「何もないところからは何も生まれない」

シェイクスピアのリア王が三女のコーデリアに言った言葉。
原文は

Nothing will come of nothing. 

格言としての翻訳なら上記の
「何もないところからは何も生まれない」

台詞としての翻訳なら
「何も、からは何も出ないぞ」

というのは、
直前にコーデリアが
「何も nothing」
と言ったのに対しての答えなので、それでも通用するのです。

でも私が好きな考え方は、

From nothing into something.

「何も、から何かを作る」
または
「無から有へ」

これは瞑想と似ています。

まず空になって、そこから生まれてくるものを感じるような。


みなさま、今年一年、とてもお世話になりました。

 三輪えり花 (演出家・俳優・脚本家・翻訳家・教育家)、柴田一成(映画監督・脚本家)、父(元政治家)、
ペレラ奈津子(言語学博士)、亡き母(ラボテューター)2018年2月の節分  一家揃って公人です

素晴らしい出会いがありました。
わくわくする発展がありました。
出会ったひとりひとりのあなたのおかげです。

三輪えり花のこの一年は、ブログにまとめて新年に公開いたします。明日をお楽しみに!

それではどうぞ良い年をお迎えください。

今年のネガティブな経験をポジティブに捉え直して除夜の鐘に心を澄ませて過ごしましょう。

【今日のライブインタラクション】

心を空にしてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。