美しすぎ、真っ直ぐすぎ、清らかすぎ [Shakespeare For You]

こんにちは、三輪えり花です。

今日の一言シェイクスピアは・・・悪事を働いている時の気持ち

『ヴェロゥナの二紳士』からプロテウス

🎭 Already have I been false to Valentine,
And now I must be as unjust to Turio.
Under the colour of commending him
I have access my own love to prefer.
But Silvia is too fair, too true, too holy
To be corrupted with my worthless gifts.

🎭 既にヴァレンタインを騙してしまった、
で、これからテュリオもだしぬかなくちゃならない。
あいつを褒め称える色を纏ったその下で
俺は意中の人に近づいて、褒め称えることができるんだ。
だがシルヴィアは美しすぎ、まっすぐすぎ、清らかすぎで
とても堕落してくれない、なんの価値もない俺の贈り物などでは。

【演じ方】

この独白では

1何をしてきたか

2 何をしようとしているのか、

3 何に悩んでいるのか

を告白します。

これを演じるなら、後悔などしていない悪人として、かしら。

それとも、何かわからない力のせいで、あれよあれよと言う間にこうなってしまった自分に驚いていて、むしろなんだか被害者のような気もしている、そんな感じかしら。

わが演じるなら、後者の方が面白そうです。

でも戯曲を全部読んでみて、どちらの方が最終場面がドラマチックで面白くなるかを考えてみてからでないと決めることはできません。

#シェイクスピア #名台詞 #英語 #演じ方 #プロテウス #ヴェロゥナの二紳士 #イタグレ 

===

三輪えり花の投稿が気に入ったら、いいね、シェア、そしてフォローをぜひに。

あなたのプロジェクトのために、演技、演出、翻訳いたします。ご連絡お待ちしています。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA