バレエの表現力を伸ばす練習5ヶ条

【WHAT 目的】
バレエの表現力のために必要なことをザッと見たい

【OBSTACLE 障害】
感性や心などが大事なのは知っているが・・・

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
感性や心を育て、それを表現するための具体的な方法を使う。

はい、それで?

【Live Interaction】
感性や心を育て、
それを実際に舞台上で
バレエの踊りを使って表現する
ためには、ザッと、次の5つのことが必要です。

  1. まず、自分自身の感性や心を育てる具体的な練習方法をやりましょう。
  2. しばらく それをしてから、今度はそれを表現するための練習をします。
  3. それらに慣れてきたら、より深く台本を読み込んでいく練習をします。
  4. 最後に、物語のキャラクターが感じる心のままに演者の心が動いていけるよう、練習します。
  5. また同時に、特徴のあるキャラクターの種類を個別に練習しておきます。

上記の3番に関しては、これより前にお伝えしてきた5W1Hなどを使うので、ブログでまとめて読んでおきたい人は読んでおきましょう。が、バレエに特化した台本の読み方として、またその時期になったら改めて紹介します。

5W1Hのブログ記事
「リアルな演技の極めてシンプルなコツ33」

それでは、次の記事では、感性を育てる具体的な練習方法を紹介していきますね! すごく役に立つので、楽しみにしていてください。

2020年8月は、感性を育てるワークショップを行います。

8月5日(水)11:00~13:00
8月8日(土)11:00~13:00
8月10日(月)20:00-22:00(この日だけ夜です)
8月11日(火)11:00~13:00

よかったらぜひ、覗きにきてくださいな。

詳細をご希望の方は、この文字列をクリックしてください

バレエの表現を豊かにするのは、これ

【WHAT 目的】
バレエの表現を豊かにするための方法を知りたい

【OBSTACLE 障害】
そういうものを特に習ったことがない。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
演劇の俳優訓練を使う

はぁ?

【Live Interaction】
私が新国立劇場のバレエ研修所(以下、研修所)で教え始めたきっかけは、牧阿佐美先生が
「海外のバレエ学校では演劇の授業が必ずある、だから日本でも」
とのお考えからでした。

バレエの爪先が云々 の問題とは別に、
心から溢れ出る表現力
をつけるために、
海外の主なバレエ学校では演劇の俳優訓練を用いています。

どんなことをやっているのか、やるべきなのか。

わたしが研修所で教えてきたことと、その後にさらに学んだこと、海外の最近の様子なども併せて、紹介していきますね。

2020年8月は、感性を育てるワークショップを行います。

8月5日(水)11:00~13:00
8月8日(土)11:00~13:00
8月10日(月)20:00-22:00(この日だけ夜です)
8月11日(火)11:00~13:00

よかったらぜひ、覗きにきてくださいな。

詳細をご希望の方は、この文字列をクリックしてください

言葉を使わない演技なら

2020年8月は、感性を育てるワークショップを行います。

8月5日(水)11:00~13:00
8月8日(土)11:00~13:00
8月10日(月)20:00-22:00(この日だけ夜です)
8月11日(火)11:00~13:00

よかったらぜひ、覗きにきてくださいな。

詳細をご希望の方は、この文字列をクリックしてください

台本をどう演技に活かすのか

ここのところ、台本を演じるための
「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように、達成しようとしているのか」
をお伝えしてきました。

これらは有料講座で教えている内容で、これがもとになる俳優訓練講座、演出家講座もあります。
が、コ・コロナで収入の見通しもなかなか立たない時代になってきたのを感じ、

ひとりでも多くの人たちの夢を助けたいと思い、

できるだけ丁寧に、ブログ(とメルマガ)でお伝えしてきました。

どうぞ お役に立ててください。

これで一人でも多くの人が、俳優としてやるべきことを深め、感動を届ける素晴らしい職業に進んでいっていただければ、これほど嬉しいことはありません。

内容をあらためてご覧になりたいかたはこちら

リアルな演技極めてシンプルなコツ33

言葉を使わない舞台芸術をも教えてきた流れ

私がお伝えしている演技術は、
せりふ劇の俳優のためだけではありません。

バレエやオペラといった、いわゆる話し言葉をつかわない舞台芸術のパフォーマーにも通用します。

さらに申しますと、楽器演奏者にさえ、喜ばれています。

私は長らく新国立劇場のバレエ研修所とオペラ研修所の演技講師も勤めてきました。

在外研修から戻ってすぐに新国立劇場がオープンし、続いて研修所が作られ、世界レベルで活躍できるバレエとオペラのパフォーマーを輩出しようとの理想のもと、本当にありがたいことにお声がけを頂いたのです。

文化庁から送られた在外研修でのイギリス時代に、ロイヤル・オペラハウスで演出研修を受けたことが評価されたのでしょう。

オペラは言語を使いますから、教え方の見当はついていましたが、バレエに関しては、言葉を使わないのにどうやって演技を教えるべきか、右も左もわからぬ状態でした。

が、初代芸術監督の牧阿佐美先生と、当時のバレエ研修所主任の豊川美恵子先生のお力添えと的確なアドバイスで、バレエ研修生に演劇の台本を使いながら舞台の上での心理表現を教えていきました。

いま、バレエ団で活躍しているダンサーたちが少しでも研修所時代の演劇のクラスを憶えているなら、本当に嬉しいことだと思っています。

言葉を使わないパフォーマーをさらに伸ばす あること

先日、ひょんなことから、バレエのための演技表現がもっと日本全国的に必要なのではないかと考えていらっしゃる方々とお話をする機会がありました。

それで、バレエ研修所で行っていた授業のことが もしかしたらお役に立つのかもしれないこと、そして、まだ自分でもそれについてまとめていなかったことに気がつきました。

それをまとめがてら、これからしばらく、バレエのための演技表現についてお伝えしていこうと思います。

良かったら、気になる方にこの記事をシェアして差し上げてください。

【今週のライブインタラクション】

言葉のない演技表現について考えてみよう

リアルな演技の極めてシンプルなコツ33

2020年6月12日から約1ヶ月に亘り、リアルな演技をするために台本読解をどう役立てるか、をお話ししてきました。今日はそのまとめです。

究極的には、とてもシンプル。

いつ どこで 誰が 何を なぜ どのように
& 
敵は?

これに尽きます。

演技をするとき、台本から次の項目をチェックしましょう。

  • いつ のこと?
  • どこで のこと?
  • 誰が のこと?
  • 何を 達成しようとしているの?(目的は?)
  • なぜ それがしたいの?(理由は?)
  • どのように それを達成しようとしているの?(方法)
  • それを邪魔する敵は?(障害)

いつ、どこで、誰が、は
知識の積み重ねです。
なんでもかんでも知識として脳内に蓄えていくように生きましょう。

誰が、何を、なぜ、どのように、は
台本読解です。
実際に書かれていることと、それに加えて想像力を駆使して、自由に遊び心で臨むのです。

一連の記事を目次にしました。
これからのあなたの演技表現の参考になれば嬉しいです!

<目次>

  1. 何をしたいですか?
  2. 5W1Hを憶えていますか?
  3. 「いつ」を知る
  4. 時代を知るとおもしろい
  5. 「いつ」が気分に与える影響
  6. 「どこ」であるかを意識する
  7. 「どこ」が行動に及ぼす影響
  8. 「どこ」はただの「場所」じゃない
  9. 「だれ」ですか?
  10. 身分や立場で行動を変える
  11. 「だれ」を好きか
  12. 好きでも嫌いでもなければ?
  13. キャラクター(登場人物)創造
  14. 何が大事って、それは何
  15. 何気ない会話に潜む謎
  16. 「なに」のために何が必要かと言うと
  17. 「なぜ」が読み取れると人生は面白くなる
  18. 今までの知識や想像を演技に置き換えるには?
  19. どうやって演じるのか
  20. 台本の入れ子構造を見抜こう
  21. 目的と方法を理解する
  22. 台本通りにやればいいんでしょ
  23. コメディの手法
  24. 演技は総合なんだよね
  25. キャラクターづくりと演技は似て非なるもの
  26. 敵は最高の味方1「台本読解をすべき本当の理由」
  27. 敵は最高の味方2「目的を阻む〇〇」
  28. 敵は最高の味方3「敵の種類を知れ」
  29. 敵は最高の味方4「攻略法は分類だ!」
  30. 敵は最高の味方5「外から来る〇〇」
  31. 敵は最高の味方6「内なる敵」
  32. 敵は最高の味方7「演技はこれに尽きる」
  33. 敵は最高の味方8「敵の目的こそパワーの源」

なぜ、私はこんなに記事を書くのでしょう?
答えは二つあります。

一つは、演技表現を身近に感じてもらい、趣味のように楽しんでもらいたいから。

そしてもう一つが、
日本からも世界レベルの俳優を輩出したいから。

いつかあなたと一緒に舞台に立てることを心から期待しています!

family eggs

2020年8月は、感性を育てるワークショップを行います。

8月5日(水)11:00~13:00
8月8日(土)11:00~13:00
8月10日(月)20:00-22:00(この日だけ夜です)
8月11日(火)11:00~13:00

よかったらぜひ、覗きにきてくださいな。

詳細をご希望の方は、この文字列をクリックしてください

感性を育てよう!

感性を育てるワークショップを開きます。

5月から開いている、毎月テーマを決めてのオンライン演技ワークショップ。
8月は、あなたが本来持っている感性を育てるワークショップになります。

新型コロナウィルスはますます予断を許さない日々になってきましたが、そのような中、ZOOMでオンライン演技ワークショップを開催しております。

これが ありがたいことに大変好評で、多くの方から喜びの声をいただいており、嬉しい限りです。

そこで 今月もZOOMオンラインワークショップを開催します。

今月のテーマは

【感性を育てるセンス・アクティング】!

なんらかの理由で表現力を発揮したいあなたなら、
あなたが本来お持ちの感性を 自由にはばたかせたい、
と思っているに違いありません。

けれど現代の私たちは いろいろな理由をつけて
心の奥底の地下牢に感性を閉じ込めてしまっているのです。

子供の頃は あんなにいろいろなことに感動していたのに、
今は、自分の感性がどこにあるのかも無視して、

振り付けどおりにやる、
楽譜通りにやる、
台本通りにやる、
演出家の言う通りにやる、

それが「表現」だと勘違いをしているパフォーマーの
なんと多いことか!

でも私は知っています。

あなたには、素晴らしい感性があるはずなのです。
それを眠らせておくのは本当にもったいない。

台詞や楽譜や振り付けを気にせず、
そこから一旦離れ、

あなた自身の感性を再び掘り起こしましょう。

水をやりましょう。
芽が出てくる喜びを感じましょう。

日常でもできる感性のエクササイズが英国の俳優訓練にあります。

少し試してみませんか?

詳細は、