感動を生む方法

梅雨の晴れ間に、ベランダの人工芝を取り替えました。

昨日のうちに、古い人工芝を引き上げて、その下に溜まっていた埃や泥を水洗い。一晩で乾くかな、と思ったら、今朝はまだ濡れていたので、ベランダに雑巾掛けをして水気を取って、お昼ご飯まで自然乾燥。綺麗に乾いてくれたので、雨の降らないうちに、とさっさと敷いてしまいました。我ながらよくできたのは、排水溝に沿って、半円で切り取ったところです!

人を感動させる方法

さて、今日は、人工芝とは全く違う、スピーチの時の緩急のお話。
舞台や映画を観て「感動した!」と感じた経験はあなたも、きっとお持ちですよね。

台詞でも、演技でも、そして、スピーチでも、観衆・観客・視聴者を感動させられるプロは、一体どんな秘密を持っているのだろう?知りたくはありませんか?そして、あなたも「話がお上手ね」と言われるようになりましょう。

感動ポイント=ストーリー?

私たちは何に感動するのだろう?
物語、つまり、話の内容?
もちろん、それもあります。

頑張って報われた話とか、危険を顧みず頑張った話とか、振られても頑張って恋愛成就したとか・・・(願張り好き)。
それらは「ストーリー」と言います。どんな経緯を経て今に至ったのか。それが「ストーリー」です。

でも、どんなにすばらしいストーリーでも、伝え方が不味ければ、感動させられないんですよ。その話に触れた人の反応は、「へー、すごいんだね、よかったね」で終わってしまう。

つまり、感動ポイントは、ストーリーではない!のです。

感動ポイント=サスペンス

感動ポイントは、実は、サスペンスにあります。

と、ここで、あの「チャラララらっ、チャラララらっ、チャーら〜」が脳内再生されたと思いますが(笑)英語の suspense は、サスペンダーのサスペンス、つまり、「中空にぶら下がっている状態」のこと。

すぐに結果がわからず、宙ぶらりんな状態。
次にどこへ向かうのか、先が見えない状態のこと。もっと簡単に言えば「ハラハラドキドキ、どうなるのこれ」を観客(視聴者・観衆・聴衆)に感じてもらえると、それがいずれ感動に結びつくのです。ジェットコースターで、じわじわと頂点に登っていくじゃないですか、あれです。先が見えない感。たとえ、次に落ちていくんだよ、体にベルトはついてるよ、とわかっていても感じる、ドキドキ感。

あれを、スピーチでも演技でも、随所に入れていくわけです。

サスペンスを意識して演じてみよう

スピーチの原稿でも、芝居の台本でも、新聞記事でもなんでも良いので、手近にあるものを、サスペンスを入れることを考えて、声に出して演じてみてごらんなさい。テレビでもドラマでもその目で見てごらんなさい。サスペンス(宙ぶらりんの瞬間)を実にうまく使っています。

文字になっているものを演じるとき、文字が連続して書いてあるので、ついついどんどん喋り進めなくてはという強迫観念に襲われるものですが、そこを我慢して、サスペンスを入れるようにしてみましょう。新しい発見があると思いますよ。

サスペンスがあるから、その後の結果にホッとしたり、なるほど感が生まれたり、そうだったのか感が深く感じられて、そして「いやー、感動した、面白かった」になるのです。


【Live Interaction】
日常会話も、サスペンスを意識してみよう

苺月夜ストロベリームーン

ちょうど6月24日から25日にかけてが日本では満月。屋根から顔を出したところを撮影できました。


Strawberry Moon と呼ばれる今月の満月。なんとNASAのTwitterでも、そう表現されており、すっかり市民権を得たようです。日本語にすると、苺月夜(いちごつきよ)ですね!と勝手に翻訳して勝手にほくそ笑んでおる私です。

この月は、ちょうどベリー類を摘む季節だからだそうで。

また、自分を傷つけることは控えるのが良い時期です。

もしもこれまで、親に褒められもせず、周りと比較されるばかりで自分自身の存在の真髄を認められずに育てられた人は、この月に癒してもらいましょう。

或いは親にライバル扱いされたり、或いは親の求めるレベルに達せずに、それでも親に褒めてもらいたいと少しできたことや嬉しかったことを告げると、何そんなこと言ってんの、とか、まだまだじゃない、とか、なにこれ「ははは」とか、そんなこと喜ぶもんじゃありません、などと、自分のしてきたことを喜びをもって評価されなかった記憶がある人は、この月に癒してもらいましょう。

褒められたり幸せを認められたりした記憶が無く育つと、ちょっとでも幸せなことや、嬉しいことが起きても、「これはいけないことだ!うちの親はきっと、この程度でウキウキするんじゃありませんと叱るだろう。自分は褒められる資格はないのだ」と認識するようになってしまいます。

そんな悲しいことはありません。あなたは素晴らしく、褒められる資格は月に届くほどあるのです!!

この月に、ぜひ癒してもらいましょう。

【Live Interaction】幸せを感じていいんだよ。

幸せを感じていいんだよ、と伝えてくれる音楽会があります。
詳細はこちら。

インプロ・ワークショップ

先週の金曜・土曜におこなったインプロ・ワークショップ。
初めてのかたも、書籍が届いたばかりのかたも、ずっと以前からインプロに携わっているかたも、みんなとっても素敵でした!

このワークショップでは、キース・ジョンストンの『インプロ:自由自在な行動表現』を深く読み込み、指導者・教育者としの力量を伸ばします。

キースが文章にしているキースと生徒との会話文を声に出して読むだけでも、なるほどこういう視点で相手の良さを引き出していくのか!がわかります。

もちろん、書籍内のエクササイズもたっぷり楽しみました。

次回へのリクエストもありましたので、7月をお楽しみに!
演技力を身につけたいかたには、ぴったり。単発より継続していける力をつけたいかたには、体の動かし方から学べる演技力講座があります。

こちら
無料です

筋トレとプロテイン

筋トレにはプロテインですよ、みなさん。

最近、夕食後に一仕事したあと、 #NINTENDOSWITCH で #FinCHomeFit というキックボクシング系の有酸素運動をして、それから #RingFitAdventure で無酸素筋トレをしています。

今日は、なんだかひどく疲れたので、なぜなのか考えてみると、あ、タンパク質(プロテイン)をあまり摂っていませんでした!
そこで、大豆由来のパウダープロテインをみずにとかして蜂蜜を入れて、飲みました。

美味い!!

このプロテイン、買ったはいいけど、なんだか美味しくなくて、ずーっとほったらかしになっていたのです。

しかしこれだけ運動をして汗だくになった後に飲むと、スイスイゴクゴク飲めてしまいます。

なるほど、と思いました。

身体がプロテインを必要としている時は、美味しいんだ!
#amazon のレビューなどで、おいしくない、と書いてあったりする時、もしかしたら、その人は筋トレをしないで飲んでいるかもしれないな、と。

ところで最近は、公開したばかりのシェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』に英語字幕をつける作業をしています。

これがなかなか進まないのだ。あしたもがんばるぞ。
日本語ができるかたは、もちろん、もうお楽しみいただけます。

お申し込みはこちら
https://bit.ly/3toiygp

夏至

本日6月21日は、Midsummer Day。日本で言うところの、夏至(げし)です。
夜が最も短いとき、太陽の出ている時間が最も長いとき、と言われています。
が!
調べてみたら、実はここのところの東京は、日の出が4時25分、日の入りが19時00分、それが6月18日から始まって22日まで続くのです!


夏至とは、太陽が最も高く登る日とするのが正しいようです。
いずれにせよ、1年のうちでとても大事な季節。
これから冬至へ向かっての準備が始まるといっても良いのです。
何を刈り入れましょうか?
刈り入れるには、植えなくてはなりませんが、植えるのは実はもう少し前の春分の頃にやっています。
今年のお正月から春分にかけての願い「こうなったらいいのにな」をもう一度思い出して、それを刈り入れる手入れに入りましょう!

【Live Interaction】

叶えたいことを再び見つめてみよう