「なに」のために何が必要かと言うと

コ・コロナ時代のインタラクションで、離れていても交流を豊かにしていきましょう。俳優訓練(アクター・トレーニング)は、日常にもとても役に立ちます。

なんだかうまくいかないなあ、と不安と心配に悩む時期は誰もが持ったことがあるでしょうし、もしかしたら、あなたが今その状態かもしれません。

そんなとき、自分探しやセラピー、コーチングなどで、自分自身の行動を見直してみるのはとても良いことです。

が、「自分自身」を研究対象にするのはとても難しいのです。まして、それを元にして変化させるなんて!

そこでお勧めなのが、物語と、そこに登場するキャラクターとを使う方法です。

え、それは、台本を読み、演じてみる、と言うことですか?

そう! 

・・・というよりも、台本を読み、演じてみる方法を使うことにより、客観的に自分について考えることになるのです、なんとなく、自然に。

アニメや映画を見て、「自分の場合はなあ・・・」と思うことがよくありますでしょう? あれです。

7月は、オンラインの演技ワークショップを3回開くのですが、そこで台本(短い15分くらいのもの、でもめちゃくちゃ笑える面白い本)を参加者で朗読形式で演じてみます。

よかったら、下記の文字列をクリックして、ぜひ詳細を覗いてみてください。

7月のワークショップ詳細


さて、物語を演じるために必要な「なに」。

この「なに」を演じるために、それこそ何が必要なのでしょう?

【WHAT 目的】
「なに」を演じるために、何が必要なのか、知りたい。

【OBSTACLE 障害】
「いつ(時代)」とか「どこ(場所)」、そして「だれ(私は何者か)」は、キャラクター作りのために必要なことですよね。

で、「私の演じるキャラクター」が、何がしたいのか、までを読み取ったら、えーと・・・ 

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
「なぜ」それがしたいのかを見つける。

【Live Interaction】
台本から、そのキャラクターが「何がしたいのか」を見つけたら、次は「なぜ、それがしたいのか」がわかると、動機付けができます。

心の中に、行動のための動機を持つことで、演技にリアリティが生まれますよ。

そう、「うまい俳優」への大きな一歩です。

動機「なぜ」は、結構、いろいろあります。

水が飲みたい 喉が乾いたから
水が飲みたい 汗をかいたから
水が飲みたい 緊張したから
水が飲みたい 気分をシャキッとさせたいから

などなど。

しかも、「喉が乾いたから」にでさえ、
喋りすぎたから、
塩辛いものを食べたから、
丸一日砂漠にいたから、
など、「なぜ」はさらに多岐に渡ります。

面白いでしょう!

どれだけ演技の幅と可能性があるんだ、とワクワクしますね。

ま、実際は、台本に理由・動機「なぜ」が書かれていることが多いので、それを読み取りますから、選択肢は二つくらい、多くても三つまでのことが多いです。

7月のワークショップで、台本から動機「なぜ」を探してみませんか? 
心の中を読み取れるようになるので、これからドラマや映画やアニメを見る時にも、面白さが倍増しますよ。

7月のワークショップ詳細は下記の文字列をクリックしてご覧いただけます。

すごく面白い7月のオンライン演技ワークショップについて知りたい

ロミオの四肢はどうなっているのか、本人もよくわからないらしいです。

何気ない会話に潜む謎

前回の記事で、演技をするには
「なに」を見つけるのが最重要だ
とお伝えしました。

つまり「なにがしたいのか」を見つけるのです。

【WHAT 目的】
「なにがしたいのか」を見つけたい

【OBSTACLE 障害】
そんなこと言われても、何がしたいなんてのは、
その人が言う言葉通りだろうし。

何がしたい、なんて、いちいち深く考えないものだし。

見つけられるの?
見つけられないと思うけど。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
そのことばをなぜ言ったのか、想像する。

【Live Interaction】
前回、日常生活でも、何気ない会話にも
「何がしたいのか」があるから見つけてみるように
と申しましたが、

やってみましたか?

「お昼食べに行かない?」の一言にも
「仕事を頼みたい・お金を借りたい・
恋話をしたい・愚痴を聞いてもらいたい・
仕事を変わってもらいたい・ある人の情報を引き出したい」
などの目的が隠れているものです。

でしょ?

「雨ばかり降るねー」の一言にも

「いつ洗濯しようかな」と考えているなら、
心の中には「洗濯がしたい」という
目的があると言えます。

あるいは

「走りに行けないや」と考えているなら、
心の中には
「体のメンテナンスをちゃんとやって
体力が落ちないようにしたい」
という目的があると言えるのです。

何気ない日常会話の底を流れる
「したいこと」。

これを見つけるのは、すごく楽しい作業です。
ぜひやってみてください。

私と一緒に見つけてみたいかたは、
7月のオンライン演技ワークショップがあります。

何気ない一言の内で何を考えているか、
それが見事に織り成されている戯曲を
とりあげます。

日本を代表する昭和の劇作家、岸田國士の作品です。

実は私、劇団昴に入ってすぐの頃、
戯曲の読み方も知らなかった頃は、
岸田國士はなんてつまらない、
馬鹿馬鹿しい、歯の根が浮くような作品だ
と思っていました。
これのどこがいいの?と。

あわわ・・・
・・・知らない、って、恐ろしいですね。

その数年後にイギリスでスタニスラフスキーの
読解方法を知って、それから後は、
あらゆる戯曲が、つまらないとは
言えなくなりました。

言葉の内に垣間見える隠された深層心理、
会話の底に流れる深層心理のバトル。

7月のワークショップでは、
岸田國士の短編戯曲をみんなで読みながら、
何気ない日常会話の中にある
「何がしたいのか」
を探してみましょう。

そうすると、
あ!演技とはこれか!
というのがとてもよくわかり、
ぐんぐん演じられるようになりますよ。

興味のあるかたは、ぜひ、こちらをご覧ください。

7月のワークショップ詳細