世代型コミュニケーション指導法LIC資格取得講座】とは
1年間じっくりかけて、
新世代型コミュニケーションの
あらゆる手法をあなたが身につけ、

さらにコーチとしての
資格を取得できるすばらしいものです。

これをしっかり身につけると
「こうなったらいいな」
という夢のある選択をすることで
自分で自分の人生を決め
楽しく前向きに過ごすことが
できるようになります。

しかも
コーチ資格を得られることで
地域やチーム、会社、
劇団、プロジェクトの中で
リーダーとして
周りを引き締めつつも
一人一人が心から喜んで
成果を出し合う
そんな空間づくりを
進めていくことができます。

あなた自身が
自分の人生の演出家となり
人を育てる仕事で
ご自分も成長し
豊かな毎日を送ることができる
ようになるのです。

【得るものがいっぱい!】

このLIC資格取得講座は、
1年間、わたしが
受講生ひとりひとりの
個別なニーズに合わせて
きめ細かい指導とサポートを
繰り返しながら
あなたが立派なコーチとして独り立ちし、稼いでいけるように導くものです。

毎月の都内でのワークショップもあり、
実際に顔を見て、
それぞれの個別な分野における
問題を解決する方法を探ります。

これは、土曜日に設定していますので、
遠くからも参加可能です。

だって、
ひとりでも多くの皆さんに
新世代型コミュニケーション力を
誤解なく高めていただきたいからです。

なぜなら、
そうなれば、そのかたが
ストレスフリーで気持ちの良い毎日を
送ることができる。

そのかたの周りにいる方が、
お子さんであれ、
仲間であれ、
ストレスフリーで明るくなり、
素晴らしい能力を発揮し、
より嬉しい成果を上げることができる。

幸せな人が増えます。

幸せな人は、
他者に対しても意地悪をしません。

幸せな人ばかりになったら、
世の中はどれほど
生きやすくなるでしょう!

あなたひとりが
新世代型コミュニケーションを
駆使することで
どれほど多くの人に
良い影響が及ぶことでしょう!

それを思うと、本当に、
たくさんのかたに
これを身につけていただきたい
と思うのです。

一方で、
わたしが個別に対応できる人数は
限られています。

ですので、募集人数はごく少なめです。

【新世代型コミュニケーション指導法LIC資格取得講座】は

2019年10月から始まります。

10月というのは、
古代の知恵の暦において
神々が来年のことを話し合う
大切な時期。

つまり、
わたしたち人間も
来年から先の未来を創り始める
には最適な月です。

これをご覧のいまがそのとき、
そう思われる方、ありがとうございます。

この人数限定の特別な
資格取得講座を受けるには
どうすればいいか、
その説明会を行います。

さらになんと!
新世代型コミュニケーション・コーチングのミニセミナーも行います。

取得した資格を使っていくと
どんな未来が待っているか、
それがよくわかる説明会になりますよ。

受講申込みは、
説明会でのみの受付になります。

これが目に留まって
【新世代型コミュニケーション指導法LIC資格取得講座】
に興味があるかたは
必ず参加してください。

新世代型コミュニケーション指導法LICコーチングセミナー&説明会は、
全部で5回あります。

日時(場所は新宿)
 ⑴ 9月16日(月)18:00ー21:00 
⑵ 9月21日(土)13:00ー16:00
⑶ 9月23日(月)18:00ー21:00 
⑷ 9月28日(土)13:00ー16:00
⑸ 9月30日(月)18:00ー21:00

* 2時間のセミナー&説明会ののち、ご希望の方に個別コンサルティングをプレゼントいたします。

* 説明会参加費は3,000円です。

参加希望の方は、下記の各回の申し込みフォームから登録をお願いいたします。追って、詳細のメールが届きます。

第1回(9月16日)申し込みフォーム(締め切りは15日深夜まで)▽https://elicasm.com/ent/e/c3YV1iTWvxGJyX57/

第2回(9月21日)申し込みフォーム(締め切りは19日深夜まで)▽https://elicasm.com/ent/e/c3YV1iTWvxGJyX57/

第3回(9月23日)申し込みフォーム(締め切りは21日深夜まで)▽https://elicasm.com/ent/e/1WeK5m5JLHx83HPm/

第4回(9月28日)申し込みフォーム(締め切りは26日深夜まで)▽https://elicasm.com/ent/e/QYpuJLA5HJVajQPD/

第5回(9月30日)申し込みフォーム(締め切りは29日深夜まで)▽https://elicasm.com/ent/e/3PM7yEx5JGWnrm5Q/

あなたとセミナー&説明会でお会いできるのを楽しみにしています。

〜演劇で遊び心満載のライフスタイル〜
演出家・俳優・脚本家
ライブインタラクション・メンターコーチ

三輪えり花

LIT:)難しい相手とも気持ちよくやっていく

難しい相手とも気持ちよくWIN WIN

人と直に接することがちょっと苦手なスマホ時代、
この人は難しいな、
と感じる相手に対面し、
困ったことはありませんか?

どうしても乗り越えなくてはならないとき、
相手にわかってもらいたいとき、
大切な人を教え導きたいとき、

ストレスなくスムーズに話が進められるといいな、
と思いませんか?

気難しくてプライドの高い俳優や
アーティストと仕事をしてきた経験を活かし、
明治大学ビジネススクールで「プレゼンスと自己表現」を長年教えてきたわたしが

その問題を解決する、
シンプルでだれにでもできる三つのこと
をお伝えします。

この9月だけの特別企画。
無料の10日間メール講座です。
お気軽にご参加ください。

【こんなかたにおすすめです】

目の前の人とストレスなく対応し、相手の能力とYESを引き出す方法を学ぶ10日間の無料メール講座

  • 部下やチームまたは上司に問題児がいる
  • お子様との会話に難しさを感じてきた
  • 恋人・伴侶の前で実は自由にできない
  • 営業(セールス)が苦手
  • プレゼンで上がってしまう
  • 俳優訓練に興味がある
  • 発声と喋り方を直したい
  • 人を導く仕事をしたい・深めたい
  • パートナーシップをよくして、恋愛・結婚をちゃんと考えたい
  • 地方に住んでいてなかなか都内で勉強できない
  • 新しいものに興味がある
  • 実は演劇はやってみたいと密かに思っている

新世代型コミュニケーション力開発講座LIT

シンプルですぐに活用できる
無料の10日間メール講座。

気になったら今すぐ登録!
下記のボタンをクリックしてください。無料のお申し込みはこちら

イベントレポートまとめました

こんにちは、三輪えり花です。

早くも1週間前となってしまった7月5日のイベント、新刊『シェイクスピアの演技術』出版記念会&公演のレポートを、ブログにアップしております。

プロデュースする気持ちや、俳優・演出家・脚本家としての私の気持ちの変化など、隠すことなく、打ち明けてしまいました。

結構よみものとしてもおもしろいし、俳優や演出家、イベントを企画する講師、経営者や営業マンには参考になるのではないかと思います。

よかったら、読んでみてくださいな。

全3回シリーズです。

第1話

第2話

第3話

【今日のライブインタラクション】

記録をつけよう

出版記念レポート3 Event Report 3

いよいよ公演!

ルーテル市ヶ谷ホールの客席にゆったりお客様が入ってくださっています。
ルーサーさんが舞台袖で照明を落とし、わたし、ルーサーさん、後藤さんの順に登場。拍手を浴びながら自然と笑顔になります。

心から、ありがとう、とお伝えしたくて。

そしておなじみ

All the world’s a stage 
「この世はみんなひとつの舞台」

という『お気に召すまま』のせりふから始まり
「作者のシェイクスピア」の歌への流れは、
遊び語りの定番。

今回はツートップなので、ルーサーさんとのデュエットバージョンです。

わたしの夢のひとつは

ルーサーさんとデュエットできるくらい歌が上手くなること!

だったので、今回、夢がひとつ叶いました。

(それもこれも、去年、甲府でオペラ遊び語りを企画した際、『魔笛』を選んだら、「パミーナちゃんが自殺の場面をするのに童子が足りないから、えり花ちゃんも歌って」という超絶難題をつきつけられ、必死で練習したことがすごくすごく大きい)

今日の演目は、書籍『シェイクスピアの演技術』を立体的にわたしがご紹介するという企画なのですが、

そうは言っても、4000円近くする分厚い本です。

どこをどう引き出すか、
どうすれば
シェイクスピアをよく知っているお客様にも、
シェイクスピアのことはよく知らずとも面白そうだとお越し下さったお客様の期待をも
裏切らず、いえ、期待を上回るほどに、
とことんたのしんでいただけるか、
台本構成は最後の最後まで迷いました。

実に、本番直前の稽古で足した場面もあり、最後まで気を抜けないエキサイティングな日々だったのです。

(ちなみに、わたしはよく、ワカモノから「ブレる」と言われます。

あのな、本目的を達成するためにあれこれ試すのは、ブレてるのとは違うんどっせ、とわたしは思っております。

大ブレ万歳。
大局を見ろ。

だから、わたしも迷ったり試したりを繰り返す人といっしょに物を作るのは大好きです)

それはともかく、テーマを十二種類決めて、そのテーマに沿って、どうしても知っておきたい名せりふと名場面を散りばめ、解説とワークを入れ込みました。

内容は

  1. シェイクスピアはリズムで楽しむ
  2. シェイクスピアのせりふに独り言はない
  3. シェイクスピアのせりふは思いつきの連続である
  4. シェイクスピアは似たテーマを使い回す
  5. シェイクスピアのせりふはわかりやすくするためにある
  6. シェイクスピアのせりふは舞台装置である
  7. シェイクスピアを楽しむには観客もあることをしなければならない
  8. シェイクスピアのいた時代は女性役を男性が演じていた
  9. シェイクスピアは音楽が大好き
  10. シェイクスピアの独白はみんなで練習するとよくわかる
  11. シェイクスピアの名せりふは死に際にある
  12. シェイクスピアはナチュラルである

ですよ。

1  シェイクスピアはリズムで楽しむ

では、『ハムレット』の例の To be, or not to be を使ってみんなで練習しました。

楽しかったね!!

のっけからいっしょに手を叩いて、感心したり、大受けしたりしてくれて、

本当にありがとう!

2   シェイクスピアのせりふに独り言はない

では、同じそのせりふをルーサーさんが使って、

お客様に話しかけるスタイルを使うと、
どんな長いせりふも
お客さまの心を鷲掴みにしたまま
進めることができる

ことをわかっていただきました。

3  シェイクスピアのせりふは思いつきの連続である

では、やはり同じせりふをわたしが使って、

まるでたった今思いついた言葉である
かのように喋ることで、
お客様の興味を引きつけたまま、
いっしょに物語を進めることができる

ことをわかっていただきました。

4  シェイクスピアは似たテーマを使い回す

では、『マクベス』が国王殺しをするかどうかを考える If it were done の独白をわたしが英語で紹介し、

ハムレットとの違いを考えたり、
マクベスがどうしてこんな言葉遣いをするのかを、
ビー玉をころがしながら、
キャラクターの内面を探ったりして、

俳優がキャラクターを
さまざまな角度から深めていく様子を
ごらんいただきました。

ルーサーさんの芸達者に助けられます。

5  シェイクスピアのせりふはわかりやすくするためにある

では、同じせりふを使って、

そこにあるとても身近で日常的な、
よく知っているイメージが
たくさん出てくること

に着目しました。

難解に見えるシェイクスピアのせりふは、
本当は私たちがよく知っていて、
馴染んでいるイメージをたくさん使って、
わかりやすく
心のうちを開いて見せてくれるために
あるのです。

だから、俳優も演出家も、

この言葉をよりわかりやすくするために、
どんな言い回しやトーンを使ったらいいか、
どんな見せ方をすればいいか、

を考えたいですね。

ここでは、お客様と一緒に、

ことばを想像しながら声に出す

という練習をしました。

俳優がどうやって
想像力を言葉に置き換えていくか

を体験していただきます。

たのしかったねー!!

みんなの声が聞こえてくるとすごく幸せ。

あー、一緒に楽しんでくれているんだな、とわかります。


いま、これ書いていて、思ったこと。

わたしも含め、翻訳者はついシェイクスピアを
「かっこよく」翻訳しがちな上、
どうしても英語の短いリズムを生かしたい、
という本能的な欲求にかられ、
ついつい漢語の羅列になりがちです。

そのあたりも、
これからの翻訳は考えていかないとですね。

そうなのよー。

シェイクスピアは難解だ、
というイメージを本当に解放するには、
翻訳をもっともっと自由にするのが
いいと思うんだ。

英語は、もう16世紀の原文からは
変えられないけど、
それでもイギリスは、
どうやったらシェイクスピアを
もっと現代の英語に馴染むように
わかりやすく発音できるか、
イメージを共有できるか、
をすごく考えてる。

16世紀の言葉を変えられない英語よりも、
現代語にして良い翻訳なら、
もっともっとわかりやすくできるはずなんだ。

かつて、俵万智という俳諧師が、
まだ高校の古文の先生だった頃、
枕草子を高校生のために現代高校生語にしたんだ。

ああいうのが、シェイクスピアにも必要です。

さて話をイベントに戻しまして

テーマの6  シェイクスピアのせりふは舞台装置である

では、ロンドンに再建されたシェイクスピア・グローブ座をお写真をお見せして、当時のお客さまと俳優の関係、舞台と照明と装置のことについてお話ししました。

7  シェイクスピアを楽しむには観客もあることをしなければならない

では、『ヘンリー五世』のプロローグのせりふをご紹介。

ルーサーさんが、平身低頭、
「Oの字型のこの木造の輪の中で」
フランスの大軍を表すには
皆さんの想像力をもってして以外には
到底無理なのです

と懇願する演技がめちゃウケでした。

8  シェイクスピアのいた時代は女性役を男性が演じていた

では、オフィーリアも
ジュリエットも
マクベス夫人も男性が演じる、
歌舞伎のようなスタイルだった
ことを伝え
(おそらく会場の8割のかたはご存じだったことでしょうが)、

ちょうどお姫様から少年に変装させてと
頼み込む場面を『十二夜』からご紹介しました。


また、この5月にわたしがロンドンへ行った際、
ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが
ちょうど『お気に召すまま』を上演していた
それが、まさに

肌の色や
言語のアクセントや
ジェンダーの違いを乗り越えて、
身体にハンディのあろうがなかろうが
もう、みんな舞台の上にいていいんだ

という、ものすごく

ダイバーシティな配役

をしていたことをご紹介。

シェイクスピアが現代に生きていたら、
きっとそうしただろう、と、わたしも思います。

そして『お気に召すまま』から
例の All the world’s a stage のフルバージョンを
わたしが英語でご紹介しました。

ここで、ルーサーさんが、
『お気に召すまま』の挿入歌として
18世紀に作曲された曲を歌います。

拍手拍手!

そして、わたしからお礼の、

プレゼントタイム!!!

この日のために5月にロンドンで買ってきたたくさんのお土産をくじ引きとクイズで会場のみなさんにプレゼント。

盛り上がったねー!!

クイズは大勢いると難しいことがわかった、反省。

日本では絶対に買えないもの、
向こうに行ってもシーズン物で
もう売っていないものを
厳選して選んできましたよ。

みんな喜んでくれてよかった!!

チケットの半券をくじにしたんだけど、
さんざん振ったりしたのに、
親子で当てた強運の持ち主や、
2つも当てたツワモノもいて。

それにしても、河合祥一郎先生に一番に当たったのにはびっくり!
神は偉大なりだわ。

みんながプレゼントでワイワイする中でテーマに戻ります。

9  シェイクスピアは音楽が大好き

では、『十二夜』の幕開き
If music be the food of love,
のせりふを使って、

音楽がせりふの中でも
音楽的に使われることをご紹介。

ことに、

英文をその単語の表す気持ちのとおりに
発語すれば、
それだけでキャラクターの気持ちが
できあがってしまう

ことにみんなびっくり。

ルーサーさんはオルシーノゥ公爵を演じ、
わたしが部下の一言をいうのですが、

この部下の一言の言い方次第で、

オルシーノゥの住む宮殿がどんな場所か、
つまり、
オルシーノゥはどんな人々に囲まれて暮らしているのか、

がわかるわけです。


これを書いて思ったこと。

端役は本当に大事だ、

と分からせてくれる場面です。

この部下が、演技ができない
わけのわからない俳優モドキが
やったとしたら、
この場面からは何も生み出せないでしょう。

さて、音楽のテーマに戻りまして、

もうひとつ、

シェイクスピアが音楽をいかに大事に思っていたかがわかる部分を『ヴェニスの商人』ロレンゾゥのせりふから。

ルーサーさんが見事に演じてくれました。

わたしからは、『テンペスト』の野蛮人キャリバンのせりふを。

『シェイクスピアの演技術』からはカットしてしまった部分です。

ものすごく美しいせりふを
シェイクスピアは無教養で野蛮で野卑な男に言わせるのです。

すごいなあ、シェイクスピア。

ここでわたしから決死のグリーンスリーブス

指定の音の中でも一番キーの高いところに挑戦です。

実は、本番1週間前にものすごい咳に襲われ、
のどが完全にいかれてしまい、
大学の授業も筆談、板書状態だったのです。

抗生物質とお祓いとお灸という、

西洋東洋漢学全ての神様に頼りまして、

本番二日前にすきっと治ってしまったところ、

なんと、これまでにない高い音やボリューム、
声の深みもうまれていまして!!、

もうびっくり! 

歌の先生も、ピアノの後藤さんも、感心しきり。
もうね、
求めるレベルは常に一流を目指す三輪えり花としても、よっしゃ、と言えるくらいの声になっておりました。

が、本番は、会場に飲まれちゃったな・・・涙

背中の位置と顎の位置の調整がうまくいかず、
首回りに力が入ったままになってしまった。

そのため、息をうまく送ることが出来ず、
また、それによって焦って
もっと息を送ろうとして力んでしまい・・・
と、

なのに、みなさん、
優しい拍手をありがとうございました。

慰めは、
自分で何が出来ていなかったかが
はっきりわかっていることでしょうか。

以前は、何をどうすれば歌えるのか、
じぶんでもさっぱり分からず
目標を高く掲げようにも
どうすればいいのかさえ
わからなかったのですから。

今回は、声が治ってから
すごくいい感じの歌が歌えて、

あーなるほど、これがいい、ってやつだな、

という成功体験が稽古の時には出来たのが最大の収穫かもしれません。

それにつけても、
ルーサーさんの安定度!

もちろん、わたしの周りのオペラ歌手の安定度を見ても、

なるほど、稽古でよいのの
倍もよいのを本番にもって来られるのが
プロなんやなあ、と。

ますます感心してしまいます。

私ももっと精進します。


再び、テーマにもどりましょう。

テーマ10  シェイクスピアの独白はみんなで練習するとよくわかる

では、『ヘンリー四世 第1部』のフォルスタッフのせりふを使って、

客席のみんなとせりふの練習をしました!

かけあい、楽しかったねー!!

めちゃめちゃ盛り上がった。

会場が一体になったのがよくわかって
ルーサーさんもノリノリでしたよ。

11  シェイクスピアの名せりふは死に際にある

では、
ジュリエット
ハムレットとホレイシオゥ
マクベス
シーザー
の死に際を走馬灯のように次々にご紹介。

有名な「ブルータス、お前もか」のせりふをどう訳す、という話にも。

それから、書籍『シェイクスピアの演技術』には掲載できなかった、ブルータスとキャシアスの別れの場面とそれぞれの自殺直前のせりふを、ルーサーさんがブルータス、わたしが キャシアスでご紹介しました。

相当かっこよかったらしく、後日、大学に行くと

「先生、かっこいい、かっこいよかった、
もう大ファン」

と言ってくれる女子大生たちがいて、
とーっても嬉しい!

でもね、かっこよく演じちゃいけないの。
だって・・・

テーマ12  シェイクスピアはナチュラルである

ですから。

『ハムレット』が旅回りの役者たちに演技指導をする長せりふをわたしが日本語でご紹介しました。

そして、ルーサーさんが、

「シェイクスピアを知らないのは、人生まるまる損をしているも同じ」

と言って後藤浩明さんの名曲
(一応、作詞 三輪えり花)

『シェイクスピアを知らない!?』

へ突入!

シェイクスピアはすごいんだ、
シェイクスピアはすごいんだ、
だいじだから、
二度言いました♪

最後にわたしが英語で『夏の夜の夢』ラストの妖精パックのせりふをご紹介、

そのままそのせりふが歌になった後藤さんの曲

『われらはただの影法師』

を歌い、おひらきとなりました。

あとでネットに上がってきている感想を拝見すると、このうたは一緒にくちずさんでいるかたもいらっしゃったとか。

初めて聞く歌のはずなのに、
耳馴染みがいいのと、
テンポがゆったりなためでしょうか、
一緒に口ずさめちゃうんですね。

後藤くん、きみは天才かよ。

というわけでお開きお開き!

みなさん、ご来場ありがとうございました

楽しんでいただけたなら、とっても嬉しい。

帰りのロビーは、
書籍を購入なさるかた、
わたしにサインを求める方、
写真を求める方でごった返し、
全ての方にキチンとご挨拶できなかったのが反省点です。
(この帰りのロビーの混雑は次回から改善する案を、この日の打ち上げで考えておきました)

どの方も笑顔でわたしたちを待っていてくださって。

なんてなんて温かい方々に囲まれ、
守られていることでしょう!

本当に幸せなことです。

これからは、『シェイクスピアの演技術』という軸を持って活動をますます深め・広げていきますね。全国のみなさんにお目に描かれますよう!

長い長いレポート、読んでくださり、ありがとうございました。感想やコメント、次回(次は『テンペスト』)へのご要望、ワークショップや講演の相談も、お気軽にどうぞ!

写真が出来てきたらまたアップします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。