オーラはセルフイメージで決まる

春の嵐に悩まされる今年。

事故や災害に皆様が遭遇なさっていないことを祈るばかりです。

さて、三輪えり花の使命のひとつに、シェイクスピアの魅力をわかりやすく伝える、というのがあります。

今年もやります。

シェイクスピア遊び語り。

第14弾は、シェイクスピア四大悲劇のひとつ、

『オセロー』

遊びたい語りは、せりふや登場人物の由来や行動の意味などを間に入れていく、まさに立体教養イベント。

そのため、私は原作の原文と睨めっこしながら、どんな解説を入れようかなぁと考えるわけですが・・・

これがね、いやはや、四大悲劇と言われるわりにはなかなか上演されないわけがわかりました。

登場人物全員が極めてセクシーでオーラがある必要がある!

のです。

しかし、オーラって、出そうと思って出せるものなんでしょうか?

答は、イエス&ノー

最近、オーラのある人といえば、第一がフィギュアスケーターの羽生結弦さんだと思います。

あれは、世界一だぞという実績が心理として現れたものです。

あれができるようになるには、その心理、精神状態になる必要があります。

ということは、それができない限り、筋肉をそのように動かしても、表現とは無縁の、機械の体操のようになってしまうでしょう。

ですから、ノー。

一方で、かれの腕の使い方や首の使い方、あれができると、相当、オーラがあるように感じられると思います。

となると、オーラがあるように見せるのは、筋肉や息の使い方次第と言えます。

なので、オーラを出すことはできる、イエス。

オーラは、自分の存在そのもののエネルギーです。

自分は注目を浴びて良い存在である、とセルフイメージしてください。

オーラはセルフイメージで決まる、といっても過言ではありません。

自分がここにいることをお客様と喜びを持ってシェアしたい、

そんな気持ちが羽生選手からも感じられます。

私たち実演表現者は、あらゆる人になれなくてはいけません。

オセロー組も、存在感と色気のあるオーラを目指してがんばります。

【今日のライブインタラクション】

羽生結弦選手の平昌五輪閉会式の登場を動画で観てみよう

聴きやすいスピーチのコツ:伸ばす音

【伸ばす音はどう発音するのか?】
私がライブインタラクションを教えている大学院のクラスには、優秀な留学生が何名も参加しています。
ある留学生から、日本語の発音について、質問がありました。
日本語話者にとっても、なるほど、と思えるポイントなのでおつたえしますね。
Q「おおい(多い)」と「おうい(王位)」の発音は同じですか?
皆さんはどう発音していますか?
私の感触だと、どちらも同じ発音です。
「お」や「う」を意識せず、なんとなくスーッと伸ばしているだけのような感じ。
せいじか(政治家)、せいり(整理)、えいい(鋭意)。
伸ばす音って、案外、多いもの。
日常会話ではあまり気にならなくても、マイクを通すスピーチでは、伸ばす音が短いとせっかちで舌足らずで、要するにあまり信頼できない人物に思われてしまいます。
その音を伸ばしている時間を、スピーチのときはやや長めに感じてください。
【今日のライブインタラクション】
会話の中の「伸ばす音」を意識してみましょう。

How to Use Your Legs on Stage: Performance on Stage

I teach opera and classical singers at National Tokyo University of Arts and Music.  In the class, they perform a short scene from an 18th century play.  I find it so important that I decided to tell those important skills on this blog.
First, remind your legs.
To be natural on stage is probably the most important skill.
But in most cases, people themselves who are so tensed and panicked are naturally there, rather than the character whom they need to show.
The key is the legs.
First, stop stepping up and down and walking about.
Especially at some dramatic momentum, amateur actors use their legs to show how much they are in trouble.
Stop that.
Because, the character’s frustration are probably more still and condensed; if they are adult characters, they could be quieter.
But when you yourself are panicked and if the character you are portraying are not, what should you do?
To be continued…
【Today’s Live Interaction】
Recognize how you use your legs normally.

舞台での演技 ストップモーションのコツ

観客の目を引き付けるために、ストップモーションは役に立ちます。
今日は、ストップモーションのコツをお伝えします。
さて、ストップモーションのコツは2点。
1  息をゆっくり細く長く吸い続けること。
息を止めてはいけません。ゆっくり細く長く吸い続けることで、その場の求心力が消えずにすむのです。
2  手の指先にエネルギーを集めること
ストップモーションの手が死んでしまうのはダメ。ストップモーションだけではなく、表現する際の指先のエネルギーは最高に大事です。爪の先に、言いたいこと、気持ち、あなたの感情があると思ってください。そして爪の先で表現するくらいのつもりで。
【今日のライブインタラクション】
友達と、ストップモーションを遊んでみよう

舞台での演技 顔を見せる

舞台初心者のかた、スピーチやプレゼン初心者のかたにお届けします。
顔を見せてください!!
まず、女性は両脇の髪の毛、前髪をとにかく上げること。
照明の陰になって顔が暗くなってしまいます。前髪や横髪のために、瞳が見えないと表情が伝わりません。だから観客は見る気を失ってしまうのです。
前髪と横髪がすっきりしていると、たとえ横を向いていても表現がよく伝わります。
照明にも映えて、日本人の黒髪・茶髪でも、顔が暗くならず、しっかり存在感をもつようになります。
前髪と両脇の髪を下げておくスタイルが求められる演出の場合は、顔が前と上を向かなくてはなりません。が、そのために演技から真実味が消える危険性があります。できるだけ顔の輪郭がはっきりと出るデザインが可能か、演出家や衣装デザイナーと相談してくださいね。
ところで!
なぜ日本人女性は、前髪を下ろすスタイルが好きなのでしょう? 電車の中で見かける中学生、高校生、大学生なんて、前髪が瞳の前まで垂れてきて、ほとんど目が外から見えない女性が多いのに気がつきます。
その人たちに、授業でもリハーサルでも、前髪をあげておでこをしっかりみせるように、と伝えると、一斉に「え〜〜〜〜!やだ、恥ずかしー」と大騒ぎになります。
前髪は、心を隠してくれます。安心しますよね。
でも、おでこは古来から、美と知性の象徴です。
(知性とは、学歴のことではありません。人間誰もが持っているものです)
おでこを出すと、その人の本当の輝くパワーが出てくるので、その人の力を見くびっていた人は驚いてしまうでしょう。たとえば、おでこを出している女性が苦手な男性がいます。それは、その女性の方が自分より強いと感じられてしまうから。
おでこを出すことに慣れると、気持ちは晴れるし、前向きになれます。
映画俳優やモデルたちはおでこを出しているスタイルがほとんどですよね。
(もちろん、例外あり。ショートカットのときは前髪ありも多いです)
舞台に立つ機会の多い人は、ぜひ、普段の生活から、おでこを出してみてください。
人生が明るくなること請け合いです。
今日はスピーチがある、人前で発表がある、という場合も、勇気をだしておでこを出す髪型にしてみましょう。
男性も同様です。
【今日のライブインタラクション】
今日はおでこを出してくらしてみよう

舞台での演技 足の置き方

 舞台の上での足の使い方を連続してお届けしています。
立っている時の足の置き方を工夫して、そこで体重移動を使うと、足音の邪魔なく、沢山の表現が可能だと、前回、お伝えしました。
今日は、脚の形について、です。
まず女性!
ロングスカートで見えないからといって気を抜いて欲しくないのが、つま先の置き方です。
日本の女子学生は、バレエを習っている人以外はほぼ全員つま先を内側に向けてしまっています。
つま先が内向きだと
非常に子供っぽく見えます。
体重が安定しませんので、何かあるとコケます。
背中を安定させることができないので、歌にも声にもストレスがかかります。
膝を硬直させないとしっかり立てないので、歌や声に必要な安定したリラクゼーションができません。
膝が硬直するので、動きが硬くなり、自然な反応も抑えられてしまい、演技が下手に見えます。
良いことがひとつもありませんね。
つま先の内向きは絶対にやめてください。
続いて、男性です。
男性はズボンなので脚の形が見えます。
でも、日本人の多くはO脚。。。
まだ若い人は、バレエダンサーの立ち方を勉強してください。
ゆっくりですが膝がスッと伸びていき、背も高く見えるようになるでしょう。
もう無理、と思う人は、脚を前後にクロスさせ、膝と膝の隙間が見えない立ち方を工夫してみましょう。
もちろん、常にその立ち方では幅広い演技や、堂々たる動きは制限されてしまうので、常に、というわけではないのですが、上品な上流階級の役の時は気をつけるとずいぶん違います。
そうね、やはりバレエの立ち方は男女ともに、年齢を問わずにやった方が良いです。
立ち方、歩き方、歩数など、舞台に生きる脚関連の表現を伝えてきました。
質問があればお気軽にこのメールに返信してきださいな。
【今日のライブインタラクション】
バレエの基礎訓練に行ってみよう!
あ、バレエの先生には、舞台での足の形を綺麗にしたいんです、と目的をお伝えすると良いと思います。

舞台の演技 ステップの数

前回、足をドタバタさせるな、という話をしましたね。
舞台では全身が見えてしまうのに、胸から上だけで演じたつもりになってしまう人が多いのです。
どんな風に足を使うのか、いつも考えておきましょう。
さて、オペラやミュージカルなど音楽が背景に流れている作品で、足音が音楽の邪魔をしたら大変です!
もちろん、台詞劇でも。
舞台では、足音がしないほうが良い。
そのため、私は靴底にもめちゃくちゃ気を遣います。
床の素材に合わせて靴の裏にフェルトを貼ったり、ゴムを貼ったり。
余談ですが、床に足を投げ出して座る場面や、喧嘩で倒れる場面、なにかを拾うのに跪くことも考え、靴の裏にも登場人物の歴史を刻みます。
日本のサイズ表示やブランド名は消し、すり減らしたり、泥に見えるよう塗ったり。
足音はさせない、というのはリアルではありません。
でも、靴の裏にまで気を使うのはリアルです。
つまり、舞台上で必要なのは、リアルさというわけではなく、お客様に、その場面で余計なことを考えさせない「見せ方」なのです。
余計なこととは
「下手だなぁ」
「靴底に日本のサイズ書いてある、ワロタ」
「あのピストルは時代が違う」
「なんか一本調子だなあ」
「足音うるさっ」
というようなことです。
そんなことを考えさせずにドラマに引き込むこと。
これが私たち舞台人の大命題!
さて、話がだいぶ逸れたので、足音をさせない方法については、また次回。
【今日のライブインタラクション】
引き込まれるドラマの要素を考えてみましょう

舞台での演技 脚の使い方

私が演技を教えている東京藝術大学の声楽科では、グループで演技の発表をします。昨年度は特に優秀で、みんな本当にセンスの良い場面を作り上げてきました。
一方で、わずか15回の授業では取り上げられなかった点がいくつもあります。
そこで、このブログで、それらのポイントを数回にわたってお届けします。
まず、足の処理、ですね。
舞台では、ナチュラルで自然に見えるのが一番ですよね。
ところが、多くの場合、登場人物がナチュラルで自然にリアルにそこにいるというより、緊張している演者の必死さが自然にリアルに出ているだけ、となってしまいます。
そこで気をつけたいのが、足。
足をジタバタさせるのをやめましょう。
ことに、ドラマが盛り上がる箇所や、焦っている登場人物を演じるために、ドタドタと足で焦りを表現しがちです。
やめましょう。
登場人物の焦りはおそらくもっと静かで凝縮されたものです。
大人の登場人物でしたらなおさらです。
日本はみんな大人になっても子供っぽくわちゃわちゃするので、それが自然なのかもしれませんが、オペラや翻訳劇では、大人の登場人物はそうはしません。
でも、足をドタバタさせないって、どうすればいいの?
【今日のライブインタラクション】
普段、どんな風に足を使っているか、意識してみましょう

助け合える仲間を

ライブインタラクションコーチで社長のかたと、その方に紹介していただいた起業家のかたと、三人でオイスターをいただきながら、これからの生き方について語り合いました。

女性が輝いて生きること、

それが可能な社会。

男性だって、本当に自分の人生をきちんと選ぶこと、

それができる状況。

お互いに相手を思いやって夢の実現を助け合うことが大切です。

【今日のライブインタラクション】

誰を助けられるか考えてみよう

ライブインタラクション新コーチ誕生のお知らせ

三月も後半戦に入りました。
ここでみなさんにも関係ある、嬉しいお知らせをさせてください。
輝くあなたを作るライブインタラクションを教えるコーチが新しく誕生しました!
私が一般のかたの表現力のために教えているライブインタラクション®︎は元は俳優訓練法です。
これは人前で表現する仕事全てに通用するものです。
営業、セールスの人、チームビルディング、リーダーシップなど
会社という組織での活動や、家庭という非常に密な人間関係で
もう変えられないかも、という状況においても
そして
英語や日本語など語学学習においても
たいへん役に立つという声をかけてたくさん頂いています。
全国のみなさんにお届けしたい
柔らかくて気持ちの良いコミュニケーション術が
ライブインタラクションです。
でも、三輪えり花ひとりでは全国のみなさんにアプローチできません。
そこで、私の分身を密かに作っています。
分身たちは、それそれの得意分野を持っています。
英語を教えるエキスパート
歌を教えるエキスパート
セールスを教えるエキスパート
演技を教えるエキスパート
さんたちが誕生しています。
少数精鋭で丁寧に育ててきたコーチが去る一月にまた誕生しました。
パブリックに活動するコーチはライブインタラクションのウェブページでご紹介しています。
ぜひ、一度チェックしてみてくださいね。
【今日のライブインタラクション】
気になることは調べてみよう