心の中の言葉

メールレッスンへの感想や『ヴェニスの商人』に関するお便り、ありがとうございます。

ひとりひとりになかなかお返事できませんが、ちゃんと拝見しております。

とても励みになります。

^_^

長期にわたるプロジェクトの打ち合わせをひとつ済ませてから、昨日もベラ・レーヌWSへ出かけていきました。

とはいえ、打ち合わせが長引いて、ラスト10分に飛び込んだだけなのですが。

三日間にわたる、ベラ・レーヌ初級WS最終日は、ある職業を持って、ひとり、打ち捨てられた山小屋へ入る即興のエクササイズです。

選んだ職業がきちんと表現できるかどうか、心の中の言葉がきちんと流れるかどうか、を練習します。

『ヴェニスの商人』敵役のシャイロックは、借金の申込みをされた際、次のように言います。

“Antonio is a good man.”

「アントニオは良い人だ」

アントニオにいつも足蹴にされていたシャイロックが、アントニオのことを良い人だ、と言うのです!

いったい、どんな言葉が本当は心の中にあったのでしょう?

【今日のライブインタラクション】

嫌いな人のことを思い描きながら「あれは良い人だ」と言ってみましょう。

嫌味になっても良いですし、カモにするにはちょうど良い、と思っても良いのです。

また、「良い人だ」と口にすることで、嫌いだという思いが強くなっても良いし、逆に、「そう悪い人ではないかも」とポジティブに考えられるようになるかもしれません。

やってみて、どうだったか、感想をお待ちしています。

“心の中の言葉” への1件の返信

  1. 実践してみると、今までちょっと嫌だなぁというネガティブなイメージを持っていた人の「良い面」を探している自分がいました。言葉って本当に不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA