狂乱の演じかた

皆さん、連休は楽しみましたか?

私は、6月のシェイクスピア
遊び語りの
ためのリハーサル三昧で、
幸せな時間を過ごしていました。

今日は、プロの演技表現者へのレッスンです。

日常では関係のないかたはスルーしてくださいね。

 

芸術というものは、
日常の中の非日常を
第三者の立場から見つめ直すこと
ではないかと私は思います。

 

まるで顕微鏡で小さな虫を
観察するかのように、

 

日常の些細な気持ちの引っ掛かりを、
よりドラマチックなセッティングで

 

見つめることなんですね。

 

だから、
日常では経験したくないことが
ドラマの題材になりがちなのです。

シェイクスピア、オペラ、ミュージカル・・・

殺したり殺されたり。
とくに重要なのが、愛する者を奪われる時です。
そこでは人間は正気を保っていられなくなります。

 

でも俳優は、
俳優として正気を保ちつつ、
狂乱する登場人物を演じなくてはなりません。

 

いろいろな狂気の演じ方がありますが、
シェイクスピアは言葉によって
狂気を観客に呈示してくれます。

俳優は、

その言葉を観客に伝えるだけ
で良いのです。

 

・・・とは言え、
「どうやって伝えるのか」
が大問題なのですが。。。

 

まずは、普段、自分の感情が
ネガティブに動いてしまう時、
どんな態度や思考回路を持つか、

 

あるいは他者がそうなっているとき、
どんな態度や思考回路を使っているか、

 

観察してみましょう。

【今日のライブインタラクション】

感情が動く時、何をやりがちですか?

 

追伸:

 感情を良さぶられる体験と、
そしてシェイクスピアをもっと
知りたいかたのために、
参考になる舞台がありますので、
ご紹介します。
6月7日から10日、
シェイクスピア四大悲劇のひとつ
『オセロー』。
とにかくすごいことになりそうです。
オセローのウェブサイトは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA