System of Breathing for Speech 呼吸と発声の仕組み

Elica Miwa teaches Presence for global business leaders at some universities (higher education, MBA course) in Tokyo.
都内某大学のビジネス専門職大学院で、グローバル経営者のためのプレゼン(存在感)の授業をしています。

I always let them understand the system of breathing and speaking.
呼吸と発声の仕組みを教えてきました。
^^^^^^^^^

It might be useful, and I will share the content here.
役に立つかと思うので、内容を少しご紹介しますね。

We breathe all the time.
私たちは、いつも呼吸しています。

Even in sleep.
眠っている時も、もちろん。

Yes, breathing is an automatic life-keeping machine, and you don’t have to think about it or work hard to keep it going.
つまり、呼吸は、意識しなくても体が勝手にやってくれる
生命維持装置です。
^^^^^^

However, when you wish to speak, the mind starts to interfere this natural breathing.
ところが、誰かに何かを話そうとする、という意識が働くと、この自由で自然な呼吸は乱れてしまいます。

Actors whose job is to speak does know how to control the breathing, and be able to put the mind into voice and  words freely as you wish.
喋ることが仕事に必須の俳優は、呼吸を操り、意識を言葉にするときに自在に呼吸と声と言葉を操る方法を知っています。

In Western nations, all the great politicians, lawyers, top managers and sales persons learn this technique from actor-training.
欧米では、政治家や弁護士、グローバル大企業のトップレベルの経営者や営業マン達は、皆、この俳優の演技術から、喋り方を学んでいます。

Yes, even if they are not aware those techniques are from actor-training, the training system are literally comes from and borrowed from acting techniques.
ええ、仮に本人が、それを演技術とは知らなくても、喋る時の呼吸と発声の訓練方法や技術は、俳優の演技術から来ているのです。

So much for now.
前置きが長くなりました。

Well, it is very simple.
でも、内容は簡単です。

Point 1     Lengthening the back upward.
ポイント1 背中を立てる

Point 2     Softening the shoulders and throat.
ポイント2 肩と喉を楽にする

Point 3     Use the stomach in voicing.
ポイント3 お腹から声を出す

… … That’s all.
・・・以上です。

But, how?
これを具体的にどうすれば良いでしょう?

We Japanese have been taught to start from imitating.
昔から、ものは真似ろ、と言われます。

Look at how great actors use their bodies.
俳優の正しい体の使い方を見ましょう。

I am afraid not many selling actors in Japan know right and proper breathing and voicing.
しかし日本の俳優で、正しい呼吸と声の使い方を完全に身につけている人は多くありません。

Yes they are handsome, they are charismatic, but it does not mean they are right in usage of their own body and voice.  Sadly enough, that is true in our Japanese entertainment market.
かっこよくて売れているからといって、正しい呼吸と発声をしているとは限らないのが、日本の舞台芸術マーケットなのです。

Actors who have learned and are learning from me use the right and proper breathing and voice,  i.e.,  the world-standard breathing for actors.
私が訓練した俳優達、私が今おつきあいしている俳優達は、正しい呼吸と発声を使って演技をしています。

Just once, check the right ones.  Check the world standard.
一度、きちんと、「正しい」ものを観察してください。

You will feel how wonderful to be there when actors or speakers use their breath and voice rightly and freely.
そして、「正しい」と、どれほど表現の幅が広がり、「自由」に呼吸と声とボディを操っているかが、わかると思います。

Your next chance to witness will be in June, in Tokyo.
直近で目撃できる機会は、6月です。

ELICA MIWA makes theatrical event only three in a year, and the first one has already finished in February.
三輪えり花は舞台を年に3本しか作りませんし、そのうちの1本はもう2月に終わってしまいました。

The performance in June, ELICA MIWA herself will appear on stage as the leading character, it would be a perfect occasion to see her acting techniques.
6月の作品には三輪えり花自身も出演するので、お手本をご覧いただくには良い機会です。(こう言って、お手本になるのだぞ、と自分を鼓舞する)

Much Ado About Nothing, Shakespeare Infotainment
三輪えり花のお送りするシェイクスピア遊び語り第13弾『空騒ぎ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。