観るより演る Play Than Watch

演劇は演ってこそ面白い。おまけに人生の役に立つ。

観るのを楽しむなら、映画もある、ネット動画もある。

でもスポーツや合唱や将棋と同じで、演劇も、やってみるのが楽しい。

やってみて初めてわかる面白さもありますのよ。

【今日のライブインタラクション】

演劇をやってみて得られそうなことを挙げてみよう


喋ってみてわかる面白さ!

三輪えり花の新刊書籍『シェイクスピアの演技術』(玉川大学出版部)は、シェイクスピアを喋ってみたいド素人さんからハリウッドで活躍するトップ俳優に至る全ての人の役に立つ、世界で初めての演技書です。

『シェイクスピアの演技術』をとことん活用するためのプレゼントを用意しました。まもなく発表いたします。お楽しみに!

お申し込みはamazonと楽天にて。
今から予約して発売と同時に手に入れましょう。
お知り合いで必要としている方にもぜひ教えてあげてください。

チームを伸ばす秘訣18(最終回)

【プレゼントのお知らせ】

三輪えり花の表現力の集大成『シェイクスピアの演技術』(玉川大学出版部)が近く発売になります。

それに先駆けて、シェイクスピアを使って表現力を伸ばすワークシートをプレゼントする企画を進めています。

もうすぐご紹介できますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

さて!

チームを伸ばす秘訣その18、いよいよ最終回!

これまでこのシリーズを役に立つと言って愛読してくださった皆様、ついにシリーズ最終回がやってきました。

チームを伸ばす1番の秘訣を憶えていますか?

拍手です。

ちょっとした伸び、ちょっとした成果、ちょっとした言動への、暖かい驚きと共にある拍手。

これが、初心者も自信のない人も、そして力はあってもワンマンプレイでチームに馴染みにくい人たちの心をぐっと掴み、チームとしての全体の底上げに繋がるのです。

このシリーズでは、リーダーが、かなり高いレベルでの成果を期待する場合、そこまでチーム全体を持って行くときに陥りがちな罠や危険、そしてその対処法を考えてきました。

違いのわからなかった人が、違いのわかる人になり、自分の力を自分で伸ばせるようになる。

そのためには、チームにもリーダーにも、試行錯誤を許すという最大の難関があることもお伝えしました。

さて、最終回は、それを乗り越えた先にある、未来段階をお伝えします。

【未来段階】

・当事者が、自らへの要求レベルを上げ、自らの力で最高を生み出そうとし、何をすれば良いのか、道が見えている。

というステップがあるのです。

一番良いのは、他の指導者の方法と私の方法とを合わせて当事者に最適な「こうすれば良い」を当事者と一緒に発見していくことです。

放っておいては人は怠けてしまうもの。
でも仲間と一緒なら、何かしらの進歩をする事ができます。

伸びるチームの素晴らしいところは、その場にいる全ての人が試行錯誤と発見に付き合い、当事者の進歩に精神的な応援を送り、その日にできたところまでの努力に拍手を送ることです。

そしてついに最終段階をクリアした瞬間には自然発生的に本当の意味での喜びと労いの拍手が沸き起こります。

稽古場をや授業、企業ワークショップなどを率いるチームリーダーとして私は、あらゆることをしてきました。

終わった後の拍手もそのひとつですが、いつも嬉しいと思うのは、終わった後の拍手の習慣が自然にチームに浸透していくのを見るときです。

相手の努力に声援を送り、達成できた時に惜しみない拍手を与える。

これこそがチームをぐいっと引き上げていく最高の方法です。

この法則はチームでなくても当てはまります。

例えば、家族とか。

もしもあなたのチームが停滞していたら、みんなでみんなに心からの拍手を送ってみてください。

このシリーズを通してあなたのチームかどんどん伸びていきますように! 

【今日のライブインタラクション】

ちょっとの成功にも拍手を送ってみよう。

→ リーダーとして試行錯誤をする場合のコツや、チームを生き生きさせるさまざまなアイスブレイク、ブレーンストーミングの手法も演劇の俳優訓練から始まったものです。
これらはリーダー研修でご紹介しています。興味のある方はぜひお便りくださいね。

次回からはまたランダムに表現力に役立つことや海外交流などをお伝えしていきます。

お楽しみに! 

Fresh Cherry Blossoms in Odawara, Japan

Hi!

I am happy to share my beautiful photo with my Dad and nephew and his dog Baggy and my dog Romeo.

チームを伸ばす秘訣6 Building a Team 6

チームを伸ばす秘訣その6。

なかなか伸びない人、まだ能力が満ちていない人がいるチームで、仲間が心からその人を応援する拍手を送ると、それだけでその人が伸びる、また、チーム全体の空気が良くなります。

拍手の効力がすごいのはわかっていただけたかとおもいます。

一方で、自分だけが伸びたいと思っている人や自分はできると思っている人がいる場合、まだ技術が足りない人に対して先生が褒めると、

「なんであんな下手なやつを褒めるんだ」

と思い始めるもの。

「先生ってば、あんなのがいいと思うなんて、技術を見る目がないんじゃないか?」

と先生の、人を見る目、演技を見る目、を疑う危険があります。

そのへんのさじ加減がとっても難しいのね。

つづく。

【今日のライブインタラクション】

あの先生、見る目がないんじゃないか?と思ったことはありますか? それはどんな時でしたか?  

AriGato; thank you.

You may already know this word, AriGaTo (a-ri-ga-to).

It means “thank you”.

“Ari” means ‘be’, or ‘there is’.
“Ga-to” is from “gata-i”, meaning ‘rarely’.

It rarely happens.
What a rare thing!

The Japanese use this word only when receiving good things, words, deeds, and reaction.

“How rare this happiness is!” is AriGato.

You use the word almost any time, and that will smoothen the interaction.

AriGato is a magic word to make the world peaceful.

You combine the word with Oji-Gi, the bowing custom.

AriGato.
Thank you.
What a rare happiness from you!
The world is made with appreciation.

今すぐ叶えたいことを知る

なんとしても解決したい問題がある。
なんとしても叶えたいことがある。
なんとしても実現させたいことがある。

その気持ちがあなたを前へ進める。

ただなんとなく、これになりたい、あれをやりたい、じゃダメなんだ。

たとえば俳優、または俳優志望。

ただ漫然とレッスンに通っていてもダメ。

なんとしても解決したい問題があるか(滑舌とか、思った通りの演技とか)

なんとしても叶えたいことがあるか(海外の演劇学校留学とか、次のオーデイションに受かるとか)

なんとしても実現させたいことがあるか(シェイクスピアのハムレットは絶対に演じてみたいとか。新聞の劇評に名前が載るとか)

たとえば恋人や伴侶がいないなら、

なんとしても叶えたいのは、
心から愛せる人と出会うこと、かもしれない。

なんとしても解決したい問題は、
まともな恋愛ができない自分を変えたい、かもしれない。

なんとしても実現させたいのは、
誰からも祝福される結婚式、かもしれない。

強い願いを持ってみよう。
それは願いを叶える第一歩になる。

〜今日のライブインタラクション〜

あなたの今の一番の願いはなんですか?

ぜひ三輪えり花に聞かせてください。
人に話すと、心も頭も整理できます。

コメントかメールで、どうぞ。お待ちしています!

演劇と人格再教育 Theatre and re-education

私の活動の原点は、私自身のコミュニケーション障害です。

学校や社会に馴染めず、自分勝手で孤独な気持ちで過ごしていました。

雑誌で見る欧米はキラキラして美しく、日本では受け入れられない自分も欧米でなら受け入れてもらえるかもしれない。

自分は変われなくても、環境が変われば、生き易くなるかもしれない。

そう考えて、とうとう日本を逃げ出しました。

大学年の時の一年間の交換留学です。

そこで出会った「教育における演劇 Theatre in Education」の授業で、人とインタラクティブに生で向き合う方法を知り、私は変わりました。

自分は人間関係づくりが下手で、これはもう性格だから変わりっこない、と思い込んでいたのに、俳優訓練で使うゲームやエクササイズの数々で、私は変わったのです。

俳優訓練は、育ってしまった大人でさえ変える力がある!

自ら体験したそれが、今の私を作っています。
コミュニケーション障害でなければ、「変わるはずない」悩みを持たなかったろうし、変わった変化をこれほどまでにありがたく感じなかったかもしれない。

だから、今の私の活動の原点は、私が、コミュニケーションに苦しんでいたことにあるわけです。

私ほどではなくても、誰でも「なんで私は嫌われちゃうんだろう」とか「なんで私は人と違うんだろう」と悩んでいる点はあるでしょう。

そんなとき、演劇は、見るよりも演ることで助けになるかもしれません。

必ずしも舞台に立つ必要はない。けれど、何かを少しでも演じてみるのは、全く新しい自分を再構築するのに最適なのです。

〜今日のライブインタラクション〜

演劇を体験できる場所を探してみよう。

#プレゼンス
#ヒューマンネイチャー
#インタラクション

Happy Valentine!

Hello, My Luvvys!
HAPPY VALENTINE!!


HAPPY VALENTINE!

Hello, My Luvvys!
HAPPY VALENTINE!!

ハッピー・ヴァレンタイン!

愛に溢れたときめきの1日を!

【今日のライブインタラクション】

目の前の人を大切に
#インタラクション

Illustration by ELICA
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。