漢字のせい?

〜魔法と剣と権謀術数、シェイクスピアの『テンペスト』はワクワクする物語。その楽しみ方がよくわかる『何がすごいの?テンペスト!』2月21日17時からライブ配信〜

漢字のせい?

昔から悩んでいることがあるのです。

演劇って言葉、漢字が難しいからなんかとっつきにくいのでは?

英語をカタカナにしているオペラ、バレエ、ミュージカルはなんだかおしゃれで素敵なのに。

戯曲という言葉だって、どんどん特殊用語になっていくのは漢字が難しいからでは・・・?

漢字のすごさ

でも漢字ってすごいんですよ。

これは、元々は激しい「激」と同じだったと聞いています。
つくりの部分は、虎の頭と豚のボディを持つ、空想上の非常に強い獣。部首の部分は、剣を表します。↓空想の獣が剣を持って激しく争う様。

で、それを人間のために表現できるのは、人間だけですよね。

で、人間が、通常以上に異様な状態になり、激しく争う(激しく争うだけでもかなり非日常です)のを、人のためにやってみせる(演じる)のが、演劇というわけ。

すごくないですか?この漢字一文字のなかに含まれるさまざまな意味!

みんな、もっと漢字を楽しむといいのにな。
書きづらいかもしれないけれど、最近はスマホで「えんげき」と打ち込むだけでOKなので!

演劇

まともな人間が日常では我慢していることを、どうにも我慢できなくなった人がついに行動に出る瞬間。

それを私たちに見せてくれるのが演劇。

シェイクスピアの戯曲『テンペスト』も、逆境・苦境を我慢している人が、ついに我慢できなくなって行動に出る瞬間。そのフラストレーションの心は、誰もが共感すると思います。

その面白さをとことん伝える『何がすごいの?テンペスト』は2月21日、17時からライブ配信。ライブでご覧になれなくても、録画配信がありますので、安心して申し込んでください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA