三輪えり花です。

演出家・俳優として過ごせる幸せを感じる日々です。

演劇という大好きな分野で仕事をするスタイルで生きていますが、それもこれも、実はシェイクスピアのおかげなのです。

そもそも私は大学時代にカナダに留学したとき、演劇が人間の人となりを作り上げるのに、これほど役に立つのか!と驚きの発見をしました。

それがきっかけでロンドン大学の大学院に進み、本場でシェイクスピアに触れたことで、一気に人生が回り出したのです。

それはまさに

シェイクスピアが人生を支えてくれる生活

です。

私は演出家として劇団昴に所属するところから、演劇生活をスタートしました。

けれどシェイクスピアをよく知る前は、

台本をどう扱って良いのか、
どんな演技が「良い」演技なのか、

よくわからなかったのです。

たとえば

「良いと言われるもの」イコール
「古臭くてつまらない」

のか

「良いと言われるもの」イコール
「新しくて周りには理解されない」

のか

「良い」イコール
「日常レベルで自然」

なのか

「良い」イコール
「大きな声で感情を爆発させる」

なのか
・・・といった問題です。

ところが、シェイクスピアをよく知るようになってからは、そのあたりが明快にわかるようになりました。

そこから私の作る作品の質が上がり、結果として今の生活スタイルがついてくるようになったのです。

おまけにシェイクスピアの数々の名せりふは

発語するだけで、

なんだか力が湧いてくる、
心が動く感動がある。

だから辛い時も
シェイクスピアの言葉によって
気持ちを整理できて
先へ進める、

そんなことも度々。

まさに
表現者としても、
また
一人間としても、

シェイクスピアが人生を支えてくれる生活です。

シェイクスピアをよく知ることは

表現者にとっては
表現力がどんどん伸びること。

一人間にとっては
人生そのものが楽しめるようになること。

・・・ではないかと思っています。

そして、それは、表現者の視点からシェイクスピアを捉えてみる
ことで初めて可能になるのです。

最近の日本でのシェイクスピア上演は、
なんでもあり!
で、意欲的で実験的な演出も多いのは素晴らしいことだと思っています。

けれど、もしもそこに

実験や先鋭的なアイディアを裏打ちする
確固たる知識と技術

が加われば、

それらはどれほどさらに素晴らしいものになるでしょう!

また、一人間にとっても、実際にシェイクスピアの言葉を、自分のこととして口の端に登らせることができれば、

それはどれほどその人を勇気付け、その人の人生を豊かにしてくれることでしょう!

世の中に出回っているシェイクスピア関連の書籍は、すばらしいものばかりで、私も常にたくさん勉強しています。

が、

書籍で学ぶと、どうしても、どちらかというと文学として学ぶ、
教養として頭脳で情報をインプットすることが主体になってしまいます。

すると、
いざそれを実際に演じて、ことばとして発する段になると

「さてどうして良いのかわからない・・・」

そんな状況に陥っている人たちから、私はたびたび「どうすればいいんでしょう」との質問を受けてきたものです。

私は表現者として、演じる・演出するという観点から、シェイクスピアを学んできました。

だからこそ、シェイクスピアの大きさと深さを体感し、

その結果、

好きな演劇を仕事にし、
かつ人様のお役に立ちながら、
自分のペースで自分の人生を生きる、

という今のライフスタイルが可能になったのです。

そう。

表現者の視点から接することで、
それまで、

なんとなくストーリーを楽しむ、
なんとなくこんな感じで捉える、

なんとなくすごいけれど、
なんとなくわからない

であったものが、

こうすれば楽しめる、
だからそうなのか!

なるほどおもしろい!
おお、わかるわかる!

そんな意味があったなんて・・・
まるで私自身だ・・・

といった経験を、頭脳レベルだけではなく、身体感覚もふくめた全身での体験として感じられ、

つまり実感としてシェイクスピアの作品を、自分のものとすることができるようになるのです。

そうすると表現者としても、一人間としても、より満足のいく自分らしい人生を進んでいくことができるのです。

話が飛びすぎだ、と思われるかもしれませんので、まとめますね。

表現者にとっては演技力・演出力が上がる。

よって、良い仕事が自信をもってできるようになる。

よって、長い人生に渡って仕事が来るような表現者になれる。

一人間にとっては、シェイクスピアを体感することで、満足感や充足感が生まれる。

よって、毎日をより豊かに、自分らしく生きる気持ちになれる。

さらに!

シェイクスピアの言葉を体感することで、
呼吸や発声がよくなる。

よって、人前での表現力と自信がつく。
よって、周りの人や仕事との関係がずっと良くなる。

という段階を踏めるわけです。

こんな段階を踏むためにも、シェイクスピアを良く知ってみたい
と思いませんか?

そこで、
わたしが20年以上かけて手に入れてきた、

シェイクスピアの演技術と演出術の全てを体感できる
ワーク満載の書籍を出版しました。

それが『シェイクスピアの演技術』(玉川大学出版部)です。

せっかく出版するのですから
興味のある皆さんには
その本の中身をとことん
活用し、文字通り
使い倒していただきたい!
と思っています。

そこで!

『シェイクスピアの演技術』のエッセンスをギュッと絞り込んだ
わかりやすい演技・演出ワークシートを作りました。

題して
【シェイクスピアの演技・演出チェックポイントシート】
です。

このシートを【無料】でプレゼントしますので、
ぜひ受け取ってください。

使い方もお教えしていきますので
楽しみにしていてくださいね!

ダウンロードはこちらです。

シェイクスピアの演技術クラスの詳細を見たい

このシートは近いうちに有料で販売していきますが、期間限定で、今なら無料でプレゼントします。

ぜひ、こんな方にもこのお知らせを転送して紹介してあげてくださいね。

▼こんな友人がいたら教えてあげてください

  • シェイクスピアが好きな人
  • 俳優
  • 演出家
  • 絵を描く人
  • 踊る人
  • 歌う人
  • 経営者
  • 教師(理数系・文学系。案外理数系に必要だったりする)
  • 営業・受付など対人関係の多い仕事
  • ブレイクスルーを起こしたいと思っている人(引きこもりがち・友達が少ないなどを悩んでいる)
  • 人生の転機を迎えた人(誕生日・離職・転職・結婚・お子さんやお孫さんの節目など)
  • 悲しいことがあった人(離別・病気・失恋など)
  • 仕事だけの人生ではなく、豊かな毎日を作りたい人

シェイクスピアの演技術クラスの詳細を見たい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。