三輪えり花のお送りするトラベリング・シェイクスピア。
シェイクスピアの生まれ故郷、Stratford-upon-Avon エイヴォン川畔のストラトフォードを、ロイヤルシェイクスピア劇場とともにご紹介します。

とっても美しいストラトフォード。
初めての日帰りコースでした。

朝8時半 
ロンドンのヴィクトリアコーチステーション出発。

午前11時 
ストラトフォードのバスターミナル到着。お昼食べて

13時 
観劇。シェイクスピアものなので、3時間かかります。

ショップでお買い物たくさんして17時ごろ お茶。

18時のバスでロンドンへ戻ります。

わたしは何度もここへきているので、観劇だけでよかったのですが、初めて訪れる人には、ぜひ泊まりがけで、いろいろやっていただきたい。

  1. まあ芝居は見るよね。
  2. もう一つの小さい劇場で夜公演を見る(こっちのほうが面白かったりする)
  3. シェイクスピアの誕生したお宅を訪れる一連のツアーに参加する。
    シェイクスピアの生まれたベッドを見られるよ。
  4. シェイクスピアの生きていた街を散策する。
    通っていた小学校も現存します。
  5. 16世紀当時のくらしがよくわかる邸宅が3軒ほど訪問できるので、行く
  6. シェイクスピアが洗礼を受け、結婚し、お葬式をして埋葬されている聖トリニティ教会を訪ねる
  7. エイヴォン川でボートに乗る
  8. シェイクスピアの奥さんのアン・ハサウェイの実家を訪ねる。
    16世紀当時のハーブガーデンに見られる豪農のお宅です。
    シェイクスピアがアンにプロポーズしたであろうベンチもあるよ。
    それから、シェイクスピアが遺書で書いた、「妻には新婚のベッドを贈る」のベッドがあるのだ!
  9. アン・ハサウェイのおじさんちを訪ねる。
    16世期当時の豪農の暮らしがよくわかる。
  10. 劇場の天辺のレストランでランチする
  11. この動画にあるフィッシュアンドチップスのカフェで食べる
  12. この土地ならではのイングリッシュティータイムを満喫する(イングリッシュ・ティーは基本的には同じですが、クリームの作り方やスコーンなど、結構、地方色があるのです)

こんなところでしょうか。

そして・・・

13  脚を伸ばして、隣町のウォリック城を見る。
拷問部屋ツアーが最高です。
ここも丸一日いて飽きないよ。
鷹狩のデモンストレーションがあったりして、16世期イングランドの城と騎士のくらしがわかるんだ。

さらに・・・

14  車を借りて、コツワルズ一帯をドライブしましょう。
はっきり言って、各村で一泊ずつしたいくらいです。
・・・どうしても、というなら、うーん、 ブロードウェイという村か、キャッスル・クームか・・・。お城のような貴族の邸宅(マナーハウス Manor House)も泊まれるのでねえ・。・・うーん。
1年間、いろいろ泊まり歩いても飽きないと思います。

おー、イングランド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。