歌は楽しいですね!

少し前のことですが、仲良くしている友人のライブコンサートに行きました。

山梨県甲府市のコラニー文化ホールが主催して作ったオリジナルミュージカル『シンデレラ 〜 ねずみたちのプリンセス』で知り合った仲間たちもたくさん集まりました。

暖かい楽しい歌のコンサートでした。
みんなの笑顔が何よりの証、です。

Beautiful Tokyo Summer Evening

Some tourists may afear to choose Japan as a travel destination.

But we have beautiful moments as well.

Enjoy Tokyo late summer evening.

This is Kagurazaka, river cafe, Tokyo.

内田稔・新村礼子のお別れ会

私が日本で初めて演劇界に入ったのは、劇団昴からでした。

イギリスから、ポッと日本の芝居のことを何もわからない若い、ロックな、派手な女がやってきた、というので、かなりかなりかなり異色だったろう、私です。

それを、内田さんは、本当に優しく励まし、常に温かい目で見守ってくださいました。

演劇への情熱と愛と向上心と努力。
それを内田さんから受け継いで、これからも精進していきます。

内田さんが亡くなられて、先に亡くなっていた奥様の新村礼子(これまたすんごい女優!。日本のジュディ・デンチだった)さんのことも合わせて、お別れ会が開かれたのが、6月のこと。

 
おわかれかいだったこともあり、あまりはしゃぐ場ではなく、一緒にお写真を取れなかった方もたくさんいますが、こうやって眺めると、わたしは本当に多くの劇団昴メンバーに助けられてここまで来たのだなあ、と感無量です。

お写真掲載。

『花嫁付添人の秘密』ナオミ、『夏の夜の夢』ヘレナの湯屋敦子(真ん中)、『何がすごいの?シェイクスピア』パックの落合るみ。二人とも私のラッキーアイテムです。
劇団昴のディートリッヒ小沢寿美江は『ドリー・ウェストのキッチン』リマ。私の憧れの女性、理想とする女優です。吉澤恒多は私のシェイクスピア遊び語りシリーズにも。最近、売れてきて嬉しい。
斉藤譲は私が初めて昴で通訳・演出助手でついたシェイクスピア『お気に召すまま』でエイミアンズとしてギター抱えて歌った素敵な役者。ミュージカルももってこい。『何がすごいの?シェイクスピア』では女装してヘレナ。これがぴったりで。もう・・・ 横の男性は、私が昴に入る前にいらしたかたのようです。

ハーフムーンシアターでの『ニープタイド』でご一緒した原知佐子。東京芸大で恐れ多くも同僚となった実相寺昭雄さんに「うちのちーをよろしく」と言われてびっくりした。実相寺さんの奥様で大女優です。かっこいい。
同じく『ニープタイド』でご一緒した、中村まり子ちゃま。この二人は強く愛らしく演劇バカであることを教わっております。

向かって右が坂本岳大。演劇学校時代に、各組で何か物語を作品にするプロジェクトをやったら、『セロ弾きのゴーシュ』の、なんとセロをやって、ものすごく面白くて良いセンスしてると思った。シェイクスピア遊び語りにも出てもらっています。 中の女性は、いま、サザエさんのふねの声をやっている寺内よりえ。『アルジャーノンに花束を』でご一緒していますが、本当に勉強熱心で優しくて、素敵な人です。 私お隣のおじちゃんは、チェーホフ『結婚の申し込み』と『何がすごいの?シェイクスピア』に出ていただいた岡田吉弘。味があって、本当に面白い。いや面白い。お嬢さんは舞台美術家で、私の作品もいくつも手がけてくれました。
ダンディ田中正彦。三輪えり花のデビュー作『フィリプの理由』、『ドリー・ウェストのキッチン』、『アルジャーノンに花束を』そして紀伊國屋演劇賞(主演女優賞)受賞作品『マレーネ』まで私の作品には欠かせない盟友・名優です。

シェイクスピアはバカが好き

世田谷パブリックシアターに、シェイクスピア作の喜劇『お気に召すまま』を観て来ました。

私の上演するシェイクスピア遊び語りでも必ず冒頭で使うフレーズ
All the world’s a stage
「この世はみんな、一つの舞台」
という名文句が含まれている作品です。

演出・翻訳の河合祥一郎もやはりこの文句がお気に入り。
舞台の冒頭で、Lutherヒロシ市村に歌わせながら登場させ、
それを使ってほかの役者たちを登場させるという粋なプロローグをつけて開幕します。

プログラムにもありましたが、この作品にはたくさんの「おバカさん」が登場するのです。
そして、河合さんは、
「バカを楽しめ」
という意味のことをプログラムに書いてらっしゃいます。

そう、シェイクスピアはバカが好き。

Lutherヒロシ市村は、シェイクスピア遊び語りシリーズに出演するようになってからシェイクスピアの演技を身につけて来たオペラ歌手。
三輪えり花以外の演出家に正式に依頼されてのシェイクスピア作品ということで、満を持しての出演です。
さっそく知らない方々のブログやツィートで好評を得たようで、遊び語り主宰としても、ホッとしています。

世田谷パブリックシアターは完売だそうで、来週からのさいたま芸術劇場へ、ぜひ行って観てくださいね。
お申し込みは、三輪えり花まで、このメールに返信してくだされば、ルーサーさんと河合さんにお伝えします。

さて、今日の『ヴェニスの商人』は、モロッコ王子に続いて箱選びに登場したアラゴンの王子のセリフです。

金の箱の文言、憶えていますか?

「多くの男が欲するものを得るだろう」です。

アラゴンは、金の箱をみて、こう言いました。

“That many may be meant
By the fool multitude”

「ここで言う「多くの男」とは、大バカどもの集合体のことだな」

アラゴン、よくわかってますね!

【今日のライブインタラクション】
自分のバカな点をちょっとリストアップしてみよう。

Shakespeare Loves a Fool

If you are in Tokyo area, As You Like It is on at the Setagaya Public Theatre.
“All the world’s a stage, and all men and women merely players.”
The phrase is sung at the opening, by an opera singer-Shakespeare actor called Luther Hiroshi Ichimura.
The play is full of fools.
And Shakespeare loves them.
It is a fun show.
If you want to see it, Setagaya  is sold out, but Saitama Art Theatre opening next week, you still have a chance.
Email me.
Now, regarding a fool, Prince of Aragon comes to woo Portia.
What does he say seeing the gold casket?
“That many may be meant
By the fool multitude”
Well done, Arragon, you know better than Morocco.
++ Live Interaction of the Day ++
List up some fools in you.

So Who’s Shakespeare? (a song by ELICA)

It’s Elica, singing her original song On Shakespeare.
Elica in black jacket as Othello, and red as Iago.
Masculine make up makes her look a bit weird.
。。。(^◇^;)。。。
Enjoy!

備えあれば憂いなし、英語で言うと?

この秋は、関係する舞台が4本もあります。

こんな感じです。

9月 オペラ『魔笛』ダイジェスト。

併せて、オペラの魅力を伝えるミニコンサートつき。

私は、ミニコンサート部分でのナビゲーターと、

『魔笛』の演出。そのうえ、3人の童子の一人で歌います。

10月 音楽劇『ヴェニスの商人』。

私は演出、脚本、歌詞、そして、大活躍するポーシャという女性を演じます。

11月 ストレートプレイ『私は太田、広島の川』。

フランスの劇作家ジャン・ポール・アレーグルの作品で、岡田正子訳・演出。

私はタイトルロールを演じます。

11月 某先生とシェイクスピアの音楽解説の予定

私は解説と朗読をやります。

どれも稽古が始まっており、私は脚本や演出も受け持つものが多いので、毎日毎晩、作品漬けです。

『ヴェニスの商人』でシャイロックが言うように

”Fast bind, fast find.”

「備えあれば憂いなし」

【今日のライブインタラクション】

備えていますか?

尊敬する岡田正子先生。演出を受けたかった大先生なので、今回の太田川は、本当に光栄です!

Fast Bind

I have 4 stage performances this autumn.

September

Opera Magic Flute digest.

Alongwith this, a small concert show introducing the world of opera.

I am the navigator for the concert show,

Direct Magic Flute,

AND sing as one of the three kids in the Magic Flute.

October

The Merchant of Venice as a music drama.

I am the director, rewriter, and Portia.

November

A straight play called, Moi Ota la riviere d’Hiroshima.

Written by a French playwright Jean Paul Alegre.

I will perform the title role.

November

A music show on Shakespeare, with a lovely famous music composer Mr Shinichiro Ikebe.

I will probably read and talk about Shakespeare with him.

And the rehearsals have started.

My whole summer to autumn is emerged in theatre.

What a happy life!

As Shylock says in the Merchant of Venice,

“Fast bind, fast find.”

++ Live Interaction

2018年8月18日 1:47:00 の変更内容が競合しています:

この秋は、関係する舞台が4本もあります。

こんな感じです。

9月 オペラ『魔笛』ダイジェスト。

併せて、オペラの魅力を伝えるミニコンサートつき。

私は、ミニコンサート部分でのナビゲーターと、

『魔笛』の演出。そのうえ、3人の童子の一人で歌います。

10月 音楽劇『ヴェニスの商人』。

私は演出、脚本、歌詞、そして、大活躍するポーシャという女性を演じます。

11月 ストレートプレイ『私は太田、広島の川』。

フランスの劇作家ジャン・ポール・アレーグルの作品で、岡田正子訳・演出。

私はタイトルロールを演じます。

11月 池辺晋一郎先生とシェイクスピアの音楽解説。

私は解説と朗読をやります。

どれも稽古が始まっており、私は脚本や演出も受け持つものが多いので、毎日毎晩、作品漬けです。

『ヴェニスの商人』でシャイロックが言うように

”Fast bind, fast find.”

「備えあれば憂いなし」

【今日のライブインタラクション】

備えていますか?

I have 4 stage performances this autumn.

September

Opera Magic Flute digest.

Alongwith this, a small concert show introducing the world of opera.

I am the navigator for the concert show,

Direct Magic Flute,

AND sing as one of the three kids in the Magic Flute.

October

The Merchant of Venice as a music drama.

I am the director, rewriter, and Portia.

November

A straight play called, Moi Ota la riviere d’Hiroshima.

Written by a French playwright Jean Paul Alegre.

I will perform the title role.

November

A music show on Shakespeare, with a lovely famous music composer Mr Shinichiro Ikebe.

I will probably read and talk about Shakespeare with him.

And the rehearsals have started.

My whole summer to autumn is emerged in theatre.

What a happy life!

As Shylock says in the Merchant of Venice,

“Fast bind, fast find.”

++ Live Interaction of the Day ++

Prepare things in advance.

Mdm Okada. I am most honored to be with her,

Do I Know Myself?

6th and 9th of August is coming near, and our memory of Atomic Bombs experiences.

Yesterday, I went to see a reading show of letters from young children and their mothers who suffered heavily from the Atomic Bombs.

People of Hiroshima and Nagasaki lost their identity then, in a flash.

Do you know me?

I think it is the most fundamental question as a human being.

In Merchant of Venice, Lancelot Gobbet a comic character met his lost father who is now blind after a long separation. Lancelot asks.

”Do you know me, father?”

Father answers.

”Alack, sir, I am sand-blind, I know you not.”

What a sad answer. It appears in the middle of a comic act. It is very hard to direct the scene.

++ Live Interaction of the Day ++

Ask yourself whether you know you.

人間として根本的な質問

広島の日が近づいて来ました。

昨日は世田谷パブリックシアターにて『この子たちの夏』という朗読劇を観劇。

広島と長崎で被爆した子供達と母親の手記を朗読するものです。

大勢の人が、自分が誰なのか、相手が誰なのか、わからなくなりました。

外見だけではなく、人間としてのアイデンティティが失われてしまったのです。

「私がわかりますか?」

これは人間の根本の問いかけでしょう。

『ヴェニスの商人』2幕2場で、しばらく父親から離れていた息子が、瞽いた父親に再会して震えながら尋ねる言葉があります。

”Do you know me, father?”

「俺がわかるかい、父ちゃん?」

父親は答えます。

”Alack, sir, I am sand-blind, I know you not.”

「情けないことに旦那、わたしゃまるっきりの瞽になってしもうて、お前さんがわからない」

なんと悲しい答えでしょう。

コミックな場面に突然挟まれるこの感動的な対話は、演出もとても難しいものです。

Know は、学校で習う意味は「知る」ですが、実際は「わかる」「わかっている」で使う方が多いことに、イギリスで暮らしていて実感しました。

【今日のライブインタラクション】

あなたにはあなたがわかるか、心の中で訊いてみよう

追申

今回、同じイベントで、ロンドンから女性プロデューサーが来日して、地域の人々で記憶の継承をしていく芝居作りについて語ってくれました。

詳細はこちら

http://elicamiwa.com/blog/2018/08/04/drama-making-j/