同じ祈りの中で

 We do pray for mercy,
And that same prayer doth teach us all to render
The deeds of mercy.

わたしたちは皆、情けを求めて祈る、
そしてその同じ祈りの中でわたしたちはお互いに
情深い行いを施し合うことを学ぶのです。

『ヴェニスの商人』ポーシャの科白の続きです。

キリスト教徒とユダヤ教徒の積年のいがみ合いが、既にシェイクスピアの時代にあったのですが、シェイクスピアはポーシャの口を借りてこういいました。

人が祈るのは死後に天に情けをかけてもらいたいから。
その点では宗教・宗派の違いは関係ない、と。

宗派の違いは関係ない、という考え方は、当時の英国でカトリックとプロテスタントが争っていたことにも通じます。
シェイクスピアは設定を変えることでユダヤ人の話にしていますが、実は英国国内の無駄な争いを批判していたのですね。


【今日のライブインタラクション】
考え方が違う人のことも、理解してあげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。