正直と女性の関係

正直とは、嘘をつかない、という意味ですね?

それだけではなく、まっすぐで裏がない人物、という印象もあります。

英語の honest も同じ。

シェイクスピアは、正直 honest な人をとても貴重だと捉えていたらしく、ことに女性においては、honest はあり得ない、と思っていたフシがあります。

『ヴェニスの商人』にも、悪い噂を持ってきた男サレリオゥが、その噂の真偽を強調するために、こう言います。

“If my gossip Report be an honest woman of her word”

「この噂、正直な女の言葉と同じくらい信用できる」

すると相手ソラニオゥがこう答えます。

「そりゃ、その女が、三番目の夫の葬式に涙を流しましたと言うのを、お隣さんに信じさせるくらい無理がある」

三番目の夫、これは、夫を取り替え続ける女の証で、遺産太りしているイメージ。
その人が、夫の死に泣くでしょうか?
たくさん遺産が転がり込んで嬉しくてたまらないでしょうに。

お隣さんは、彼女の一部始終を目撃していますから、彼女がいくら、夫のお葬式には泣けて仕方がなかったと言ったとしても、信じないでしょう。

という想像を、私たちは、ソラリオゥのセリフから汲み取らなくてはなりません。

・・・いえ、俳優の役目として、ソラリオゥは、そのせりふの意味を一言一句、伝える義務があります。

80年代の小劇場以来、言葉を雪崩の音の洪水にしてしまう演劇が主流となり、観客に「聞かせ」ることを放棄している舞台と俳優が多すぎます。(苦言を呈する三輪えり花)

そのせいで、観客は「聞くことで想像を膨らませる」ことができなくなっていると感じられます。

このままでは、悪循環。
ただでさえ人口減で日本語は消滅する運命にある言語、とか言われているのに。

言葉を操る俳優諸君、言葉を聞かせていく訓練をしてくださいね。

正直 honest から話題が逸れてしまいました。

【今日のライブインタラクション】
あなたならどう言う? 上記の科白。

“正直と女性の関係” への1件の返信

  1. “If my gossip Report be an honest woman of her word” はこんな風な訳になるのですね。難しいです。英語を勉強した身でお恥ずかしい。
    「聞かせることの大切さ」についても気づかされました。ありがとうございます。観客に対して言葉&言葉以外の表現で語ることの難しさを改めて感じています。バランスが難しいです。
    いつも多くのことをshareしてくださりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA