アラブ演劇祭の視察でエジプトのカイロに来ています。

ナイル河の夜景

世界史は大好きだったけれど、無知な私にとって、アラブといえばイスラム教のイメージ。

イスラム教は厳格なコーランの教えで、女性の自由がない、言論の自由がない、の二大不自由世界だという先入観を持っています。

でも演劇に限らず芸術は、現状への抗議と問題定義があってこそ。
(芸術が芸術たる所以は、それを持ってして社会に何を訴えるかの精神性です。これに関しては別途いずれ)

イスラム世界で演劇は存在しうるのか?

それを確認しに行くアラブ演劇祭です。まずは外から眺めるのではなく、相手の懐に入って確認する。

めちゃめちゃ面白いアラブ演劇祭日誌はブログでご覧いただけます。https://elicamiwa.com/blog/2019/01/12/atf2019-1/

【今日のライブインタラクション】

相手の懐に入ってみる #プレゼンス #インタラクション


PS 毎年6月に行なっているシェイクスピア遊び語り公演の演目を知りたいという質問を頂いております。ありがとうございます。ほぼ決まっているのですが、まだ発表できる段階にありません。すごいことになりそうですよ。乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。