チームを伸ばす秘訣7 Building a Team 7

技術が追いつかない人、自分で良い悪いの差がわからない人がチームにいる場合、その人たちの良い点をできるだけ繊細に拾ってあげて、その部分を拍手で応援してあげると良いのです。

が、自分勝手な人や、自分はできると思い込んでいる人がそれを見ると、なんであんな下手なやつを褒めるんだ、先生は見る目がないのか、と先生の力量を疑う危険が出てきます。

と連載してきました。

先生の力量が疑われてしまったら?

その場合、先生側の取る手段はふたつ。

1 放っておく。
2 先を行っていると思い込んでいるメンバーだけの時間を持つ。

私はどちらかというと、放っておく派です。

自分勝手で、自分を見る目も、他人を思いやる目も持たない人は、どっちにしろ、伸びません。

ただ、彼らを放っておくと、グループ内の空気が投げやりになる危険が、またも出てきます。

さて、どうしましょう?

【今日のライブインタラクション】

少し上をいく人たちの不満をどう解消しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。