From Winter to Spring

Snowing in Tokyo, on Vernal Equinox Day.
 
To become new, shake off your old clothes.
If and when Winter comes back to scare Spring, would Spring say, “Sorry, I will never think to become spring ever.”?
I’ve got so many application emails for my asking to act a Shakespeare in June.  The team has been made, after considerations.
The team members are chose by their wills rather than by their skills.
I thank all of you who asked me about the project.
Sometimes surrounding people and your common sense pull you back when you want to go forward.  The above team members have enough courage to get over those obstacles.  I admire them for that.
When you want to be new, there always comes strong power to pull you back.
Sometimes those pulling-back energy are from your close friends and family members.
There is your break-point, where the counter-energy is strong.
What would you do, then?
・Obey the corner-energy (You are the loser.)
・Go for your own way (Battle away after quarrels.)
・・・Is that right?
Of course not.
To obey the counter-energy does not necessarily mean that you are the loser.
Taking the counter-opinion then, but at smoother place and time, you can try again.
You may have heard “Failure become trials when succeeded” or “failure is when you stop trying”.
That’s really true.  When I was trying to study abroad, friends said “you can’t do that.  It’s only a dream!”,  “To become what?  Impossible.”, and after I became a theatre director, actors and staffs say “It’s difficult (meaning they will not try)”.
I am quite a wimp, and discouraged easily at that moment.
I don’t like argument and just said “o, alright” and take aback.
But in the bottom of my heart, my wish to do that and my needs become stronger and forged, researching why they think it’s impossible, thinking how then to make it happen, and then voila!  I’ve done it.
When there is a person who pulls you back without faulty and ill intentions, you may thank him/her and don’t have to have a grudge.
For, that person is thinking about you, telling you for you, even when you absolutely don’t need it.
That, unfortunately is one of our human nature.
If you don’t admit this, you may be in danger to blame and curse all the people who stop and pull you back, out of love.
Any counter-idea has a reason.
Take it.
But after that, it’s absolutely OK to leave from them.
Free from then, free from grudge, free from blaming, forget about them, literally clear your mind, and do what you believe you’ve got to.
At the same time, don’t mind when some people leave you.
Important thing is “without ill intention” and “forget about them”.
If you keep thinking  about them and blaming them that you couldn’t do this and that because of them, that means you put yourself under the curse and spell of “that bad guy/woman”.
Is it fun life to live?
The Vernal Equinox Day.
Don’t be afraid of Winter trying lastly to pull you back, accept the natural law, and face up for Spring.
【Today’s Live Interaction】
Face up!

冬を脱皮して春へ

春分の日だというのに東京は雪です。
 
新しいものを迎える時、それまでの服を脱ぎ捨てるのは樹木の定め。
その際、こうして冬の雪が戻って来て春を脅かすのですが、春はそれに負けて、「ごめんなさい、もう春になるなんて馬鹿な真似はしません」と言うでしょうか?
先日、お誘いした、6月にシェイクスピアの舞台に出てみませんか、という投稿に、たくさんのかたからお問い合わせをいただきました。
その中から厳選に厳選を重ね、チーム参加者が決定しました。
演技経験とは関係なく、意気込みを明確に表明してくださった方達で構成します。
お問い合わせいただいたみなさま、ありがとうございます。
周りの人や自分のそれまでの常識が、新しいことへの挑戦を引き止めることがありますが、このチームの人たちは、それを乗り越えて参加を決意しました。その勇気に敬意を表します。
新しくなる時、必ず、そこに、あなたを引き止める強い力が働きます。
ことに親しい人やファンからの力が強いことがあります。
反対意見が強い時ほど、もしかしたらそこにあなたのブレイクポイントがあるかもしれません。
そんなとき、あなたのとる道は二つ。
・反対意見を飲む(相手に負ける)
・自分の道を行く(相手と喧嘩別れする)
・・・とおもいますでしょう?
違うんです。
反対意見を飲むことは、必ずしも負けることではないのです。
反対意見をその場では飲んでも、別の場所で、別の機会に、「なにくそ」とまたトライすれば良いのです。
よく、「失敗は、成功したら失敗とはいわず、実験という」とか「達成をあきらめた時が失敗である」といわれます。
その通りで、たとえば私も、留学を考えていた学生時代、「留学なんてできっこないよ、ただの夢!」とか「〇〇に入ってみたい? できっこないよ、諦めな」、演出家になってからもアイディアを出すたびに「それは難しいな(諦めて)」と、言われ続けて来ました。
案外、へなちょこな三輪えり花は、その場では凹みます。
相手と喧嘩するのも疲れるので、なんとなく「わかりました」となって一旦、引きます。
が、心の中では、でもそれがやりたい・必要だ、という強い思いがより鍛えられ、なぜ相手はそれを無理だと思うのか原因を研究し、ではどうしたら実現できるか、とより深く考えるようになり、結局、実現をしてきています。
悪意なく足を引っ張る人がいる時、その人に感謝こそすれ、恨む必要は全くありません。
その人は、良かれと思ってやっているわけです。
それが人間の行動原則。この原則を知らないと、行動を引き止める人すべてを恨んで生きることになってしまいます。
反対意見にも必ず一理あります。
それを素直に受け入れましょう。
そのうえで
反対する人から離れるのは、全く構いません。
離れてさっぱりして、その人のことを忘れて、自分のやりたいことを追求していけば良いのです。
同時に、離れて行く人がいるのも気にしなくて良いのです。
ポイントは「悪意なく」という点と、「反対する人のことを忘れて」という点です。いつまでも「あの人のせいでこれができなかった」と恨み節でいては、せっかく離れたのにいつまでも「あの人」の呪縛の下にいることになってしまいます。
春分。
冬の引きもどしに怯えることなく、こういうものなのだ、と受け入れて、前を向きましょう。
【今日のライブインタラクション】
前を向こう
#ヒューマンネイチャー
#行動心理
#ライブインタラクション

舞台に立つのは楽しいよ

今日は舞台に出てみたいかたへ、
嬉しいお知らせを持ってまいりました。
三輪えり花の演出のもと、
舞台に立ってみませんか?
シェイクスピアですよ〜。
初めてでも経験不足でも
かまいません。
  • 一度演じてみたかった、
  • 三輪えり花の指導がうけてみたい、
  • シェイクスピアをやってみたい、
  • 常に演技向上を心がけている、
そんなみなさん、
大歓迎です!
興味のあるかた、
下記のフォームから
三輪えり花にご連絡ください。

お待ちしています!
【今日のライブインタラクション】
勇気を出して行動しよう

2000人規模の劇場で堂々と表現するには

山梨県民文化ホールで、ミュージカル『シンデレラ:ネズミたちのプリンセス🐀』があります。

私は芸術監督として参加しています。

上演する劇場、コラニー文化ホールの大階段には既に巨大なポスターが!

昨年、北杜市で再演した分も含めて、舞台写真も!

2000人のホールで全員での通し稽古をする日もありました。

私の演出や表現の追求に、みんな、一所懸命ついてきてくれました。

生オーケストラでの上演です。

とても贅沢!

感謝の気持ちでいっぱいです。

2000人規模の大劇場で表現を届けることはなかなかないとは思います。

目の前に壁がある稽古場から移ると、目の前に果てしなく巨大な虚空がぽっかり空いているような気にもなります。

そこに人が入るのです。

大勢の目にさらされます。

中には、「なにこれ」と思う人が必ずいます。

でも忘れないでください。

ほとんどの人は、あなたを好きで観に来ています。

あなたを好きでいる人のことを忘れないで。

そして、覚えていてください。

もしもあなたに悪口を言ったり、あなたに偉そうにものを言ってくる人がいたとしたら、それは、あなたが一歩先へ行ってしまったことで、自分が取り残されそうだと寂しくなった人が、あなたを引きずり落とそうとしているだけなのだ、と。

あなたをさらに上手にすることができるのは、あなた自身だけです。

自分の目で、自分の感覚で、もっとうまく!を目指し続けること。

あなたを好きな人のために、自分で自分に「これでいいや」とは決して言わないでください。

あなたを好きな人のために、最高のものを届ける努力。

2000人規模のホールでも、たった一人しかお客さんがいない日でも、それは同じです。

【今日のライブインタラクション】

応援してくれる人をこそ大事にしよう

 

おしらせ

6月にシェイクスピアを演じてみませんか?
なかなか機会のないかたがたでも、シェイクスピアを演じる楽しさを味わえます。

詳細後日

What You Need to Do on the First New Moon Night

Hello, this is Elica Miwa, thinking abut the future on the first new moon night of the year.
Have you made a wish list for 2018, or even the next three to ten years?
Why do you make wishes?
Because…
Yes, there are purpose of life and objective of life.
Many people mix up the purpose of life and the objectives.

<The Purpose>

The purpose of life may be called as the superobjective.
If you don’t know the purpose of your life, or the super objective of your life, and working very hard for the objectives, dreams, wishes, and so on, you will immediately lose the intention why you are doing it.
You are working very hard to earn money.  But for what?
Get a new fast car?  OK, that’s OK!
But, why new fast car?
What is the purpose of getting a new fast car?
To get more attention from the people in the street?
Is that your purpose of life?
You want to achieve something.  But for what?
Without having the purpose, your life may be just so tiring.
Maybe you want a new fast car to celebrate the technology of the car industry.
May be you want a new fast car to feel that you are worthy of who you are.
To feel the worthiness of who you are is a very good purpose of your life.
Everyone needs and has the right to be proud of who you are, and if the new fast car is the icon, then it is more than fine.
Just think about it.
Why am I doing this, the whole life, the work, the family, the relationship, the art…?
Once you find the purpose of life, then the whole life would change.

<The Objective>

 Your life is full of objectives and small goals you need to achieve.
An athlete wants to participate in the Olympic games.
Is it an objective or the purpose of life?
Yes, it is an objective.
And it is a big goal, too.
But it is not the purpose of life.
Maybe the athlete’s purpose of life is to give courage to kids.
S/He gives courage to kids, by showing her/his hard road to the Olympic game.
If s/he does not have the purpose of life, other than participating in an Olympic game and fails, what would become of her/him afterward?
S/He would be shuttered!
But when s/he knows the purpose of life, maybe s/he would find some other way to achieve the purpose.
Usually, when you face to what to be done,  you may not think about why you are doing it.

<The Purpose will Build Your Future>

Do you know it is the first new moon night 2018?
It is the best night to make wishes.
Just write down the things you wish to try.
Travelling, camping, buying new clothes, … whatever.
You can just write down anything.
Want a castle?
Write it down.
Nobody is going to stop you just writing down your wishes.
Then, think about the purpose of your life.
When the dreams and wishes are connected to your purpose of your life, it will be realized easier.
【Today’s LIVE INTERACTION】
Imagine your  future.

 

新年最初の新月にしておきたいこと

こんにちは、三輪えり花です。
年始の最初の新月に、未来のことを考えています。
今年の目標は立てられましたか?
人生には、目的と目標があります。
多くの人は目標を目的と勘違いして、目標達成ができた途端に、次に何をして良いかわからなくなり、スランプに陥ってしまいます。
大学受験に合格したら、次にどうして良いかわからない反動で、何もしたくなくなる五月病は、その代表例ですね。

<目的とは>

目的とは、何のためにそれをしたいのか、です。
あることをしたい、というのは言うなれば、人生の目的でもあります。
私のこのメールレッスンには大学生もおり、まだまだ、人生の目的どころか、今現在をどうしよう、という迷いの中にいる方も多いと思います。
でも、今現在を迷っている方にほど、人生の目的、ということについて考えていただきたいと思うのです。

<目標とは>

目標とは、目的を達成するために通過するハードルの数々、です。
クイズ:
「オリンピックに出たい」は、目的と目標のどちらでしょう?
答え:目標です。
目的は、オリンピック選手それぞれに聞いてみなくてはなりませんが、子供達に勇気を与えたい、とか、生きている喜びを世界のみんなに伝えたい、とか、人間の可能性を試してみたい、とか、いろいろな「人生の目的」があるはずです。
その目的を達成するために、オリンピックという崇高で偉大な目標を掲げているのが、オリンピック選手たちです。
また、それがなければ、オリンピックに出られなかったときに、生きる意味を失ってしまって、生きるのが嫌になってしまうかもしれません。
私にも覚えがありますが、目の前にハードルを与えられると、それを超えることだけに一杯一杯になってしまい、それを超える意義、つまり目的のことを考えもしないことが多いのです。
期末試験がある、やらなくちゃ。
成績に関係するから、授業には出席しなくっちゃ。
サラリーに影響するから、営業で売りまくらなくっちゃ。
そこには人生の目的はありませんよね。
学んだことを確認するために試験がある、
学びたいから授業に出る、
良いものをお伝えしたいから商品を売る。
学びたい、という気持ちは、人間誰もが持っている根本的な欲求のひとつです。
人生の目的にするにふさわしいものです。
良いものをお伝えしたい、という気持ちは、「ねえねえ、聞いて、これいいよ」と感動をシェアしたい、という、これまた人間誰もが持っている根本的なコミュニケーション欲求のひとつです。
今、*|FNAME|*さんがやっていること、好きなこと、あるいは、嫌々ながらやっていること、それらの中に、人生の目的をぜひ見つけてみてください。
英語を勉強してみたい、お芝居をやってみたい、海外旅行がしたい・・・
それらの淡い「やってみたいなー」の芯の部分に、あなたが人生の目的にするに足るものが隠れているはずです。

<目的が未来を作る>

本日 2018/01/17は、新年初の新月です。
やってみたいことをお願いするのに最適な夜。
淡い「やってみたいなー」という気持ちを大事にしてください。
これをやるぞ!と強く意識すればするほど、ストレスがかかって、却ってできない、という状況に陥る人は多いもの。
できたらいいな、こんなこと。
そんな気持ちで、やりたいことをリストアップしてみましょう。
全部リストアップできたら、その芯にある人生の目的のことも少し考えてみてくださいね。
目的がはっきりしていると、夢はぐんとかないやすくなります。
<新月のゴールデンサイクルカード>
作り方はこちら
私もこれから、やりまーす。
【今日のライブインタラクション】
未来の自分を考えてみよう

 


~今のあなたをもっと輝かせる演技術~
無料メール会員になると三輪えり花から、あなた自身が内側から輝ける演技訓練法のメールが、レッスン形式で届きます。

【ライブインタラクション】リンク

http://elicamiwa.com/subscription/


夢を叶えるもう一つのルール

2017年も暮れようとしています。
が、冬至を過ぎて、太陽は再生!
実際は、すでに新しい年が動き始めています。
冬至に新しい年の夢と目標を考えてみたあなたも、まだそれどころではなく年末の多忙さに必死なかたも、気楽に「叶えてみたいこと」に思いを馳せていきましょう。
したいことを叶えるには3つのルールがあります。
1  とにかく行動に移してみること
2  結果をあまり気にしないこと
3  その理由が、とにかくあなた自身がそれが好きだから、というものであること
それに加えて、もう一つ、目標達成に欠かせないものがあります。
それは、

ルール4:人との繋がり。

考えてもみてください。
これまでのあなたの成功や目標達成に、人が関わっていないことがあるでしょうか?
スポーツや芸術なら応援してくれる仲間や家族や指導してくれるコーチ。
勉強だって、テストの点は自分一人でとったと思っているかもしれませんが、その情熱をかきたて、勉強する時間をくれたのは、家族や教師ではありませんか?
ビジネスなら上司・部下・仲間、そしてお客様、クライアント。
私の目標達成がいかに奇跡的か、けれど、その奇跡には実は上記4つのルールがあることを、一つ例に挙げてご紹介したいと思います。

 

大学三年生の頃、カナダへの交換留学が決まった時のことです。

  • とにかく海外で英語で生活しながら実演芸術の夢に挑戦してみたかった(ルール3)
  • それで大学の交換留学プログラムを受験した(ルール1)
  • だけど来年しっかり受けるためにどんな試験か知っておこうくらいの気持ちだった(ルール1)
・・・どんな試験なのか知っておこうという程度でしたので、筆記試験は惨憺たるもの。
ここでお話しするのも憚れる点数でした。
流石の私もがっかりして、答えを全部調べました。
次の日の面接では、ずらりと並ぶ面接官を前にして、留学において何をしたいか、なぜしたいのかを語り、面接は終わり。
来年受け直そうっと。
2週間後、友人が、「ねー、留学受かったみたいだよー。壁に貼られてるし、マジで。なんか来てくださいとか書いてあるよー」と、女子大生用語で私に教えてくれました。
・・・結果がいつ提示されるかも気にしないでいた私・・・
指定された日時にまた行くと、その時の面接官がずらりと並んで、こう言いました。
「あなたは確かにテストの点数は最低でした。けれど、面接の際にあなたなら、どんなことがあってもそれを学びにし、糧にして結果を出して来ると思い、選ぶことにしました」
そう、面接の日、面接が終わって、
「はい、ここまで」
と言われてから、私は、
「すみません、5分、お時間いただけますか? あまりにできないテストでしたので、恥ずかしく思い、答えを全部調べて来ました。今からここで、問題の順番に上から答えを言います」
と全ての回答を口頭で5分間で述べたのでした。
(ルール1 行動に移す。
ルール2 結果は気にしない。
ルール3 やりたかったから)
それが面接官の心理に作用したのです。
これがルール4:人との繋がりです。
面接官には一人も知っている人もいなければ、友達関係、教師関係、学部関係者はいませんでした。
なので、私の言いたいのは、
「友達を利用せよ」という意味での
「人との繋がり」ではないのです。
人の心に訴える何かがあれば、そこに繋がりが生まれます。
また、もしもこの面接官たちが、
「彼女はまだ3年生で、来年もあるのだから、とりあえず今年しかチャンスがない人にあげておこう」
という考えの人たちだったとしたら、私のその時期での留学はありませんでした。
この年に、このような面接官が揃っていたことは、確かにラッキーでした。
けれど、そのチャンスを掴めるかどうかは、面接官の心を動かす何かがあったに違いありません。
どんな試験も、最後は面接、ですよね。
どんな契約も、最後は会ってかわすもの。
つまり、生で相手と一緒にいる瞬間をどれだけ有効にできるか、に関わって来るのです。
これが、人との繋がり。
ゴールデンサイクルを作れるかどうかは、いま目の前にいる相手とどんなつながりを作ろうとするかで、決まります。
【今日のライブインタラクション】
ちょっとした繋がりを気にかけてみましょう。

~伝えたいことが伝わる喜び~
世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から、表現者の役に立つメールがレッスン形式で届きます。

【ライブインタラクション】リンク

http://elicamiwa.com/subscription/

一年で一番長い夜が来る

こんにちは、三輪えり花です。
2017年12月22日。
冬至ですね。
一年で一番長い夜。
2017年を穏やかに振り返り、
あなたならではの2018年を生み出しましょう。
2018年にしたいことはなんですか?
夢や目標は一人では叶えることはできません。
応援してくれる仲間、友達、家族、上司。
導いてくれる同僚、同志、先生、コーチ、上司。
お客様やクライアント、受講生も
関わってきますね。
そう、夢や目標には、
人との繋がりが欠かせないのです。
人との繋がりが、
キラキラと輝く黄金の円環になって行くと、
夢や目標、したいことは
どんどんかなって行くものです。
まさに、ゴールデンサイクル!
私は、季節の変わり目ごとに
ゴールデンサイクルカードを作ります。

ゴールデンサイクルカードとは

夢を叶えていく人の周りには、
その人を応援してくれる
大勢の人がいます。
その人たちはバラバラにいるのではなく、
繋がって存在しているのが特徴。
私もこれまでにたくさんの
夢を叶えてきましたが、
私の周りには大勢の
応援してくださる方々が
いらっしゃいます。
私には、それが、
キラキラと輝く黄金の
円環のようだなあ、
と思えるのです。
それで、ある時から、
叶えたい夢や目標が出てきたときに、
そこに関係する人々の顔を
思い浮かべながら、
それらをカードに書き出してみたのです。
そうしたら、とってもスムーズに
叶うようになりました。
これは、作っても頭の中が整理されるし、
作っているだけでもワクワクするし、
あ、こんなこと考えてたんだ、と
自分の心の中がわかったりもする。
こりゃ楽しいぞ、と紹介したところ、
お友達の多くから、
願いが叶いました!報告を
たくさんいただくように
なったのです。
我ながら、びっくり。
作ってみた方の感想を、
許可をいただいていますので、
少し整理してご紹介しますね。
これは、ワークショップで
一緒に作った方の感想です。
三輪様
先日のゴールデンサイクルのワークショップではありがとうございました。
初めて先生にお会いしましたが、前から存じ上げてたような感覚で場にすぐ溶けこめ ワークも エンジョイする事ができました。
ワークの中の「呼吸」と「褒めあう」という事は 前にもやった事がありましたが、積極的に行う事によって効果が得られたと思います。
100個の願いは 時間が限られている事が逆に想像力を掻き立てました。
7つのカードでは、他者との協力が得られないと実現しないような実現したい夢 を意識して選びましたが、1番中央にきたのは 内面的な事でした。
自分の求めている事が整理された感じがします。
私が1番求めている事は 目に見える結果ではなく、周りのすべての人やものと共鳴する事、それにはまず、自分と向き合うのが 私の求めている幸福感に近づくのだという事がはっきりしました。
それを 皆と共有でき、肯定してもらったのが、又嬉しかったです。
人は肯定される環境の中でしか成長しない。という事を実感しました。
ワーク後の神社へのお参りも素敵でした。神社に入ってからの空気がより澄んでいるのを感じました。
先生にお会いした次の日、
長年悩んでいた事が解決したり、自分の売っている商品が沢山売れたり、
いい事づくしでした。
何かが開いた、もしくは繋がった感じがします。
先生との出会いに感謝です。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
〇〇〇〇

ゴールデンサイクルカードの作り方

ゴールデンサイクルカードを作るたび、
私は自分という人間を見つめなおします。
どんなふうにゴールデンサイクルカードを
作っていくのか、動画にしましたので
ぜひ、この冬至の夜に、
一緒に作ってみてくださいね。
https://youtu.be/-ejvfkGzCkM
続きはそのまま、
三輪えり花のYouTube チャンネルで
順番にご覧いただけます。
* このゴールデンサイクルカードの作り方動画は、2017年9月の秋分の日のために、その直前の新月に撮影したものです。
私は演劇人として生きているので、
いろいろなことを、
俳優訓練を使いながら
問題解決をしていきます。
この動画でも、夢を叶える
ゴールデンサイクルを作るために、
人と上手につながる
俳優訓練を活用しています。
ぜひご覧ください。

 


~伝えたいことが伝わる喜び~
世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から、どんな時でも自信を持って最高のパフォーマンスを叩き出すためのメールがレッスン形式で届きます。

【ライブインタラクション】リンク

http://elicamiwa.com/subscription/


目標達成の3要素

ご自分の実体験で、ちょっとした目標達成ができた要因を考えてみましたか?

私の場合は、確実にこれがあった、と言えることが3点あります。

一つ
自ら実際に行動に移していること

二つ
行動の結果をあまり気にしていないこと

三つ
行動の理由が「それをすることが好きだから」

面白いのは、一つめの「自ら行動に移す」が必ずしも、ある目標達成に直結しているわけではない点。

例えば、ロンドン大学の大学院を修了後、英国の日本大使館に勤め始めることになった時のこと。

私は、修士号取得のための舞台作品をエジンバラフェスティバルに持って行きたかったんですね。それで、日本大使館にお金の工面に行ったのです。そうしたら、たいそう位の高い担当官が、私が夢を滔々と語っているのをじっと黙って聞いていて、最後に口を開いたのが、「お金はないけど仕事ならあります」。でした。私は、普通なら希望しても就けない職に、しかも私のためだけの職を特別に用意されて、次の日から大使館で働くことになりました。そして、その時の上級貴族たちとの交流や上流階級の英語の使い方などを実際に使って仕事をしたり、上流階級の社交界やパーティーに仕事として参加していたことが、今、シェイクスピアやオスカー・ワイルドや、オペラやミュージカルやバレエや、英語での活動や、とにかくシアター演出・出演するのに、最高に役に立っているわけです。

舞台を作りたい、という目的のために自ら大使館に出向いたこと(実際に行動に移した)、そこには「大使館で働くこともありかも」なんてことは一切思わず、どんなことが出るかはわからないけど(行動の結果をあまり気にせず)、とにかく「舞台を作ることが好きだから」動いた、という三つの要素が見事に重なっている、良い例だと思います。

どうでしょう?
*|FNAME|*さんも、そういえば、そういう時って、目標達成がなんか自然にできちゃってたり、降って湧いたような面白いことが起きたりしてる、という経験はありませんか?

次回は、この三つの要素が組み合わさって目標達成が叶った例をもう一つご紹介したいと思います。

【今日のライブインタラクション】
小さな一歩で行動してみよう