カテゴリー
MLJ

Ex-Exodus 14 Cairo Museum

アラブ国際演劇祭の査察で訪れたカイロ最終日は、飛行機の時刻まで、カイロ博物館へ。
お写真を辿りながら、自分用のメモとして憶えておきたいことや気づいたことを書きます。

エジプトでは2011年、革命が起きました。
独裁的指導者を退陣させる運動がアラブ諸国で連鎖的に起きた、アラブの春と呼ばれる一連の波のひとつで、エジプトではムバラク大統領を退陣に追い込んだのです。

死者も政府声明では約850人。実際はもっと多いかもしれません。その運動の象徴が、国民が集結した、博物館前にあるタハリール広場です。

通訳のハイサムさんが

私も大学生で、デモに参加しました。

と、静かで穏やかでフレンドリーないつもの調子で話し始めました。

政府は、「暴徒が博物館を襲撃し世界的文化的財産の焼き討ちを計っている故、博物館周囲にいた国民を掃討し、博物館を守った」と発表しています。
マスコミは、焼け爛れた文化財の石の彫刻の様子や、私たち国民が政府軍や警官隊に襲い掛かっている写真や動画を放映し続けました。
けれど実際は、私たちは、博物館と文化財を暴動から守るために、博物館の内外を固めていたのです。
そこへ政府軍と警官隊がやってきて、博物館周囲に展示してある石の文化財を焼き始めました(火炎放射器?)。
私たちはそれを止めさせようとしたのです。
けれどマスコミが流したのは、全く逆に見える映像でした。

ほんの数年前に現場にいた人のことばです。
編集できる映像や文章には、視聴者読者のものの見方を左右する偏向バイアスがかかるものとして、肝に銘じなければなりませんね。

幸い文化財の殆どは無事でした。
ハイサムさんは誇らしげに、私たちが守りました、と言います。
その言葉の背後に、どれ程の勇気と怒りとかなしみと恐怖の体験があったことでしょう。

その文化財を観ていきます。

1 目が光る像たち

2 働く奴隷たち

3 ミイラの棺桶特集

4 ミイラを守るものたち

5 装飾品

6 博物館と仲間たち

この入エジプト記もあと一回で終わりです。
次回は、みんな知りたい、お食事とかお土産とか。

お楽しみに!

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE MLJ PRO-Artist Travel Work

Trafalgar Square

ロンドンのど真ん中、フランスにガンを飛ばすトラファルガー将軍のいるTrafalgar Square から、トラベル・シェイクスピアをお送りします。

引用するせりふはMacbethからのおどろおどろしいやつですぞ

カテゴリー
Blog in JAPANESE HEART LIFE MLJ

Is it a run-away? Or a challenge?

夢というものは、常に、現実からの脱却です。

現実を手放せない人は、夢をみること・夢に向かって進みたいという思いを「逃避」と呼ぶでしょう。

あなたに、今の状態から変わって欲しくない人たちも、あなたが夢に向かって進みたいと言えば、それを「逃避」と呼ぶでしょう。

けれど、現実を手放して、より良いところ・心の声に耳を傾けようとする人は、それを「挑戦」と呼ぶでしょう。

【今週のライブインタラクション】

あなたは逃避をしていますか、それとも挑戦していますか?

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE Travel

Ex-Exodus 13 Old Cairo

ピラミッドを後にして、夕陽の落ちるナイル河クルーズに行こうと帰り道をタクシーで急ぐ。が、陽は急激に落ち、もうクルーズに間に合わないことに。

それで代わりに Old Cairo カイロの旧市街へ向かう。

ナイルの向こうはあの世なり

ナイル河に沿って高速道路を南へ、かなりの距離をタクシーは走る。

そのうちに20世紀の建物が無くなり、白い石垣が長く続いているところを通る。

石垣の向こう側には石造りの小さな小屋が並ぶ。
不思議な感じのする、人の気配の無い小屋の連続。

なんだろうと思っていると、ハイサムさんが、

これはお墓です、と。

日本の墓石文化とも、アメリカの緑の芝生点在文化とも、イギリスの教会の裏苔むしたケルト十字架混在文化とも違う、アラブのお墓。

さらに進むと左手に巨大なモスクが見えてきた。
普通の観光ならここも必見のところなのでしょうけれど、われわれは今回はパス。

そして・・・

カイロ旧市街へやってきた!

おお、これこそ映画で観るカイロ。この町並!

カイロでも有名なイスラム・モスクへ、入ってもいいことになりました。
信者でない人は入館料を払います。
そして、靴を脱いで裸足になります。
このエリア内は、全ての場所を裸足で歩くのです。


女性と男性は、別々の場所でお祈りを捧げます。

みんな熱心に祈っている。
神にすがりたいことがたくさんあるのでしょう。
どこに国でもどんな文化でも、それは同じですね。

We do pray for mercy;
And that same prayer doth teach us all to render
The deeds of mercy.

「わたしたちは皆、情けを求めて祈る、
そしてその同じ祈りの中でわたしたちはお互いに
情深い行いを施し合うことを学ぶのです」

シェイクスピアの戯曲『ヴェニスの商人』から、キリスト教徒ながらポーシャがユダヤ人に向けて、しかしおそらく真意はその場に居合わせた、ユダヤ人を憎む全てのキリスト教徒に対して発した言葉を思い出しました。

お土産なら彫金のお盆がお勧め!

旧市街は、いまだにエジプト人たちが生活の中で大切にしているものがたくさん売られています。一見、おみやげに見えるのですが、お土産品として売っているのではなく、生活用品として売っているものたち。

わたしは彫金のお盆をいくつか購入しました。
だって、目の前で職人さんたちが素晴らしい技で彫っているんですよ。

3枚買うから安くして、

と値切ると、ハイサムさんが、

えり花すごいです、わたしは値切るのとか全然ダメです、

と。

・・・ハイサムさんてエジプト人と言いうより、かなり日本人です。

ここはめちゃくちゃ映画を撮りたくなる場所でした。

帰国してから調べてみると、Old Cairo はイエス・キリストが家族で迫害から逃げてきて滞在した場所でもあるんですね。ゆかりのキリスト教会もあると知り、それから今回は訪問できなかったカイロ最大のモスクもあり、で、ますます再訪を考えたい場所です。

その時は、ちゃんと撮影するつもりで訪れることにします。

次の記事は、カイロ博物館ですよ。お楽しみに! 

各地を紹介する記事も多い、三輪えり花の遊び心ブログ。
気にったらぜひ読者になってくださいね。

カテゴリー
Blog in JAPANESE FUN LIFE Live Interaction MLJ PRO-Artist

自分と演技を分割する character and self

演技をしている自分をバカバカしい、あるいは嘘くさいと感じてしまう人がいます。

これは、オペラ歌手やビジネス系の人に多く、自分は演技はしたくないのだけれども、表現を学ばなくてはいけない状況に置かれている場合に起こりえます。

自分がしていることがばかばかしく嘘臭く思えてしまうと、見ている人もそれをバカバカしくうそ臭いと感じてしまいます。

そこで必要なのが、このバカなことをしているのは自分ではない、との感覚を持つことです。

それをしているのは、あくまでもそのキャラクターなのだ、と考えてみてください。

ちなみに、自分を客観視できる能力があると、人生は限りなくストレスフリーになります。

【今週のライブインタラクション】

演じている自分は別の人だと考えてみよう

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE FUN LANGUAGE MLJ Travel

【TRS】Cambridge

久しぶりのtravelingシェイクスピア、
今回はケンブリッジからお届けします。

最初にキングスクロス駅からケンブリッジに到着する前の電車の中で、私が『十二夜』からオリビアのセリフを読んでいます。

ケンブリッジについてから、私の人生で最も重要な人物の1人であるNicholas Barterさんがケンブリッジを案内してくださり、また『夏の夜の夢』から最後の妖精パックのセリフを、見事なケンブリッジ英語で朗読してくださいます。

途中で、ケンブリッジの卒業生ならではの、秘密の学生時代の話など英語でニコラスさんがしゃべってくれています。
私が日本語でキャプションをつけましたのでそれも併せてお楽しみください。

カテゴリー
FUN MLJ Travel

スフィンクスの話

ピラミッドや駱駝で不思議な体験をしたあとは、スフィンクスに会いました。

エジプト文明って、左右対象なのが特徴なんですってね。
なのにスフィンクスは一体だけでしょう?
長い間、謎だったんです。
でも、最近の衛星写真の技術向上などで、実はこのスフィンクスもペアだった可能性がわかったんです。
あるピラミッドを挟んで、今いるスフィンクスのちょうど左右対象のところに、同じような大きさの整地された丘が見つかったとか。
誰がいつ壊しちゃったんでしょうね。

楽しいお写真付きの体験談はこちらのブログで。

今日も遊び心いっぱいで過ごしてくださいね。

カテゴリー
Blog in JAPANESE CULTURE FUN Travel

入エジプト記12 スフィンクスとキスをした話 Ex-Exodus12

スフィンクスとキスをしましたよ。

スフィンクスの背中にピラミッドが載ってます

駱駝を返却して、お金を払って。
そうそう、お金を払う時も、結局、相手は値段を言わないの。
それでハイサムさんが、
「二人でこれくらいでいいでしょう、警察官の分もあるから」と
ハイサムさんが相場と思っている金額を、駱駝使いのいる前で警察官に渡しました。
警察官がどれほどリベートを取るのかはわかりません。
が、なるほど、この方法なら、いわゆる「ぼられた」には決してならないわけですね。

本当は2体あったらしいんです、スフィンクス。エジプト文明は左右対象が特徴なので、一つだけ、というのはとても珍しいそうで、謎の一つだったの。でも最近の衛星写真の技術向上で、ちょうど左右対象の場所に、このスフィンクスと同じような大きさの整地された空間がみつかり、そこにあったんじゃないかって話です。

ラクダ溜まりからスフィンクスまではまたかなり歩いて戻らねばなりません。
が、ずっとホテルに缶詰だった私は砂漠を歩くのが堪らなく嬉しかったので、気になりません。

かっこいい!!

スフィンクスの像は、イギリス国王家は過去の宗主国として登ることができるのですが、われわれ庶民は、遠くのギャラリーエリアから眺めるだけです。
でも、ここからだと、こんな絵が撮れるんですね。
たのしい!

楽しいジャンプも撮れました。

こうして不思議な体験に満ち満ちた半日が終わります。
これからお昼ご飯を食べて、旧市街へ向かいます。
次回は旧市街のお話。

カテゴリー
Beauty Blog in JAPANESE CULTURE Family Fashion Friend FUN Health HEART LIFE LOOKS Love MLJ MONEY

New Moon

11月27日は新月です。

新月は願い事をするのに最適。

何か新しいことを始めたり、なかなか継続できないことを続けられるよう意思を新たにしたり、達成したい目標設定をしたり。

ところが、今回の新月は、波乱万丈の星の元にあるのです。

ということは、問題がどんどん出てくる危険性大。

一方で、これまでの日常を壊すようなサインですから、変化のチャンスかもしれないのです。

年末に向けて、これまでを振り返り、ここは変化させてみよう、と思えるところがあれば、ぜひ、それを願い事に入れましょう。

願い事は欲張りすぎず。

あと、呼水として、すぐに叶えられそうなものを入れるのもお勧めです。
それから、自分の願い事が周りにも幸せをもたらすよう、願うのも忘れずに。

【今日の遊び心】
新月の願い事、10個かいてみましょうか

illustrated by ELICA MIWA
カテゴリー
Blog in JAPANESE HEART LIFE MLJ Work

Striving for what?

自分の理想とする方向へ努力して、きっとうまくいく、と信じる力が、楽観です。

わたしは歌が大の苦手。
下手ね、と思われるのがいやで、先生に習うことさえ怖かった。

あるとき、誰かが、歌ってほしいと言ってくれた。ほんの20名も入ればいっぱいになるジャズ喫茶で。

自分一人では、お客様を楽しませることはできないと思い、
「私より上手い人」「私より綺麗な人」
三人に声をかけて、四人のチームでやりました。

「普通だったら、自分が下手なのを隠すために、自分より下手な人を頼むのにね」
とも
「普通だったら、自分が一番綺麗で目立つために、自分よりダサい人を頼むのにね」
とも言われました。

びっくりしました。

だって、わたしにとって、一番大事なのは、お客様に喜んでいただくことですから。

さらに大事なのは、わたしよりうまくて美しい人とやること。
で、自分も頑張らなくちゃという動機付にもなりますし。

いずれにせよ、がんばりました。

そして、本番当日、

「周りがちゃんとしているから大丈夫。
わたしはがんばって練習してきたことだけに集中すればいい」

そう言い聞かせて臨みました。

わたしは、これが、わたしの楽観的と言われる所以かと思います。

楽観と努力は切り離せない。

でも、眉根をしかめる辛い努力じゃなくて、達成された時を想像して、喜びと共に諦めない努力です。

【今週のライブインタラクション】

その努力は何のためですか?

はじめてのうたかい
いよいよ次の日曜日!