Live Interaction Workshop for the elderly.

img_3560

img_3561

Been to a rural mountain fruits country in northern Japan, for holding a live-interaction workshop for the elderly.

山形の年配の女性のためにライブインタラクションのワークショップを行なってきました。

What we did?

They loved the walking training.

Live Interaction is an idea and training technique combining mind and body through actor training.

ライブインタラクションは、俳優訓練の基本中の基本。

しっかりした揺るぎない自己と、
相手への思いやりベースでの
伝わる表現術です。

Live Interaction walking style gives you nice and balanced body with clear mind.

With this, an 87 years old lady who was using a stick to walk became able to walk without the stick.

With this, 70 or above years old ladies who couldn’t stand on one leg became able to stand on any leg with perfect balance, which gave them proper balanced mind and body for beautiful walking and standing posture.

Then we enjoyed some pieces from Mother Goose using body and voice fully.

They regained a fresh energy and imagination like three years old girls.

Many loving laughters.

How wonderful!

Laugh, love, live!

Fresh fruit! Of Yamagata 山形の新鮮果実

img_3663

Look at this biiig grapes!
Shine-muscat.
Fresh from the firm.

img_3664

These grape-species are originated in Yamagata.
In Tokyo, I never see them.

img_3657

Fresh veges directly from the firms nearby.

img_3656

Have

img_3655

Do you know how to cook this huge White eggplant?

img_3660

And apples!

I love fruits.

Oz in Applied Drama オズの魔法使い

Hello, friends, this is Elica MIWA.

I am going to hold an applied drama study event in November!

こんにちは、三輪えり花です。
国際演劇協会英連邦部会では、シアター専門の翻訳通訳を育てています。
その最初の卒業生の作品を、来たる11月に研究会イベントにすることにしました。
配役も決定して、とても楽しみです。

The British English research section of ITI Japan centre has been training translators.

And we are to use the first graduate’s work as a study base for applied drama in Japan.

img_3671

写真は、翻訳家デビューとなる石井あつこさんと。

Shodo, Japanese Calligraphy

img_3675

Elica has begun learning Shodo, the Way of Writing.

ずっと習いたかった書道始めました。

I have always wanted to learn this.

Shodo is like any Budo, as of Judo, Kendo, Kada, Sado and Kodo.

“Do”, pronounced as “daughter’s daugh”, means the path, the road, the way toward the ultimate skill of mind and body, expressed in a certain things like Marshall arts, flower arrangement, tea ceremony, writing calligraphy and so on.

I love using brushes for drawing and writing.

Learning Shodo properly has been one of my spiritual mission.

Laugh, Love, Live!

本物の照明家 佐藤壽晃

まだデビュー前に通訳・演出助手をしたモーツァルト劇場『孤児・ファン・トゥッテ』か、もしかしたら次の年のオペレッタ協会の『小鳥売り』でお目にかかり、以来、仲良くしていただき、照明についてたくさんのことを教えてくださった、舞台照明家 佐藤壽晃先生がお亡くなりになりました。脾臓癌でした。
 
私の作品では劇団昴の『ドリー・ウェストのキッチン』と宝塚クリエイティブ・アーツで大浦みずきさん主演の『ジュリアス・シーザー』で美しい照明を作っていただきました。
 
『ドリー・ウェストのキッチン』では、三百人劇場のなだらかな客席の上部から床面を見下ろしても美しく映えるものを。
特に海の浜辺で、登場するカップルたちそれぞれの静かに燃え上がる葛藤を、青い波で表現してくださったこと、
葬式の棺が行列を作って動いていくのを、何もない舞台の上で(私の舞台装置は、「何もない」が多い)、ただ照明だけで心象を表現してくださったこと、
素晴らしかったです。
 
『ジュリアス・シーザー』は、シアター・カイを全方向から見る、土俵式の舞台にしたので、全方向の客席は下から上を見上げる視線になります。
全方向から、俳優のムーブメントと顔を照らし、かつ、シーザー暗殺前夜の暗殺者たちの心の葛藤のムーブメント、暗殺時の街の混乱、ダンスムーブメントになった戦の場面、ブルータスの前に現れるシーザーの亡霊、さらには、全方向から登場・退場する俳優たちの行列、など、本当に素晴らしい絵を作ってくださいました。
 
脳梗塞や骨折など、大きな怪我や病を次々に乗り越えて来られた、心身共に頑強なかたでしたので、安心しきっておりました・・・
 
ご冥福をこころよりお祈り申し上げます。

Make It Happen 夢を叶えろ

こんにちは、三輪えり花です(^O^)
この記事はおまじない感覚で夢を叶えたい人にお届けします。

簡単に言うと、私が夢を叶えてきた方法です。

願いをカードに書き出すだけの簡単なもの。

これが、夢を応援してくれる人を惹きつけてくれるんですよ。

身の回りに輝く上昇気流の渦、まるでゴールデンサイクル!を作ってくれるので、私はこれに、ゴールデンサイクルカードと名付けました。

ゴールデンサイクルカードの作り方を以前、公開していたのですが、この春、うっかりウェブサイトを丸ごと消去((((;゚Д゚)))))))という失態を犯し、そのページも消えてしまいました。

この度、ゴールデンサイクルカードの作り方はどこですか?というお問い合わせを頂いたので、改めて掲載したいと思います。

ゴールデンサイクルカードは、新月や秋分の日などの節目に行うと良いので、今月の秋分の日を目指して公開する予定です。

そして、
こんな声もいただいてます。

ゴールデンサイクルカード、とても効果があったので、ぜひ再掲してください!

掲載にこぎつけるよう、がんばるよー

お楽しみに!

Laugh, Love, Live!
ELICA MIWA

img_3095

New Translator Will Be Born!

新しい翻訳家の誕生!

皆さんこんにちは、伝わる演技術ライブインタラクションの三輪えり花です。

8月もそろそろ終わり、なのにまだまだ暑い東京です。

今日は英語が苦手なかたへのエールを込めて、未来の翻訳家をご紹介します。

石井あつこさん。

img_3518-1

真ん中の女性です。

私は公益社団法人国際演劇協会日本センターの理事をしておりますが、その中で英国系の芸術に注目する「英連邦部会」を主催しています。

英連邦って、旧植民地も含め、南アフリカやシンガポール、ニュージーランドと、とても範囲が広いのです。
新しく作品を次々にご紹介したいのに、やはりネックは言語。

そこで、英連邦部会ではこの1月から五ヶ月間で戯曲をひとつ翻訳できるようになる講座を開催して来ました。

シアター翻訳・通訳になろう!無料オンライン講座で、何を学べば良いのかがわかります。

詳しくはこちら

 

遠くにお住いのかたでも、お時間が限られているかたでも、好きな時間にすきな場所で学べるよう、オンライン講座にしました。

今回の受講生は、まさに一期生!

毎月、ネットで視聴できる動画による解説と、ダウンロードできるマテリアルで、熱心に学んで来た方々です。

石井あつこさんは、一番早くに、すべての宿題と修了課題を提出なさいました。

主婦です。
お忙しいです。
戯曲翻訳は初めてです。

でもとてもがんばっていらっしゃいました。

主催側の英連邦部会としては、彼女を翻訳家としてデビューさせるべく、企画を始めたところです。

翻訳は、とくに戯曲翻訳は、登場人物の気持ちを考えながら自分の言葉を紡いでいくので、とても楽しい。

Good morning!
を、
「おはようございます」と訳しても良いし
「おっす」と訳しても良いのです。

新しく翻訳家デビューすることになるあつこさんも、とても楽しそう。

デビュー前に、この英連邦部会で彼女の作品を俳優達で声に出して読んだのですが、
「書いた言葉がプロの声で音声になるなんて!」と
興奮気味でした。

あなたも翻訳、ちょっとやってみたいな、と思ったことはありませんか?

戯曲翻訳を学ぶと、口語を軽やかに使って、憧れの歌手の訳詞なんかもご自分なりにできるようになって、人生が広がること、請け合います。

興味のある方は、お時間あるときにこちらをご覧ください。
どんな未来が開けるか、三輪えり花がお話します。

憧れのシアター翻訳・通訳になろう!

詳しくはこちら

 

Tall Tree, Deep Root

みなさんこんにちは、三輪えり花です。

先日、こんな大木を発見しました。

なんだかおわかりですか?

桜です!

一本の木のはずですが、

根っこが左右にクロスして伸びていて、

なんというか、

ものすごい生命力を感じます。

絵描きさんなら描きたい

気持ちになるのではないでしょうか。

上に伸びる力、外に張る力。

これは俳優にも大事です。

日本人は我慢を得意とする

民族だと思いますが、

そのせいで俳優たちは

ついエネルギーを内に

しまいこんでしまいがち。

怒りも悲しみも喜びも、

肩を竦めて下を向いて

胃を引っ込めてしまう演者が

多いと思いませんか?

本人は、じゅうぶんに感情を

感じているはずなのですが、

それが私たち観客に

伝わってこないのが問題です。

心当たりのある俳優さんたちは、

ぜひこの桜の大木を眺めて、

上に伸び、外に張り、

というエネルギーを

ぜひ感じてみてください。

私が訓練を受けてきた

英国王立演劇アカデミー

RADAでは

身体表現の授業で、こうした

自然界のエネルギーが感じられる

写真をたくさん眺め、

自分のボディでそれを

表現しようとする時間が

たくさんあります。

ここで、上へ、外へ、という

エネルギーワークを行うと、

気づくことがあります。

それは、この大木と同じ。

上に高く伸びている分だけ

根っこは深く下へ伸びている。

外へ枝を張る分だけ

根っこも四方へ伸びている。

つまり、

目に見えるところだけ

伸びているわけではない

ということです。

俳優も、自分の身体のおへそのあたりが

この桜の地面だと思ってみてください。

上半身は上へ外へ。

下半身は下へ外へ。

大地を下へグッと踏みしめると

さらに体が上に伸びる気がします。

上に伸びる分だけ根は深く、

外へ広がる分だけ根も広がる。

ぜひこれをこれからの演技に

活用してみてくださいね!

【今日のライブインタラクション】

上に行きたい時は、下を踏みしめてみよう。

今日も良い1日を!

Laugh, Love, Live!

ELICA MIWA

Cool Grasshopper ショウリョウバッタ君

Hello, guys and dolls, this is ELICA MIWA, the Live Interaction founder.
Tokyo summer is hot!
Yet, you may meet this kind of cool guy.

みなさんこんにちは、伝えたいことが伝わる演技術ライブインタラクションの三輪えり花です。

東京の夏は雨ばかりですが、暑いことに変わりはない!

だけど涼しげな顔をしているお友達もいます。

A grasshopper!
The scientific name is Mr “oriental blongheaded locust”.

ショウリョウバッタ君。

ELICA is a nature lover, and big fan of insects.
I am so glad to meet him, which means we still have nice and healthy nature-surrounding in Tokyo metropolitan area.

私、実は、自然界のもの大好きで、
当然、虫も大好きで。
小学生の頃から、愛読書は昆虫の図鑑。

先日、とっても久しぶりにこのかたのお姿拝見。

Nature is important for our lives.
Everybody feels great surrounded by nature.
Even a small plant in the house will soothe your mind.

Let’s be friends with nature.

That exactly be equal to be friends with yourself.

自然が残っているっていいなあ。

もっと自然を残したい。

自然を大事にしましょう。
それは自分を大事にすることだから。

Sometimes people misunderstand “love yourself” and “being selfish”.

で、

大事にする、

自分勝手

を混同してしまっているのが
残念ながら、今の風潮。

Selfishness is very lonely thing.
The reason why selfish people are aggressive is they are want of love.

If you want love, selfishness is the farthest route.

自分勝手って、実はとても寂しいもの。

多くの自分勝手さんが、攻撃的なのも、受け取る愛が足りないからではないかと思います。

受け取る愛を増やすには、自分勝手ではダメ。

To love yourself is as if to nurture and love like the best ideal parents.

 

自分を大事にする、というのは、まるで最高の親のように自分を育てることだと思うのです。

つまり、厳しく律することも必要、自然の中でのびのびさせてあげるのも必要、美味しい食事をあげるのも必要、勉強する機会を与えるのも必要・・・

ですよね?

++++++++++

Today’s Live Interaction
~  Raise yourself as if you are the best ideal parent for you.

【今日のライブインタラクション】

あなたがあなたを育てるつもりで、自分に接してみよう

 

Laugh & Love!  Live Interaction.
三輪えり花

Secret History of Shakespeare シェイクスピアは世界史の真っ只中にいた!

シェイクスピア遊び語り第13弾『空騒ぎ』の、6月に公演が終わりましたが、そのリハーサルの際に出演者とスタッフに送ったメールを特別にシェアしちゃいます。

Hi, guys and dolls, this is ELICA MIWA.
I want to share you my discovery on Shakespeare’s Much Ado About Nothing.

空騒ぎの皆さん、

ただいまスライド作成中。

The setting of Much Ado is Messina, Italy.
And one of the main characters is from Aragon (basically Spain).
I was wondering why Spanish general and other Italian army gathered there, as “coming back from war”.

改めて、戯曲の舞台となっているメッシーナについて調べていたところ、スペインとメッシーナの密接な関係を発見。

And I found a real history on the matter!
History is wonderful.
I love history.

歴史おもしろすぎて、遊び語り歴史編を作りたくてたまらない、歴史大好き三輪えり花です。とりあえずここでシェア。

Have you heard of Battle of Lepanto, the battle between Ottoman Empire (basically Turkey) and Christian world?
It happened on 7th October, 1571.

大学受験で世界史専攻した人なら聞いたことがある、オスマントルコ帝国との戦、レパントの海戦。

これが1571年10月7日です。

The Pope called for Christian nations to form the Holy League against Ottoman Empire, and finally Spain joined.

対オスマントルコ戦をローマ教皇が呼びかけて、スペインも重い腰を上げて賛同し、カトリック諸国連合軍「神聖同盟」ができました。

And, where Holy League first gathered was Messina!
The gathering was in September 1571.

この神聖同盟が連合艦隊を集結させた最初の集合場所が、なんとメッシーナだったのです!!!

この神聖同盟大集結が1571年9月のこと。

Spanish leader was the younger brother of Philip II, named Don Juan!

Yes, Much Ado’s Spanish leader’s name is Don Pedro (quite close to Philip do you think? well…), and his younger brother’s name is Don John (now, that’s similar).

スペインの指揮は、フェリペ2世の弟、ドン・ファン(!)

(お芝居『空騒ぎ』は、スペインの王子ドン・ペドロが、他のイタリア貴族達とメッシーナに到着するところから始まる)

For Ottoman side was not eager to fight, besides Al Pasha the leader died at the beginning, the battle lasted only 90 minutes.
The Holy League won and lost little lives, as is said in Much Ado.

LEONATO:  How many gentlemen have you lost in this acton?
MESSENGER:  But few of any sort, and none of name.”

オスマン側はそもそも士気が低く、司令官のアル・パシャが早々と死亡したこともあり、戦闘はわずか1時間半だったそうで、カトリック同盟側の損害は軽微だったとか。

(シェイクスピアの『空騒ぎ』の台詞の中に、「我が連合軍はほとんど打撃を受けず」という報告がなされる箇所があります)

After this very battle, the power of Christian nations got very strong in the Mediterranean, which means it was victorious and changed the tide of the history.

この時以来、地中海のキリスト教勢力が一気に高まったという、ヨーロッパ人にとっては、ものすごい勝利だったようです。

 

In this battle, Miguel de Cervantes, the writer of Man of La Mancha also joined.

ちなみに『ドン・キホーテ』の作者ミゲル・デ・セルバンテスも参戦してたよー。

 

Shakesperare was born in 1564, which makes him hear the news of victory of Lepanto when he was seven years old.
That made him write Much Ado.

シェイクスピアの生年は1564年。

7歳の時に聞いたこのニュースが彼に『空騒ぎ』を書かせたんですね。

History is so interesting, when you see the dots and connections.

うーむ、面白い!

またおもしろ情報、発見したら、シェアしまーす。

Laugh, Love, Live!
That’s Live Interaction.
三輪えり花