世界の演劇ってすごすぎる!

ITI世界大会2日目

【Action 目的】
YouTubeでも出会えない、こんな国のこんな舞台

【Live Interaction】
国際演劇協会の特別世界大会がZOOM配信中。
昨夜は2日目。
で、14カ国の代表が発表。
他にも、ニューテクノロジーを駆使した音楽と美術と舞台の融合を図る部門や、出版部、評論部、など演劇芸術に関わる様々なITI関連部門からの発表もありました。

私たち、演劇と聞くと、アメリカとイギリスを想像すると思いますが、もちろん、どの国・どの民族も演劇を持っています。
この世界大会で、各国・各地域の代表が己の演劇を紹介する見事な動画を作ってきて発表するのですが、これを観ていると、アメリカが霞んでしまうくらい、どの国もどの地域も素晴らしく独創的で豊かな演劇を持っていることがわかります。

スピーカーが話をする大会ではなく、プレゼンターが自国の演劇を紹介する作りになっているので、言葉がわからなくても感覚的に「おお!」という発見がたくさんあると思いますの。

今夜は3日目。
さらに15カ国ほどど、ITI関連の演劇芸術の様々な部門の発表が予定されています。
バレエやオペラももちろん入っています。

私の登壇は13日(明日)です。

日本時間夜10時から。
今日はどの国の話が聞けるかな?
http://iti-congress.org/day3.html

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA