カテゴリー
売れる俳優のレシピ

どうやって演じるのか?

コ・コロナ時代のインタラクションで、離れていても交流を豊かにするには、俳優訓練(アクター・トレーニング)!
日常にも教育にも仕事にも役に立ちます。

【WHAT 目的】
「なにを なぜ」がわかったらそれを「どうやって」演じるのかを思いつきたい

【OBSTACLE 障害】
「どうやって」は既に台本に書いてある。それ以外に何か思いつく必要があるのか?ないじゃないか。

もしも台本に書かれていなければ、そもそも思いつく必要があるのか?要らないという意味じゃないか。

 ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
「どうやって」演じるのかを思いつけばいいのです。

・・・はぁ?

【Live Interaction】
「どうやって」目的を達成するのか。

それこそが演技です。

この場面で何を達成しようとしているのか。

ならば、どうやってそれを達成するか、を思いつこうとするものです。

人間は目的を見つければそれを達成する方法を思いつくようにできているのですから、それが自然というものです。

台本に書いてあっても、書かれていなくても、「どうやって」を即座にたくさん思いつけるようになると、演技に深みが生まれて、

つまり、
演技のうまい、真に迫った俳優 になることができるのです。

ですから、「どうやって」を思いつく練習をしましょう。

お腹が空いた(Why なぜ)から、
食べよう(What なに)、
ならば、
ラーメンを作ろう(How どうやって)。

注意:
この段階では
「どうやって目的を達成するか」
を考えるのです。
「どうやってラーメンを作ろうか」
ではありません。

次回の記事でもう少し深く解説しますね。

ついに観客の目に触れる「実際に起こす行動」の話に入りました。

キャラクターが「どうやって」を駆使する演技ワークショップを7月に3回行うので、よかったら一緒にやりませんか?

下記の日程のいずれかをお選びいただけます。複数回の参加ももちろん大歓迎!

7月8日(水)11:00~13:00
7月14日(火)11:00~13:00
7月18日(土)11:00~13:00

詳細はこちらをご覧ください。
https://club.elicamiwa.com/ws/93/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA