すごいのできた!

絶海の孤島で繰り広げられる魔法と剣と権謀術数。
3月末に公開する映像部分ができました!

ここ2週間、平均睡眠時間5時間はなんとか確保しつつ3月8日にクランクアップした素材を編集しておりました。

すごく複雑ですごく大変でそれをひとりきりでとりくんで
でも

とにかくすごく面白い!

こんなに集中して取り組めたのも、面白いからこそです。

編集って何するの?

素材となる動画を集めて、それらを合わせて1場面を作ります。(合計14場面)

出演者ひとりひとりが、自宅で自分を撮影したものとわたしがZOOMで全員が画面にいるところを撮影したものに合わせていくのです。

言うなれば出演者一人一人は、異なるオーケストラの楽器。
私は指揮者で全体像を把握。
楽譜はシェイクスピアの『テンペスト:大嵐』。

ZOOMで全員集まってのリハーサルを去年の4月から8月、今年の10月からひたすら積み重ねてきました。

それを2週間前に、撮影したのです。

私がZOOMを開き、みんながそこにいて、各場面を演劇します。
私はZOOMの録画機能でそれを録画。
みんなは個別に自宅カメラで自分を録画。

なぜかというと、理由は五つ。

  1. アップの画面が欲しいとき、ZOOM録画は画像が荒すぎるの
  2. 本人だけのクリアな音声が欲しいとき、ZOOM録画だと音が荒いから
  3. ZOOM録画だと音声の遅延があるから
  4. ZOOM録画だとコマ落ちしたり、映像が乱れたりする危険があるから
  5. みんなの背景、つまり普通なら舞台装置があるところに、演出家視点で美術を統一したいから

で、撮影後の2週間、俳優個々人が個別カメラで撮影した膨大な量の素材を、場面ごとに、一枚一枚、重ねていくわけです。

全員の絵を場面に応じて、重ねて、音声のリップシンク(唇の動きと合わせること)して、背景画像を決めて、そのうえに人物を切り取って貼り付けて、音量や音質を可能な限り調整します。

ここまでがテクニカルな基本のタイムライン作成。

そこからが演出家三輪えり花の腕の見せ所。

誰をアップにして、どのタイミングで切り替えて、雰囲気の効果を考えて画像の色味を変えて、カット切り替えの効果を考えて、などなど・・・

舞台演出では、その場面の全員がそこにいますから、そのうえで、お客様に「ここを見てもらいたい!!」と着目してもらうために、お客様の視線の流れや、心拍数(息遣い・ドキドキ)のアップダウンで盛り上がりタイミングを想像しながらドラマを作っていきます。

今回の編集では、それが役に立っています。ここを見てもらいたい、こんな風な絵にしたい、という思いを、この編集で、今の私に可能な限り、できたと思います。

真っ先にご覧になりたい方は、こちら。

クランクアップ!

5月に配信するシェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』、昨日、撮影が終わりました!

演劇でシェイクスピアに馴染んでいる方、演劇で遊び語りを知っているかた、生の舞台でなくちゃ、と思っている方、これは期待を裏切りません。素晴らしい出来です。

「ずっと、生でなくちゃ、と思ってきましたが、ルーサーさん(今回の主役の一人)のリサイタル(昨年10月でした)を配信で観たら、すごく良くて、配信もいいものだなと思って、今回も申し込みます」
というお声も多数いただいております。

というわけで、配信のための、メイン映像部分を撮影し終わりました!

映画界用語ではこれを「クランクアップ」と言います。

本来なら、花束を贈りあったり、シャンパンを開けたり、出演者・関係者全員で盛大にお祝いするのですが、新型コロナ禍のため、私たちシェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』は、ZOOMでの個別撮影でしたので、そのようなお祝いはできません。

代わりに、最後にお互いにねぎらいの言葉を贈りあい、記念撮影・集合写真を私のスクリーンショットで撮りました。
それがこちら


【Live Interaction】作っていく過程を大事にしよう

追伸:メイン映像部分を撮り終えました、ということは、サブ映像部分があるのです。実はこれが「遊び語り」の真髄。この録画は、生舞台で3月末におこないます。観覧する方法は下記の画像をクリックまたは「三輪えり花」「シェイクスピア遊び語り第16弾」などで検索できます。

喋って英語「気持ち」7:気乗りする

喋って英語「気持ち」6では、「その気になる・その気にならない」を取り上げました。今日は、「気乗りする・気が乗らない」を考えましょう。

・気乗りする

この言い回しは、私は現実ではあまり使っていないことに「気がつき」ました。文章では使うので、やや文語的表現という「気がして」いるのかもしれません。あなたはどうですか?

意味としては、「それ、いいね、自分もやってみようかな」ですね。

I feel like doing it.

一方、
I have an inclination of doing it.
I have an inclination to do it.

は、やや文語的で、自分をちょっと第三者的に見ています。

doing と〜ing にするか、to do にするかで、微妙に意味は異なりますが、どちらでも大丈夫です。

・気が乗らない

これは、「気乗りする」の反対をそのまま使えます。

I don’t  feel like doing it.I have no incliination.

あなたはいま、何に気乗りしていますか?

【Live Interaction】

気乗りするものへ向かおう

私が気乗りするのは、演出することと演技すること。
あと、旅行。

でも旅行は、そもそも「演出すること」と私の中でとても密接に関わっておりまして、何を見ても「これはどんな状況での演出に使えるかな」が私がものごとを見るときの根本原理になっている「気がします」。

演出ありきで、その中に、「じゃあ、どのような演技にしようかな」が来る。どのような訴え方をしたいか、お客様に何をどのようにお渡しできるか、が演出。そのうえで、じゃあ、どのような演技にしようかな、があるのです。

俳優たちも演出家視点を持つ人は、演技がすばらしく良いのです。
演出するとき、さまざまな演出にスイスイとついてくる。

それを見て、僻み体質の人は「あの人の演技はブレている、あの人の演出はブレている」と言います。でもそれは違います。演技も演出も、オープニングの日に向けて、さまざまな実験を柔軟に繰り返していけるのが良いのです。

そんな風に、試行錯誤を繰り返しながらリハーサルを重ねてきた【シェイクスピア遊び語り第16弾『テンペスト:大嵐』】は、昨日、大きな撮影日でした。

いや〜みんなすごいよ。本当にすごい。
ZOOMで稽古しているわけです。もちろん、撮影も全部ZOOM。(どのように撮影しているかはまた後日)

で、俳優個々人の周りは、ご自分の部屋なのね。
話しかけている相手、話している人、はどこにもいないの。なのに、その人に対して、確実に見事なタイミングで反応している。

これ、実際にやってみるとよくわかるのですが、いないところに向かって、ZOOMの声だけ・息遣いだけを耳から聞いて反応するって、ものすごい、ものすごい、ものすご〜く高い技術なのです!!
ほんとにみんなすごい!!!

配信でのお届けです。が、配信のためのリアル撮影の日もありまして、(配信用録画会 3月30日・31日、全4回。各回同じ)それを実際に演劇のように観覧することもできます。
詳しくは下記の画像をクリック。

喋って英語「気持ち」6:その気になる

喋って英語「気持ち」5では、「気になる・気にならない」を取り上げました。

今日は、「その気になる・その気にならない」を考えましょう。

・その気になる & その気になれない

1「その気になる」

ワクワクして前向きに、ことにあたる準備ができた感じです。

I’m ready.
I will do it.
いいよ。
やるよ。

2 相手を「その気にさせる」時は:

I will make him do it.
その気にさせてみせる。

これは相手に行動を促す言い回しですね。

英語って、やっぱり、気持ちよりも行動がメインなんだなあ、と感じさせます。

ちなみに、
make 人 do
は、演技の基本中の基本。
相手をその気にさせることに、キャラクターたちは必死。
それがうまく書けている台本が、名作と言われます。

3「その気になれない」「その気にならない」

やらなくてはならないことをしたくない時、ですね。

I don’t feel like doing it.
I am not in the mood.

などでしょうか。

「その気になれない」のと「その気にならない」のの違いってなんでしょうね?

「その気になれない」ほうは、そこに誰かもう一人いて、その人がこの人に対して、その気になるように一所懸命させ向けている感じかな。そして、話者は、「その気になれない」ことにちょっとした罪悪感を感じているような・・・

Sorry, I just cannot feel like doing that.

「その気にならない」ほうは、そこに誰もいなくても、話者だけで成立する感じ? それに話者は誰に対しても罪悪感を感じておらず、ただ、それはもういらないや、と思っているだけ、のような・・・

I don’t feel like doing that and I don’t care.

ですね。

次回は、気が乗らない・気乗りする を取り上げてみましょう。


【Live Interaction】

最近、その気になったことはなんですか?


私ね、昨日撮影が始まった『テンペスト:大嵐』をみなさんにお見せするのがとっても楽しみ。もちろん私も出演します。
でも、私自身は長いこと、自分は人前に出てはいけないし、その価値もないし、と思っていたの。

ところがある日、歌でも歌ってよ、と「その気にさせられ」て、シェイクスピア遊び語りを始めたのです。

その気になるって、本当に大事です!!
その気にさせてくれる人がいることもとっても大事!

お互いに、そばにいる人を、上昇する階段へ一歩導きあえるのが、本当に素晴らしいコミュニケーションの根本なのかもしれません。


『テンペスト;大嵐』も、キャラクターたちは、自分が見込んだ相手を「その気にさせる」ことに意識を集中しています。だって、さもないと、彼らの人生は終わってしまうから。

俳優たちは素晴らしい演技でそれをやってのけてくれています。

絶海の孤島で繰り広げられる、美しく厳しく笑い転げる物語『テンペスト:大嵐』
配信でお届けします。詳しくは画像をクリック

喋って英語「気持ち」5:気になる

喋って英語「気持ち」4では、「気が付く・気が付かない」を取り上げました。

今日は、「気になる・気にならない」を考えましょう。

・どうも気になる & べつに気にならない

1「どうも気になる」

ある事柄や人のことが意識に登ってきて危険信号を発するような感じ、またはそこから意識を外せない感じですね。

I cannot but thinking of it.
そのことを考えるのをやめられない。
そのことばかり考えている。

The notion (or the presence) does not leave my mind.
そのことが頭から離れない。

もう一つの意味は、
「あの人のことが気になって仕方がない」
好意の気持ちが生まれ始めた頃の言い方です。

これも、先に挙げた

I cannot but thinking of him.
I cannot stop thinking of him.

・・・うーん、英語だとちょっと強いですよね。
日本語的な「なんとなく気になる」感って、どうしたら出せるんでしょう?

もしもこの英語が台本に出てきたら、私なら
「もう彼のことが頭から離れなくって」
と、彼のことをかなり好きでいる状態を訳してしまいそうです。

I cannot take my mind off the N. (Nは名詞)
意識をそこから外せない。

などはどうでしょう。

2「別に気にならない」

気にしない、と似た意味ですから、このシリーズの3でお伝えした通り、

I don’t mind.

です。
ちなみに、似たような表現の

I don’t care.

これはめちゃくちゃ強い表現なので、普通は使ってはいけません。「カンケーねーし」「どーでもいー」の、かなり相手を嫌っていて関係を持ちたくない版です。ほんとに使っちゃだめ。

次回は、「その気になる・その気になれない」を取り上げてみましょう。今回はただの「気になる」でしたが、それとの違いがある日本語ってすごすぎる。

【Live Interaction】

今日は何が気になりますか?

というわけで、わたしが気になっているのは、出演する俳優たちを撮影する日が今日だということ。

絶海の孤島で繰り広げられるラブロマンスと復讐劇と、裏切りと、コメディと、つまり、シェイクスピアのあらゆる要素がわんさを詰め込まれた『テンペスト』

さすがにシェイクスピアの最後の作品群のことだけはあります。あらゆるシェイクスピアらしさが詰まっています。

それを、遊び語りとして映像作品にするのです。とにかく楽しい、おもしろい、そして何よりも、全員、まいったね、というくらいうまい!
詳しくは下の画像をクリック。