プロ向け俳優訓練ベラ・レーヌ

俳優訓練のひとつに、ベラ・レーヌというシステムがあります。

自然な演技には日々のいろいろなことに気がついていくことが大事、ということに焦点を当てるもの。

日本では、フランス🇫🇷政府からシュバリエの勲章も頂いている岡田正子先生が専門家。

日々の色々なことに気がつくというのは、たとえば。。。

今日の雨を、どんな気分で受け止めたか。

その瞬間は、日常では瞬きする間もないほどの時間で、あっという間に次にやる歯磨きやお布団を畳むことなどの作業に埋もれてしまいます。

けれど、「雨か」の一瞬は、本当はどんなものなのか、それを受け止める息をちゃんと使ってみる、ボディを感じてみる。内面を感じてみる。

それがベラ・レーヌ・システムの根本だと私は理解しています。

【今日のライブインタラクション】

今日の雨をどんな風に感じているか、30秒だけ思いを馳せてみよう

追伸:

そのワークショップで勉強してきた成果か、ついに岡田先生の演出なさる舞台に出演が決まりました。

しかも主演です。

秋。

お楽しみに!

オセロースタディプログラム修了

今回のシェイクスピア遊び語りでは、せっかく私たちがリハーサルしているのだから、それをみて、そして実際にやってみて、シェイクスピアの演技術を身につけたらどうか、と、オセロースタディプログラム(OSP)という学びの場を作りました。

これはプロと同じ舞台に立てる、しかも主役として立てる、というもの。シェイクスピアの主役なんてやりたくても配役されないことが98%。主役をやれる、しかもプロと一緒に。

ということで、週に4日間、みっちりと訓練を積んできました。

このプログラムの特色は、公演後に振り返りワークが有るというもの。

私も数々の公演を演出し、演劇学校でも教えてきましたが、公演がないと上手くはならないのは確か。が、実際は公演のために表向きを整えるだけが精一杯で、本質的、基礎の基礎が疎かになったまま進んだり、まや、公演後は打ち上げて先輩に泣かされて終わり、公演自体を本当に復習する機会がないので、一向に伸びない。

それが日本の演劇界と俳優訓練なので、だから俳優が育たないのだと私は常々考えてきました。

それで今回は、公演後の復習ワークの1週間を作り、どうしてもリベンジしたい箇所を集中的に稽古してる、また改めて、広い空間で発表するという場を作りました。

その復習発表会が昨日、6月17日の日曜日にありました。

みんなの公演後の進歩がまた素晴らしく、公演後の振り返りワークの大事さが証明されたと感じています。

そのあとは三輪えり花の特製ローストビーフと、鯛のロースト、バカラのグラスとロイヤルアルバートのお皿、英国王室宝石商ガラードの銀器で、正式なディナーで本物の打ち上げです。

良い食器と正式なテーブルセッティングで姿勢を正して食事を楽しむのも、レッスンのひとつ。翻訳劇のみならず、「正式」を知らない俳優、「本物」を知っている俳優は、登場人物や台本読解と、演技の幅と機会が格段にに拡がります。

今回は、お片づけの後なので服装だけはカジュアル。

みんなのホッとした笑顔をぜひご覧ください。

【今日のライブインタラクション】

正式な動作をひとつだけ使ってみよう。

遊び語り満員御礼(動画付き)

三輪えり花のライフワーク、シェイクスピア遊び語り第14弾『オセロー』。今回もまた全公演満席で閉幕することができました。

ずっとファンのかた、初めてお越しのかた、本当にありがとうございます。

悲劇は集客しにくいなあ、と思うのですが、どうやら感動はひとしお。

やはり見終わった後の満足感は悲劇の方が格段に大きいようです。

お客様の声をブログにまとめているところですので、出来上がったらアップしますね。

あ、その前に!

公演映像を撮影してくださる方が、なんと遊び語りプロモーション動画を作ってくださいました。

こちらです。

https://youtu.be/S_O4RXvR1pI

三輪えり花、オセローとイアーゴという二つの男役の上、オセローはワイルドな黒人をイメージし、イアーゴ は悪意に満ちた妬みの男であるがゆえ、メイクがかなり怖いことになっていますが。。。(^◇^;)。。。

お楽しみください!

【今日のライブインタラクション】

芸術に感動したことを人に話してみよう。

身振り手振りは何のため?

舞台での身振り手振りは大げさで、リアルじゃない。

現実のスピーチで使えと言われるけど不自然になり、使うと大げさな気分になる。

では、身振り手振りは何のためにあるのでしょう?

前回までのレッスンで、他者の身振り手振り、自分の身振り手振りを観察してみましたね?

(過去のレッスンはこのブログから)

すると、私たちは日常の会話ではかなり気楽に大きく身振り手振りを使っていることがわかります。気を許すほど、身振り手振りが大きく頻繁になることもわかりましたね?

どうしても相手にわかってもらいたい時、身振り手振りを私たちは使います。

私たちが自分の脳内を整理するためにも使っています。

何か単語を忘れた時も、どういう言い方をすれば良いかを考えるときも、言いたいことやビジュアルの「なんとなく」は脳内にあるのに、単語や言い回しを思いつかなかったり、工夫している時、身振り手振りが生まれます。

つまり、身振り手振りというのは、言葉になる直前の脳の働きがそのまま発露しているものなんです。

私は、自分の考えは手のひらに乗っている、と捉えています。

手のひらには、目には見えない「考え」が乗っている。

手のひらにそれを乗せながら、その話をするのです。

あなたが話したい内容、伝えたいものを、ただ脳内に思い描いてごらんなさい。

それから話し始めるのです。

そうすれば、実に自然に身振り手振りを使うことができます。

日本人社会ではなく、国際人が多い舞台では、とても必要な身振り手振り。

大げさなことをしているのではなく、日本社会では抑圧されている自由さを取り戻して「自然」でいられることを謳歌して使ってください。

【今日のライブインタラクション】

手のひらに考えを乗せて喋ってみよう

(プロの表現者用記事)身振り手振りは必要か

前回は、身振り手振りは、普通の状態でも案外使っている、というお話をいたしました。

今回は、プロ向けに、お届けします。

なぜ、「演劇は無理して大げさに身振り手振りを使うものだ」と思われてしまうのでしょう?
それは、
演じる人が、
お客様に対して、
登場人物の気持ちや場面の状況を
わからせようと、
「大げさに」
やってしまうからです。
大げさに演じれば、
それはもちろん
大げさです。
観客は馬鹿ではありません。
演者がリアルに演じれば、
観客はちゃんとわかってくれます。

【今日のライブインタラクション】

普段の自分の腕の使い方を意識してみよう
(前回は、他者を観察。今回は自分を観察)

PS

激しい感情と何気ない日常が交錯する『オセロー』で
大げさではないリアルを目撃しませんか?
三輪えり花が実際に舞台で喋り、演じるところを目撃してみませんか?
誰にでもよくわかる、誰にでも楽しめる
http://acture.biz

身振り手振りは必要か

身振り手振りは必要か?

人前でフォーマルに話すとき、身振り手振りがちぐはぐになってしまい、
とまどったことはありませんか?

日本人の苦手な身振り手振り。

これを自然にするには、
いちど、自分から離れて、
第三者的に、身振りの研究をすると
良いです。

そう、演劇ですね。

が、
演劇をやっていると、

「演劇は大げさだから手とかたくさん動かすけど」

とよく言われます。

💢大間違い!!😤

日常では抑えている感情を、
抑えきれなくなったところが
ドラマになるのですから、

それは、「大げさ」なのではなく
「まさにリアル」
なのです。

けれど、そのようなドラマチックな瞬間出なくても、
わたしたちはけっこう腕を使っています。

普段の生活で、私たちがどれほど腕を使って話をしているか、ぜひ観察してみてください。

【今日のライブインタラクション】

会話の時の腕を観察してみよう

追伸

三輪えり花が実際に舞台で喋り、演じるところを目撃してみませんか?
誰にでもよくわかる、誰にでも楽しめる
http://acture.biz

『インプロ』重版発売!

表現力をつけたいかた
創造力をつけたいかた
人間力をつけたいかた

コミュニケーション指導の神様キース・ジョンストンの名著
『インプロ』

重版発売開始です!

三輪えり花は、ロンドン大学の修士論文を書くための参考文献として紹介されたこの書籍の素晴らしさに、翻訳をしたのは2012年。

昨年から完売になっていたのを、出版社而立書房から、本日、重版発売になりました。

ご注文はこちらのフォームからどうぞ!

声は自然が一番

こんにちは、三輪えり花です。

東京は、きのうの寒い雨が過ぎて快晴となりました。

今日は、声について。

声は自然が一番。
むりに作ってはいけません。
自然というのは、心の動きに任せて、
という意味です。

大きく感動すれば声も自然とそうなる。

怒れば怒鳴るし、
相手を説得しようとすれば、
それに従って声が変わるもの。

声を無理に作ってしまうのは、
相手とインタラクションしたいというより、

自分はこういう風に見られたいのでそう見てね、
という自己主張の押し付けに過ぎません。

さて、ここからはプロの実演芸術家向けです。

6月のシェイクスピア遊び語り『オセロー』は
感情の放出がものすごい。

でも、それを自然に任せていると、
一回で声を潰してしまうでしょうし、

お客様はかえってドラマの論点を見失ってしまい、
ただうるさい怒鳴る芝居だったね、

という感想しか残らなくなるでしょう。

作らずに自然で
かつドラマの構成で観客を惹きつけるには?

【今日のライブインタラクション】

自然な心の揺れで自分の声がどうなるか、観察してみよう

追伸

舞台の上で自然かつドラマの構成を
意識して組み立てられた感情の放出を

英国の演技術ではどうしているか、
実際に見て体験できるチャンスがあります。

 興味のある方だけ、どうぞ!

心に残るスピーチのために

スピーチ原稿は、感動的なものにしたければ、コピーライターに頼むこともできます。

けれど、どんなに感動的な原稿でも、それを伝える人が棒読みをしてしまっては台無しになってしまいます。

一方、どんなに内容が最低で酷いものでも、スピーカー(話者)のスピーチテクニックが優れていれば、大観衆の心を掴むこともできるのです。
今日は人の心を動かすスピーチテクニックについて一番大事なことをお話しします。

【母音に注意】

次の文章を話してください。
「私はあした、青森に行きます」
単語同士が、同じ音の母音で繋がっているのがわかりますか?
わたしは あした あおもりに いきます。

アルファベットで書いてみるとわかります。

Watashiwa ashita aomorini ikimas.

下線部のアルファベット母音を短く発音してしますと、次のように聞こえてしまいます。

「わたしわしたおもりにきます」

おお! すでに日本語ではありませんね。
単語始まりの母音を、きちんと言い直すようにしましょう。

Watashiwa Ashita Aomorini Ikimas。

というかんじで。
大きな声にしなくてもいいのですが、あらためてしっかり発音する感じです。

俳優諸君、特に大事。
社長さまがた、特に大事。
政治家諸君、特に大事。
がんばってください。

【今日のライブインタラクション】
母音で始まる単語に意識を向けよう。
三輪えり花は6月にシェイクスピアの美しい英語と、わかりやすい口語翻訳で『オセロー』を上演します。
俳優たちと気をつけるのは、まさにこの点。
言葉の芸術を楽しみたい方は、下記にご連絡ください。

できるようになるためには

できるようになるための5ポイント
こんにちは、三輪えり花です。
今日は満月。
この半月のことを整理する時期がやってきました。
なにかを始めたら、あるいは、毎日の普通のことでも、今やっていることが良い方向へ向いているかどうか、チェックすると良いですね。
そして、もしこんなに努力しているのに、なにかうまくいっていないことがあれば、それは気の持ちように関係しているかもしれません。
ならば、以下の5点をトライしてみましょう。
1  自分にはできると言い聞かせる
2  笑顔でやってみる
3  とりあえずのOKを自分に出し続ける
4  他者の評価を得ることを目標にしない
5  自分が目指す理想像を、実際に目指す
いま、三輪えり花は、6月のシェイクスピア遊び語り『オセロー』の稽古中ですが、上記の5点は本当に役に立ちます。
大事なのは、5番と3番の共存です。
理想を高く持ち、冷静に自分の現在地点を確認しつつ、やることにオーケーを出していく。
そうすると、甘えや自分勝手な思い込みからも離れることができます。
そんな私のオセローは、実に新しいワクワクする作品になりつつあります。
公演観劇お申し込みは下記のチラシで、ご確認くださいね。
【今日のライブインタラクション】
気の持ちようを変えてみる