良いことをして後悔したことはない

“I never did repent for doing good,”
「良いことをして後悔したことは一度もありません」

『ヴェニスの商人』で、夫のバッサニオをヴェニスへ送り出したポーシャは言います。英語の言い回しとしても覚えやすいせりふですが、ポーシャがこれを言うのはなぜだと思いますか?

もしかしたら、事実上結ばれる前に夫を莫大なお金と共にヴェニスへ送り出してしまったことに不安を感じているのかもしれません。それだけのお金があれば、バッサニオは一生、ヴェニスで遊んで暮らせそうです。男友達のアントニオのほうを大事に思ってここには戻ってこないかもしれないからです。

このように、言っていることとは少し逆の意味や気分を感じているときは私たちにもよくあることです。
「大丈夫」と言う場合などはとくにそうですね。大丈夫じゃないことがよくわかっていて、言う場合が多いと思いません?

【今日のライブインタラクション】
相手のことばの裏にある気持ちに気づこうとしてみよう

シャイロック・ロック

『ヴェニスの商人』の悪役シャイロックは歌うように喋ります。

契約不履行の罪で逮捕されたヴェニスの商人アントニオを前にして言う科白群を見てください。

Gaoler, look to him: tell not me of mercy;
This is the fool that lent out money gratis:
Gaoler, look to him.

I’ll have my bond; I will not hear thee speak:
I’ll have my bond; and therefore speak no more.

I’ll not be made a soft and dull-eyed fool,
To shake the head, relent, and sigh, and yield
To Christian intercessors. Follow not;
I’ll have no speaking: I will have my bond.

ロックやポップス、ヒップホップが好きな人なら、すぐにメロディを思いつけるような、リズミカルで口の端に登りやすいことばです。

あいつを見張れ、情けは無用だ
金を貸したのが運の尽き、
あいつを見張れ、見張っとけ。

・・・どなたか、続きを歌詞のように訳してみませんか?
歌詞だから、直訳無用です。

【今日のライブインタラクション】
歌の歌詞を書いてみよう。
言語感覚が優れてくるよ。

池辺晋一郎先生の教え

このたび文化功労者となられた池辺晋一郎先生からご指名を受け、石川県立音楽堂にて、「シェイクスピアと音楽」というトークショー(教養講座の位置付け)に行ってまいりました。

池辺先生とは、兵庫県立ピッコロ劇団にて、『ハムレット』をモチーフにした『くたばれハムレット』と『十二夜』でご一緒しています。
それ以来、たいそう可愛がってくださり、数年前には柏崎でもシェイクスピアの音楽に関して、エリザベス朝時代の古楽器演奏で、音楽と名セリフのショーをおこないました。

今回は、女声三重唱が入り、池辺先生の作曲されたものやシェイクスピア時代のものなどを演奏しがてら、シェイクスピアとはどういう人で何がどうすごいのか、というお話で盛り上がりました。
なかでも、次の言葉に、なるほど、とうなづきました。

「物語作品の作曲の場合は、その作品がその演出家の元で最も生きるように書きます。そのときに、自分はこういう論理で書いているとか、自分がこういう思い出作っているなどの自己主張をする人は、舞台作品の作曲には向きません」

たしかに池辺先生の曲は、ご自身の交響曲等はとても複雑だったりするのですが、物語作品への曲の場合は、馴染みやすく、気持ちを乗せやすく、さらーっと流れていくのです。誰も、「曲が良かったね」とか「曲が素晴らしい」などの感想を言わないのです。(にも関わらず、心に響く曲であり、口ずさみたくなる歌であるのが、池辺先生のモーツァルト的天才たる所以です)

お写真つきの詳細なブログを掲載しましたので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

http://elicamiwa.com/blog/2018/11/11/ikebe-and-shakespeare/

【今日のライブインタラクション】
なんのためになにをしているのか、問い直してみよう。つまり、自分のエゴを満足させるために仕事をしていませんか?

I pray thee hear me speak. 頼む、俺の話を聞いてくれ

『ヴェニスの商人』でシャイロックが、ヴェニスの商人アントニオの身体の肉1ポンド(約500グラム)を切り取るという契約は、契約書に不備が見つからないため、どうしても法律上回避することができません。もしもアントニオが助かる可能性があるのなら、それはシャイロックが意志を撤回することだけです。

I pray thee hear me speak.

頼む、俺の話を聞いてくれ。

アントニオは繰り返し頼みます。が、シャイロックは聞く耳を持ちません。

Tell not me of mercy.

情けの話はやめろ。

と、鮸膠も無い(にべもない)。

両方の言い回しとも現代の英語口語と少し異なります。
「お頼み申す、聞いてたも」
「情けの話は聞く耳持たねえ」
(笑)のような江戸時代以前の言葉遣いですね。

現代語なら
Please listen to me.
Don’t talk to me of mercy.
となります。
 
古い言い回しは、外国人が古文の言い回しを使うようなもので、けっこう愛らしい。簡単ですので、ぜひ使ってみてください。
 
【今日のライブインタラクション】
古風だけど簡単な言い回しは案外コミュニケーションを柔らかくする

What, No More? え、それだけ?

今週末の金沢での、
池辺晋一郎先生との
シェイクスピア対談を控え、

ご紹介するシェイクスピア
関連のスライド作りも、
昨日やってしまいました。

楽しみです。

というわけで、久しぶりに
『ヴェニスの商人』の、

日常でも使える名科白を
ご紹介しましょう。

  What, no more?

「え、それだけ?」

愛しのバッサニオの
親友アントニオが
借金のかたに
殺されそうだ

というので、ポーシャは
どれほどの借金だったのか
を尋ねます。

するとバッサニオは
「三千ダカット」
と答えます。

日本円にして3億円くらい。

それを聞いたポーシャの
答が、それ。

ポーシャがどれほど
お金持ちか、わかります。

この言い回し、いろいろなところで使えますよ。

お給料が安い時も。

やろうと思っていた作業が
すぐに終わった時も。

相手から褒め言葉が
すくなかった時も(これは冗談でね)。

相手からいろいろ言われた後でも。

さて、この後、ポーシャは、

「三千ダカットの三倍、
さらにその三倍、
用意して差し上げます」

と断言し、

お金を持たせて
バッサニオをヴェニスへ
送り返します。

彼をヴェニスへ送り返す際、実は結構キリスト教徒としてはいろいろある。

それについては、知っておくととっても役に立つので、次回。

【今日のライブインタラクション】
「What, no more?」あなたはいつどんな場面で使いますか?

早くも次の舞台へ

『私は太田、広島の川』が終演したのがわずか1日前のことだなんて!

早くも次の舞台に向けての準備が始まります。

とはいえ、それは今週末、金沢で。
大好きな池辺晋一郎先生(作曲家)とのシェイクスピア対談です。

http://elicamiwa.com/blog/2018/11/02/ikebe-shakespeare-kanazawa/

ワクワクして準備を進めています。

皆さんはワクワクすることを持っていますか?

【今日のライブインタラクション】
1日ひとつ、無理にでもワクワクする。

台本読解と演技の大切さ『私は太田、広島の川』千穐楽!

おかげさまで『私は太田、広島の川』千穐楽を迎えることができました。

問題意識の高い多くのお客様にお越しいただき、たくさんの感動と共感を共有することができ、太田川を演じた意味を感じます。

私は演劇学校に行ったこともなく、従って、私の演技術はRADAの通訳を務めながら培ったものです。

基本は演出家ですから、日本という「多芸は無芸」「八方美人」「二兎を追う者は一兎をも得ず」の文化の中では私は演じてはいけない、と自らに言い聞かせてきました。

一方で、『シェイクスピア遊び語り』というスタイルを確立し、原文朗読と解説ができて、低予算内でやるには自分でやるのが一番よかろうと、そこではのびのびと、女性ではまず不可能なシェイクスピアの主役たちの名台詞を表現してきました。

同時に、国際演劇協会や演出者協会に身を置き、世界の演出家のワークショップが次々に紹介されるものの、来日時だけで終わってしまうことに危機感を感じ、様々な演技術に触れられるポータルサイトを作りたいと、国際ライブインタラクション研究所を立ち上げました。(ライブインタラクションとは、その場において生身で対応する・交流する、という意味で、まさに演技術そのものの真髄を指します)

国際ライブインタラクション研究所を立ち上げたからには、自分でももっと多くの演技術を体感・体験せねば、と劇団昴時代から憧れていた岡田正子先生のベラ・レーヌ・システムのワークショップに参加し始めたのが、2年ほど前のことです。

それを経て、今年の4月に、岡田先生から、今回のお話をいただきました。

初演は大成功、広島へ再演も行き、文化庁芸術祭に参加する公演として再再演の今回です。

初演時の女優さんの代わりが務まるだろうかという恐怖や心配を、日本人ならするべきなのでしょうが、私は、ただただ岡田先生の演出を受けることができるのが嬉しくて、一も二もなく、お引き受けしました。

これが、私の、第三者に演出をしていただき、照明も音響も音楽も舞台監督も制作もいる本格的な舞台に、演者として出演する、初舞台となります。

もう、とってもとってもとっても楽しかった!

8月6日の太田川のことを知ろう、広島のことを体感しよう、太田川の源流から河口への旅をしよう、と平和記念式典の広島へ出かけ、数々のすばらしい栄養をいただき。。。

八月から九月にかけては、岡田先生と一対一の演技レッスンがあり・・・

このとき、私は自分が演出家として、シェイクスピア実践者として、通訳者として、台本読解ができるようになっていて良かった、と思いました。

ひとつひとつの言葉や文章は現代詩のようで、要するに現代音楽や抽象絵画のように、名詞がただ並んでいるだけのような言葉に見えますが、

私はそこに、何か必ず思考回路の繋がりがあり、象徴的な意味をお客様に発見していただく縁があると信じて台本を読みます。

この台本の読み方は、RADAでチェーホフの『桜の園』を勉強しているときに教わりました。

今回はそれが非常に役に立ちました。

岡田先生も「あなたとの稽古で、いろいろ発見があったわ」とおっしゃいましたが、丁寧に一つずつゆっくり進めると、そして、演者が自分で自分を演出して意味を見出すように演じていくと、演出家にはひらめきがどんどん生まれるものなのです。

RADAで教わってきた、呼吸、発声、滑舌、読解、身体表現(骨や関節の使い方)と、

ベラ・レーヌの、感受性を駆使し、その瞬間を引き伸ばせるほどに体感することと、

その両方があって初めて太田川の私の演技が生まれたと思っています。

テクニカルなスキルと感性・感受性、創造力と想像力。

それらを総動員して、そのうえで、お客様とライブインタラクションすることを目指しました。

お客様の感想はこちら

きっといつかお仕事ご一緒できそうな、ミスターO.
今年はいっぱいご一緒したメゾソプラノ渡邊智美ちゃんとその先輩さん。

 

たくさんのご来場、ありがとうございました!

私に直接ではなくお申し込みしてくださった方々、直接お礼申し上げられずすみません。本当にありがとうございます!

太田川源流をめぐる旅路 全6話はこちらから

『私は太田、広島の川』
いよいよ今週木曜日から始まります。

川の精霊を演じるために、太田川の源流を、まさに8月5日〜6日に旅してきました。

その旅日記、綺麗なお写真付きです。

2日目です、第6話(最終回)をアップしました。
↓ こちらのリンクから

http://elicamiwa.com/blog/2018/11/01/moi-ota-8/

1日目の第5話
↓こちらのリンクから。
http://elicamiwa.com/blog/2018/10/31/moi-ota-7/

1日目の第4話
↓こちらのリンクから。
http://elicamiwa.com/blog/2018/10/30/moi-ota-6/

1日目の第3話
↓こちらのリンクから。
http://elicamiwa.com/blog/2018/10/29/moi-ota-5/

1日目の第2話は
↓ こちらのリンクから。
http://elicamiwa.com/blog/2018/10/28/moi-ota-4/

まずは第1日目第1話は
↓ こちらのリンクから
http://elicamiwa.com/blog/2018/10/27/moi-ota-3/

シェイクスピアは観て楽しめる(お客様の感想)

先日の音楽劇『ヴェニスの商人』、

お客様からの感想をいただきました。

私は直接存じ上げないのですが

「見てきたよ」とお友達にお伝えになったメールを

そのお友達が私に送ってくださった、

その抜粋です

さて、いよいよヴェニスの商人の始まりです。

アントニオとロレンゾの会話から始まりました。

ロレンゾは『シンデレラ』

(今年3月まで2年間に亘り山梨県で

上演したミュージカル)の

大臣役の土橋さん、

シャイロックの娘ジェシカと

駆け落ちします。

二人共歌がとても上手でした。

バッサニオとアントニオの友情は

大人版の走れメロスのようだ

と一緒に行ったシェイクスピアファンの

ヤマちゃんの解説。

ルーサーさんのはまり役のシャイロック、

渋くて、悪くて陰険で!

対するアントニオとの間に

火花が散ってました。

ポーシャ役の三輪さんの美しいこと!

真紅のドレスにパールのネックレス。

なんちゃら王子かんちゃら伯爵の

箱選びに右往左往する姿が

私のイメージしていたポーシャと違い

人間らしかった。

バッサニオが見事、箱選びに

成功した直後

アントニオの危機が知らされます!

悪い悪いシャイロックは執拗なまでに

アントニオの身体から

1ポンドの肉を欲しがります。

娘にさえ裏切られた

孤独なシャイロックは

その悲しみ、怒りを全て

アントニオにぶつけているようでした…。

よく見てくださっていますね!

さすがです。

次は、もう一人の方の感想です。

今日は〇〇さんと私は

なおみん(上記ミュージカル

『シンデレラ』で、

ネズミのポコリット役を演じたかた)

の分身になった思いで観てきました。

なおみんの思いも会場に

一緒に連れて行きました。

裁判官ポーシャの登場です。

髪を束ねてつけ髭をつけ、

宮殿の高ーいカーテンのような

上着をまとっての登場でした。

二コニコしているネリッサとは

反対にポーシャはどぎまぎ

している様子でした。

金はいらぬ!

1ポンドの肉をよこせ!

と迫るシャイロック。

法律通り!

と発言するポーシャ、

しかし夫の友人を救うため

徐々に勇気を出し考えながら

裁判を進めていきます。

そして血を流さずに

1ポンドきっかりの肉を

取り出す事をシャイロックに

明示します。

三輪さんのポーシャは

実に人間らしいのです。

この時のポーシャは男性以上に

堂々としていたのです。

つまり最初から

血を流さず

1ポンドきっかりの肉を

取り出す

という作戦はなかった

と私は思うのです。

裁判のやり取りの中で思いついた

ような演出でした。

人は愛する守るべき存在があると

こんなにも知恵が勇気が湧くのだ

と実感しました。

裁判の最後にシャイロックの

全ての財産の半分が国の物となり、

残りの半分はアントニオの物となります。

シャイロックは全ての財産を失い

打ちのめされます。

その時

シャイロックを憎んでいたはずの

殺されかけていたアントニオが

財産をシャイロックの娘、婿に与える

と発言します。

彼はシャイロックを許すのです。

ここにアントニオの強い慈悲を

感じました。

人間の心の偉大さは無限なのだ

とシェイクスピアからの

メッセージを受け取ったような

思いがしました。

いつ「血を流しちゃダメよー」作戦を思いつくのか

は、常に問題となります。

私は演出家として、

観客もびっくりするほうが面白いだろうと、

ポーシャが絶体絶命になるところ

まで追い込むほうがお芝居は面白くなると考えます。

そこをよく見てくださり

嬉しい限りです。

ちなみに、それらは、演技のみで表現します。

ゆったりと偉そうにもったいぶって

「この証文は血を流すことには触れていない、切り取る肉はきっかり1ポンド」

と言うと、いじめを引き延ばす、

意地悪な猫のような

ポーシャになってしまいます。

一方、同じ言葉を、

証文を見ながら大発見したように

言うと、

上記のような、

今ここで思いついた苦肉の策!

感が出るのです。

さて、次の感想を見てみましょう。

はーい「ヴェニスの商人」笑いあり感動あり、

三輪さんの脚本に

シェークスピアの見方に

新発見がありました。

私達が読みあったなかで(このグループの方は

『ヴェニスの商人』の朗読勉強会をしていらっしゃるようです)

見えていたポーシャが

迷いながらも

愛する人を守りきった

人間味あるかっこ良さ

ポーシャの鋭い切り返しに

シャイロックもタジタジでした。

帰りには自分のカバンにつまづき

ヨロヨロしながら去って行く

シャイロックの後ろ姿に思わず、

がんばって!

と妙な掛け声を発するところでした(笑)

さすが、ルーサーさん上手い(!!)

ポーシャの宮殿に帰ったバッサニオが

ポーシャの送った指輪を着けていない事で

ポーシャが怒るシーンは可愛らしかった。

劇中歌の

歌を唄わない人は…の歌詞が

(よく思い出せないのですが)

心がないから…みたいな感じだった

と思うんですが。

三輪さんの強いメッセージを

感じました。

アントニオがシャイロックを許した

とかきましたが

残りの財産を

娘、婿に与えるのは

シャイロックの死後

と言う事でした。

どうなんだろ?

シェイクスピアに聞いてみたいです。

もう一つ、

シェイクスピアは難しい

という私達に

三輪さんは

わかりやすくしてくださいました。

三輪さん自身も

難解で古臭い

と誤解されていた

シェイクスピアは

実は現代人の生きる哲学、

毎日使えるコミュニケーションの

指針である

と気づいたとおっしゃっています。

これは凄い事です!

てーへんだ!てーへんだ!です(!!)

難しい事を難しく説明する事より、

難しい事をわかりやすく簡単に

噛み砕いて説明する事の方が

はるかに難しいからです。

三輪さんはきっと

シェイクスピアを私達、

大衆の手に取り戻そう

としてくれているのだ

と思うのです。

その意味でもなおみんが中心になって

私達が学んでいる事って

凄い事なのかも(!!)

ありがとうございます。

難しいシェイクスピアは

本当はとっても親しみやすい。

それを芝居として観ながら

わかってくださった

そう伺って、とてもとてもうれしいです。

さて、アントニオが

シャイロックの財産を

シャイロックの死後、

娘夫婦に渡すというくだり。

シャイロックの財産の半分の

国庫没収は無しになりましたから、

シャイロックは、また仕事を始める元手は

あります。

残りの半分をアントニオが

「もらう」わけですが

彼はそれをシャイロックの死後に

娘夫婦に渡す、と言う。

これは一種の信託財産分与です。

娘のジェシカは駆け落ちしたので、

法律上、シャイロックの遺産を

受け取ることができません。

アントニオはそれを思いやって

自分が財産を管理してあげれば

シャイロックが死んで残した

莫大になるだろう資産が

引き取り手のないまま

国庫に吸い上げられることが

ないようにしたのです。

ここは説明がないと

ちょっとわかりにくかった

かもしれませんね。

それにしても、

嬉しいありがたい感想の数々。

とても励みになります。

ありがとうございました!

演出・翻訳・ポーシャをやって本当にわたしにも学びになりました。

次は来週の太田川の精霊です。

感動と希望をぜひ受け取ってください。

似た者同士が集まるなら、あなたはどこへ行きますか?

お芝居の登場人物には、

人の悪口ばかり言う人や、
いつも不満を並べる人、
いつも人の粗ばかり探す人、

表では良い顔をして
仲間内で陰口に花を咲かせる人
などが登場します。

現実世界と同じ。

お芝居の中では、
当然そのような人たちは
不幸な結末を迎えるもの

ですが、実際、社会学的には、
現実の私たちもそうなるようなのです。

悪口を言う人・不平不満を
並べる人の周りには、

それに同調する人たちが
集まってきます。

つまり、負のエネルギーを
持つ人ばかりが集まるんですね。

すると、そこには
負の人たちがさらに集まります。

負のエネルギーの磁場には、
良いことや良い人や
ポジティブで明るい人たち、
良い仕事、希望や応援は、

集まりません。

逃げていきます。

すると、

悪口を言っている間は
同調者と一緒に楽しくして
いるのかもしれませんが、

どんどん悪いエネルギーを
発していく体質になってしまいます。

もしもあなたが、
悪口大会が好きでないなら、

幸いなるかな、です。

もしもあなたが、
悪口大会が好きなら、

この文章を読んでいるのは、
幸いなるかな、です。

悪口・陰口・不平不満を
陰で漏らす人には
近づかないようにしましょう。

これは、
蟻地獄に敢えて近づかない
のと同じです。

『ヴェニスの商人』は
喜劇とされていますが、

悪人とされている
シャイロックよりも

嘘つきで金が大事で
裏表のあるバッサニオが
案外ダークで、

ポーシャの将来が危ぶまれます・・・

【今日のライブインタラクション】
負のエネルギーから離れ、明るい希望と笑顔で物事を捉える人のそばに行きましょう。