太田川源流から河口への旅4

広島県廿日市市、

冠山の太田川源流の森を下り、森を抜けて山里へやってきました。

河岸は整備されてコンクリで覆われ、

山の中に比べたら既にあまり魅力的な絵には見えませんね。

山は綺麗ですが。ではもう少し眺めてみましょう。

コンクリートに覆われているのはまだごく一部のようです。

「あれは私がまだ川の真ん中を通っていて、古い岩に初めて出会ったときの音」

2018年8月5日、羽田から、土砂災害直後の広島へ。

『私は太田、広島の川』(2018年11月1日〜4日、池袋シアターグリーンでの上演)でタイトルになっている太田川の精霊を演じる三輪えり花は、太田川が語る、源流から河口までの旅路を実際にこの目で見ておこうと。

第3話はこちらのリンクから↓
http://elicamiwa.com/blog/2018/10/29/moi-ota-5/

第2話はこちらのリンクから↓

http://elicamiwa.com/blog/2018/10/28/moi-ota-4/

第1話はこちらのリンクから↓

http://elicamiwa.com/blog/2018/10/27/moi-ota-3/

護岸の下は緑の芝生になっています。

これは長閑ですね。

奥の山の麓に古い日本式の農家が見えます。

川のカーブの先の水面が鏡のようです。

流れている水とは思えない美しさです。

またしばらく進むと河原は石ころだらけに。

鮎釣りをする姿が見えます。

そして徐々に川幅は広くなり、

風景は村から町へ。

鉄塔があり、工場が見えてきます。

工場は水をたくさん必要とするのです。

川の力は偉大です。

さて、ここから先の太田川沿いの道路は、

先週の土砂災害のため封鎖されて

通れない箇所が続出。

今日の旅はここまでとして、

広島市内へとにかく向かうことにします。

つづく。次は広島の美味しい料理を紹介します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA