喋って英語「気持ち」5:気になる

喋って英語「気持ち」4では、「気が付く・気が付かない」を取り上げました。

今日は、「気になる・気にならない」を考えましょう。

・どうも気になる & べつに気にならない

1「どうも気になる」

ある事柄や人のことが意識に登ってきて危険信号を発するような感じ、またはそこから意識を外せない感じですね。

I cannot but thinking of it.
そのことを考えるのをやめられない。
そのことばかり考えている。

The notion (or the presence) does not leave my mind.
そのことが頭から離れない。

もう一つの意味は、
「あの人のことが気になって仕方がない」
好意の気持ちが生まれ始めた頃の言い方です。

これも、先に挙げた

I cannot but thinking of him.
I cannot stop thinking of him.

・・・うーん、英語だとちょっと強いですよね。
日本語的な「なんとなく気になる」感って、どうしたら出せるんでしょう?

もしもこの英語が台本に出てきたら、私なら
「もう彼のことが頭から離れなくって」
と、彼のことをかなり好きでいる状態を訳してしまいそうです。

I cannot take my mind off the N. (Nは名詞)
意識をそこから外せない。

などはどうでしょう。

2「別に気にならない」

気にしない、と似た意味ですから、このシリーズの3でお伝えした通り、

I don’t mind.

です。
ちなみに、似たような表現の

I don’t care.

これはめちゃくちゃ強い表現なので、普通は使ってはいけません。「カンケーねーし」「どーでもいー」の、かなり相手を嫌っていて関係を持ちたくない版です。ほんとに使っちゃだめ。

次回は、「その気になる・その気になれない」を取り上げてみましょう。今回はただの「気になる」でしたが、それとの違いがある日本語ってすごすぎる。

【Live Interaction】

今日は何が気になりますか?

というわけで、わたしが気になっているのは、出演する俳優たちを撮影する日が今日だということ。

絶海の孤島で繰り広げられるラブロマンスと復讐劇と、裏切りと、コメディと、つまり、シェイクスピアのあらゆる要素がわんさを詰め込まれた『テンペスト』

さすがにシェイクスピアの最後の作品群のことだけはあります。あらゆるシェイクスピアらしさが詰まっています。

それを、遊び語りとして映像作品にするのです。とにかく楽しい、おもしろい、そして何よりも、全員、まいったね、というくらいうまい!
詳しくは下の画像をクリック。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA