カテゴリー
Blog in JAPANESE MLJ PRO-Artist

Knowing is Fulfilling

シェイクスピア遊び語り第16弾は『テンペスト』。

シェイクスピアは、イギリスのお芝居書く人ね。
いま456歳。

『テンペスト』は彼が書いた最後の作品とも言われてる。
ちょうど徳川家康が天下統一を果たそうとする頃の作品です。

で、このように解説を書くと、遊び語りでしゃべることがなくなっちゃうんだな。

何しろ、シェイクスピア遊び語りというのは、
言ってみれば、「なるほど!ザ・ワールド」とか
「世界ふしぎ発見」のような、
人間の好奇心をくすぐる公演スタイルなのだ。

なので、公演では、シェイクスピアがどんなおバカな人だったか(そしてなぜすごいと言われているのか)、
『テンペスト』に隠された謎と苦悩、そして成功、
などなどをお話しするのです。

しかも、ただのお話ではなく、
このせりふはこんな裏があるんですよ〜、
では、そのつもりで聞いてください、

名場面を俳優たちが演読してくれるんだ。

どんな音楽でも、絵でも、アニメでも、観光でも、

そのまま「すごい」「おもしろい」は確かにあるじゃない?

でも、でも、
その裏話や成り立ちを聞くと、もっと
「もっとすごい」「まじおもしろい」「感動!」
までいくものじゃない?

人間の知的好奇心は、想像力と一体化でね、
知ればそれだけおもしろく楽しめるわけ。

だからシェイクスピアのせりふも、
裏話やおもしろポイントを知ってから
せりふを聞くのは、
知らないで聞くのとは大違い!

ところが、ふつうにお芝居を上演しているときは
解説なんて入れられないでしょう?

それを助けてくれるのがパンフレットだけれど、
この台詞はここが面白い、
英語ではこう言っているから音に表してみた、
なんていちいち書けないじゃない?

そこで!

このシェイクスピア遊び語りです。

なぜか分かりませんが、
それこそ、一番の謎なのかも知れませんが、

遊び語りのスタイルは、
なるほど解説と場面演読のバランスが絶妙で、
レクチャーでもあるのに、
終わってからの感動があるというのです!!

遊び語りには特別な魅力がある。

そのシェイクスピア遊び語りも開催10年をすぎました!!

わー、びっくり。光陰矢の如し。

なので、今回はコアメンバー以外を
公募で集めるよ。

ワークショップ形式なので、公演は出られないし、オーディションというのも怖いけど、演技を少しみてもらえるなら、と思っている方も大歓迎。

もちろん、本気で遊び語りに一緒に出演して魅力を吸い込みたい人、ぜひいらしてください。

ワークショップ・オーディションは人数制限があります。
これを書いている時点で半分ほど埋まっています。

ワークショップ・オーディションの情報はこちらから、メールアドレス登録でお願いいたします。
(悪戯や物見遊山を防ぎ、本当に興味のある方だけにお届けする方針ですので、ご協力くださいませ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA