Categories
三輪えり花の仕事

オペラアリアのアヴェマリアを歌いました

東京は心配した通りまたも新型コロナの患者さんが増えてしまいました。自分の身は自分で守らなくては、ですね。オンラインでできることはオンラインで。周りの人が食事や飲み会に誘ってくると思いますが、本当に気をつけて。身近にいる大事な人のことも考えて行動してくださいね。

さて、週の半ば。
去年の12月1日に開いた はじめてのうたかい の最後の曲をアップしました。

元々は、2年前のシェイクスピア遊び語りで『オセロゥ』を取り上げたときに、歌のレッスンでもこれを取り上げてみて、少しずつ練習してきたものです。

本番の1ヶ月半前に歌い方を変えてから、
かなり安定して できるようになりました。

もちろんまだまだですが、

マリア様に私たちをお守りください、と歌う歌

ですので、いまの時代にぴったりかと思い、
ご紹介することにしました。

いろいろ突っ込みどころが満載ですが、今それが聞き取れるようになったということは、あれから半年でさらに伸びたのかな、と思います。

三輪えり花

お気に召したらチャンネル登録してくださると3倍以上嬉しいです。

Categories
三輪えり花の仕事

Throwback Saturday 1: British Directors’ Guild

Since I have no stage obligations these days because of pandemic, I now am going to put some of my memories in my theatrical life.

First of all and most importantly, my experience of British Director’s Guild Workshop.

Here is a group photo.

Where is I? I am at the edge of the second pillar from the left, in stylish black leather rider’s jacket, over a green shirt.

Some of them I still keep contact with.
Some of them I happened to celebrate the reunion.

Through this workshop, I learned the charm of acting and directing Shakespeare for the first time.
I am not lying. I had been an experimental avant-garde style director and not interested in Shakespeare staging at all.  (Of course, I liked the plays to watch, though.)

But in this workshop, I met John Burton the founder of Royal Shakespeare Company. He totally washed my brain out (or rather, in?) to glimpse the great world of Shakespeare as a director and an actor.
I have a more interesting and deeper story to tell about this, but later.

Thanks to John, I am still working in theatre world.

Categories
三輪えり花の仕事

My Memorial Song

今日は、はじめてのうたかい(2019年12月1日)に歌った5曲目。
あのミュージカルから、あの曲です。

これをこうして公開していること自体、夢のようです。
この発声を指導してくださった先生に本当に感謝感激です。

なにしろ、はじめてのうたかいです。
お耳汚しを承知で、失礼をお許しください。

【遊び心Today】
夢に挑戦し続けていますか?

Categories
三輪えり花の仕事

My Fair Lady 歌いました

5月の良い季節、遊びに出掛けられなくてなかなかストレスが溜まりますね。

息抜きになるかどうかわかりませんが、昨年12月1日に催した「はじめてのうたかい」で歌った曲をアップしましたので、よかったらお聞きください。

ひとつ、面白いことがありまして・・・

題名を書かずにYoutubeにアップしたら1分とたたないうちに英語で著作権関連のメールが届きました。

すごくないですか?

タイトルにも説明書にも書いていないのに(いまは書いておきましたが、最初にアップした時点では書いていませんでした)、歌の内容で、この曲は!と発見されてしまうのですよ。

これぞ、AIとクローリング検索の仕組みなんですね。

いや、びっくりしました。

同時に、・・・
わたしの英語でちゃんと検索に引っかかってくれた・・・
とちょっとホッとしております。
引っ掛からなかったら悲しいところでした・・・

【今週のライブインタラクション】
自分の苦手なことを人に伝えてみよう、相手の表現を認めよう。

(私の場合、この歌のシェアです。よかったらチャンネル登録をしていただけるととっても嬉しいです)

Categories
三輪えり花の仕事

オンライン顔合わせ最高!・・・今年のシェイクスピア遊び語りはどうなるの?

4月26日はシェイクスピアの洗礼日でした。

ちょうどその日に、シェイクスピア遊び語り
第16弾『テンペスト:大嵐』の顔合わせを行いました。

はい、今大流行のZOOMというアプリを用いて、
出演者と作曲家(ピアニスト)で。

シェイクスピア遊び語りは、
4名から5名が主要キャストを演じ、
3名ほどのサポートキャストが
雰囲気を盛り上げるキャラクターを演じます。

今年は初の試みでオーディションで選抜しました。
また、物語の複雑さから、主要キャストを7名に。

ほぼノーカットのフルテキストで
読み合わせをしたところ、
思った通り、みんなすごく素敵です。

ところで、シェイクスピア遊び語りは
いつも夏至の頃に上演します。

が、今年は疫病の影響が・・・

というわけで、上演について皆と話し合った結果、
お客様みんなが気分良く出かけて来られるまで

延期ということにいたしました。

残念!

しかし!

大丈夫。

今からしっかり稽古をしていいきまして、
その間、動画でお楽しみいただける様に、
いろいろ発信していきます。

ぜひ楽しみにしていてくださいね!

【遊び心Today】
シェイクスピアのTEMPEST 読んでみませんか?

すごく深刻な場面を練習していたのでしょうか、お顔がマジです。
Categories
三輪えり花の仕事

オペラのアリアを生まれて初めて歌いました!

エイプリルフールはどうお過ごしでしたか?

ここ数ヶ月の全てがエイプリルフールだったらいいのに、と思うことがありますよね。

とにかく外へ出ないようにして、コロナの蔓延を防ぎましょう。

さて、わたしのほうは、3月末日に『テンペスト=大嵐』の粗訳が終わりました。

このあとは少し寝かせて、その間に、Arden Shakespeare という詳細な解説本を熟読し、この400年間の解釈や言葉の使い方の変遷などを調べます。

それが終わったら、遊び語り用の台本を作るのです。

初稽古の予定は4月末。

各大学が入学式を連休明けに設定し直している現況では、予断を許さない状況ですが、その日をめざしてがんばります。

こんなふうに、三輪えり花は毎日をなかなか豊かに過ごしております。というか、普段が、こんな生活なので、まったく変化がないと言いますか・・・

とりあえず、翻訳が一段落したので、後手後手に回っていた動画を切り出してみました。

12月1日の、はじめてのうたかい から、2曲目です。

モーツァルトの楽しい恋愛コミックオペラ『コジ・ファン・トゥッテ』から、お天端でお茶目な娘の歌う、ちっちゃな蛇に心を噛まれたら、恋に落ちるのも当たり前、という意味の曲を歌いました。

この日の3曲目ですが、最初の2曲は、いわゆる歌曲というもので、オペラアリアとはどうやら格付けが違うらしいのです。
わたしには、どちらも大変なので、違いがまったくわかりません。

が、それでも、オペラアリアが格の違うものなら、
三輪えり花、生まれて初めて人に聞いていただいたオペラアリアが、これになるわけです。

このコンサートの1ヶ月前に、歌い方を変えたおかげで、格段に歌いやすくなりました。

歌い方を変える、というのは、すぐできるわけではなく、その方法の扉を開けただけですから、「できている」わけではありません。

また、その方法をしようと思って、ひたすらそこに集中していますし、音も不安定。

それでも、この歌い方を習う前はまったく出なかった高音や、続かなかった息が大丈夫になって、その威力に驚いています。

よかったら、聞いてやってください。

そして、三輪えり花のチャンネルにチャンネル登録をしてくださるととっても嬉しいです。

Categories
三輪えり花の仕事

三輪えり花 sings Lascia ch’io pianga

2019年12月1日、はじめてのうたかいを開きました。

聞いていただきたいな、と思い、1曲目を切り取りました。

わたしはものすごい音痴で、声も出なくて、音域も5音くらいしかなくて、
子供の頃から、家でビートルズなど歌っていても、
親にも姉弟にも、
何その音痴、やめてー!
とバカにされ、
挙げ句の果てには、飼っていた犬さえも、
わたしが歌うと、ワンワン言ってやめさせにかかる始末。

そんなに下手なら、歌の先生につけばいいじゃないか、と
思いますでしょ?

あのね、下手だ下手だ、と言われ続けると、
先生につくことさえ怖くなってしまうのです。

だから、決して習いませんでした。

それでも、ロックが好きで、シャウトしたりしていたのですが、
在外研修でロイヤル・オペラハウスで演出を勉強した際、
ほんとうにうまい、とはこういうことか!
とショックを受け、歌うのを一切、やめました。

が、10年前、シェイクスピア遊び語りを始めた際、ポップスソングを入れることというリクエストがあったものですから、しかたなく、私を下手とは言わないであろう先生のもとへ行ってみました。

一番最初の頃と比べたら、なんとか形になってきて、
歌の先生にも、コンサートを開いたら、と励ましていただいて、踏み切ったものです。

お金をいただくなんてもちろんそんなレベルではありませんので、入場無料。

ごめんなさい、私の歌の勉強のために観客を入れる形で歌わせてください、

という気持ちで行いました。

1曲目は、イタリア歌曲で、映画『カストラート』でも
歌われた名曲、Lascia ch’io pianga です。

よかったら、聴いてください。

動画がうまく配信されない時はこちら
https://youtu.be/1PR–dbOMZM

【遊び心Today】
苦手でも勇気を出して人前に出てみよう。

そして、多分2曲目も切り出しまーす。

Categories
三輪えり花の仕事

全編を通してなるほど!な『シェイクスピアの演技術』

  丁寧に魅力的に
ふんだんな具体例とともに 〜
〜 全編を通して “なるほど!”

↑ 昨年5月に出版した『シェイクスピアの演技術』の書評をいただきました。

公益社団法人国際演劇協会の機関誌の2020年新年号です。コピーしましたので、よかったらご一読していただけると嬉しいです。

わたしはこの協会の理事ではありますが、この書評は別の理事が、読んで面白い!と思ってくださって書いてくださいました。

まだ『シェイクスピアの演技術』がお手元にないかた、演技・演出の実践者、研究者にとって、いろいろな意味で役に立つ本です。
ぜひ、ご覧くださいね。

書評

お買い求めになりたい方は、
玉川大学出版部『シェイクスピアの演技術』

アマゾンや楽天でもお買い求めいただけます。

そして、よかったら書評も書いていただけるととってもとっても嬉しいです!

【遊び心Today】
シェイクスピアの一人稽古をしてみよう!

Categories
三輪えり花の仕事

London2019-27: The Globe and Falstaff

グローブ座前からもう1本、トラベル・シェイクスピアをお届けします。

フォルスタッフのせりふをお聞きください。

【シェイクスピア遊び語り】でも大人気のせりふです。

いかにもシェイクスピアらしい、人間愛に満ちたせりふです。

この日はなんといっても、グローブ座で『ヘンリー4世第二部』を見るのです。フォルスタッフ大活躍のこの劇。

たのしみ!

Categories
三輪えり花の仕事

London2019-19: St Martin In The Fields

Trafalger Square (トラファルガー・スクエア)という、ロンドンの臍(へそ)とも言うべき巨大な広場があります。

そこには、巨大なトラファルガーさんが、
巨大な柱の上に乗っかって、

足元には三越のライオンのモデル
になったライオンたちを従えて、

フランスの方に睨み(にらみ)を
効かせているんです。

わたしもライオンの真似をしてみたよ

正面には、National Gallery
(ナショナル・ギャラリー、国立美術館)
がありまして、

さらにその横に、
St Martin in the Fields
(セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)
という教会があるのです。

ほんもののロンドンっ子というのは、
この、セントマーティンの鐘の音が
届くところに住んでいる人たち、

と聞いたことがあります(出典不明)。

もちろん、シェイクスピアの時代から存在します。

今回は、その建物を背景にお届けしますね。

Enjoy!


旅と英語と演劇で毎日を遊び心で満たしませんか?
三輪えり花のメルマガ【えり花通信】にご登録がまだのかた、お待ちしています。

後ろにみえる白い丸屋根がナショナルギャラリー