理想体重とは

体重と理想の見た目はあまり関係がありません。
体重を減らすよりも、自分の満足のいく理想の見た目に近づけるように考え方を変えてみましょう。
その過程のひとつの目安として体重があるだけです。

何が効くのか

全体にムチムチしている感じがあるなら、呼吸を意識的に動かして心拍数を上げるタイプのエクササイズがおすすめです。
リズミカルに歩く、走る。日焼け止めや着替えなどが面倒で、外に出るのが嫌いな私は、家庭室内用トランポリンを愛用しています。

動くのが一番苦手な人へ

とはいえ、
つい太ってしまって理想の見た目から外れてしまった人は、動くのが苦手な場合が多い。
苦手なことをしろ、と言われても長続きしませんよね。
そもそも動くのが苦手で太り、太ったからますます動くのが苦手になる、の悪循環。

まずは、この悪循環を断ち切ります。

いつやるのか

 少し汗をかいてゼエハアしたらすぐに休める状況、例えば寝る前などに少しずつ、軽く疲れてみましょう。
知っています、寝る直前の運動はあまり奨励されないですよね。
 でも、私はすぐに疲れてしまい、動くとそのあと何もできなくなってしまう体育の苦手な子供でしたし、今でもそうですから、ホントに少しずつ、疲れたらいつでも休める状況、例えば寝る直前などにトレーニングをしています。

【今日のライブインタラクション】

あなたのトレーニングはなんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。