一年で一番長い夜が来る

こんにちは、三輪えり花です。
2017年12月22日。
冬至ですね。
一年で一番長い夜。
2017年を穏やかに振り返り、
あなたならではの2018年を生み出しましょう。
2018年にしたいことはなんですか?
夢や目標は一人では叶えることはできません。
応援してくれる仲間、友達、家族、上司。
導いてくれる同僚、同志、先生、コーチ、上司。
お客様やクライアント、受講生も
関わってきますね。
そう、夢や目標には、
人との繋がりが欠かせないのです。
人との繋がりが、
キラキラと輝く黄金の円環になって行くと、
夢や目標、したいことは
どんどんかなって行くものです。
まさに、ゴールデンサイクル!
私は、季節の変わり目ごとに
ゴールデンサイクルカードを作ります。

ゴールデンサイクルカードとは

夢を叶えていく人の周りには、
その人を応援してくれる
大勢の人がいます。
その人たちはバラバラにいるのではなく、
繋がって存在しているのが特徴。
私もこれまでにたくさんの
夢を叶えてきましたが、
私の周りには大勢の
応援してくださる方々が
いらっしゃいます。
私には、それが、
キラキラと輝く黄金の
円環のようだなあ、
と思えるのです。
それで、ある時から、
叶えたい夢や目標が出てきたときに、
そこに関係する人々の顔を
思い浮かべながら、
それらをカードに書き出してみたのです。
そうしたら、とってもスムーズに
叶うようになりました。
これは、作っても頭の中が整理されるし、
作っているだけでもワクワクするし、
あ、こんなこと考えてたんだ、と
自分の心の中がわかったりもする。
こりゃ楽しいぞ、と紹介したところ、
お友達の多くから、
願いが叶いました!報告を
たくさんいただくように
なったのです。
我ながら、びっくり。
作ってみた方の感想を、
許可をいただいていますので、
少し整理してご紹介しますね。
これは、ワークショップで
一緒に作った方の感想です。
三輪様
先日のゴールデンサイクルのワークショップではありがとうございました。
初めて先生にお会いしましたが、前から存じ上げてたような感覚で場にすぐ溶けこめ ワークも エンジョイする事ができました。
ワークの中の「呼吸」と「褒めあう」という事は 前にもやった事がありましたが、積極的に行う事によって効果が得られたと思います。
100個の願いは 時間が限られている事が逆に想像力を掻き立てました。
7つのカードでは、他者との協力が得られないと実現しないような実現したい夢 を意識して選びましたが、1番中央にきたのは 内面的な事でした。
自分の求めている事が整理された感じがします。
私が1番求めている事は 目に見える結果ではなく、周りのすべての人やものと共鳴する事、それにはまず、自分と向き合うのが 私の求めている幸福感に近づくのだという事がはっきりしました。
それを 皆と共有でき、肯定してもらったのが、又嬉しかったです。
人は肯定される環境の中でしか成長しない。という事を実感しました。
ワーク後の神社へのお参りも素敵でした。神社に入ってからの空気がより澄んでいるのを感じました。
先生にお会いした次の日、
長年悩んでいた事が解決したり、自分の売っている商品が沢山売れたり、
いい事づくしでした。
何かが開いた、もしくは繋がった感じがします。
先生との出会いに感謝です。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
〇〇〇〇

ゴールデンサイクルカードの作り方

ゴールデンサイクルカードを作るたび、
私は自分という人間を見つめなおします。
どんなふうにゴールデンサイクルカードを
作っていくのか、動画にしましたので
ぜひ、この冬至の夜に、
一緒に作ってみてくださいね。
https://youtu.be/-ejvfkGzCkM
続きはそのまま、
三輪えり花のYouTube チャンネルで
順番にご覧いただけます。
* このゴールデンサイクルカードの作り方動画は、2017年9月の秋分の日のために、その直前の新月に撮影したものです。
私は演劇人として生きているので、
いろいろなことを、
俳優訓練を使いながら
問題解決をしていきます。
この動画でも、夢を叶える
ゴールデンサイクルを作るために、
人と上手につながる
俳優訓練を活用しています。
ぜひご覧ください。

 


~伝えたいことが伝わる喜び~
世界トップレベルの俳優訓練法を学んで人生を変えてみませんか。

無料メール会員になると三輪えり花から、どんな時でも自信を持って最高のパフォーマンスを叩き出すためのメールがレッスン形式で届きます。

【ライブインタラクション】リンク

http://elicamiwa.com/subscription/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。