カテゴリー
売れる俳優のレシピ

好きでも嫌いでもなければ?

新型コロナウィルスとの共存コ・コロナ時代のインタラクション、5W1Hから、最も重要な要素をさらに効果的に使う方法をお伝えします。

【WHAT 目的】
「好き」の効果的な使い方があるなら知りたい

【OBSTACLE 障害】
「好き」でも嫌いでもない相手には使えないではないか。

ど、どうすればいいのだ?

【HOW 方法】
温度計を作る

【Live Interaction】
温度計は、ゼロを起点に、上下にメモリがついていますね。

それと同じに、
ふつうの、大して好きでも嫌いでもない気持ちをニュートラルの「ゼロ」におき、プラス・マイナスで、好きと嫌いのメモリを作ってみましょう。

この人にはプラス1、この場所はマイナス2、などと決めて使います。

飽きたら変えればいいのです。

話し始めた時はプラス2だったのに、途中でマイナス1になった、などの使い方もできます。

日常でも無意識のうちに使っていますから、一度、意識してみるといいでしょう。

そして、舞台・映像作品の中で、あなたの演じるキャラクターが、それぞれの人、もの、場所にたいしてどのスケール(温度計のメモリ)を使っているかを想像してください。

例えば、ロシアのチェーホフの戯曲『三人姉妹』では、おじいさんが、ある置き時計が壊れてしまったのを嘆く場面があります。その置き時計はおじいさんにとって、プラス5にも値する大事なものなのです。

次回は、「だれ」のテーマに戻りまして、キャラクターの個性の作り方をご紹介します。

キャラクター創造は本当に面白い。


三輪えり花の演劇塾ELICASMでは、著書『英国の演技術』と『シェイクスピアの演技術』を併せて、どんな表現でも軽々とできるようになるたくさんのレッスンを用意しています。
興味のある方は、まずは無料登録から。
https://elicasm.com/ent/e/WWLssPhCFXpjR3wQ/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA